• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ツラい生理を少しでも楽に過ごすための3つのポイント

Date:2013.09.08

毎月定期的に来る生理、女性にはこの時期ほど苦痛でイライラするものはありません。しかし女性だからこそ来るものと思って上手に付き合っていくしかありません。少しでも楽に生理時期を過ごすことができないものなのでしょうか。

どうしたら楽に生理と付き合っていけるのか、そこには3つのポイントがありました。

その1.生理周期をきちんと知れば前もって準備ができる

自分の基本的な生理周期を知ることで気分的にも変わります。「そろそろ生理かな?」と心構えができているだけでも気分的に違うし、ナプキンなどの準備もできて生理になってから慌てるということが少なくなります。

そのためにしておきたいのが基礎体温をつけること。毎朝体温を測って記録するのが面倒という場合は、最近では体温計自体が体温を記録してくれるものが増えているので、そういうものを使うととても楽です。

そしてこの基礎体温付けは生理周期と共に妊娠しやすい時期なども分かるので、是非つけておきたいものです。

もう1つおススメなのがスマホのアプリです。CMなどでも目にすることがありますが、こういうアプリは生理周期以外にも「痩せ時期」などを教えてくれるサービスもあるので、ダイエットをしている人にもおススメです。

その2.痛みは耐えるものではない。鎮痛剤、もしくは病院で相談を

生理がつらい時は我慢をするのではなく痛み止めを飲むというのも大切です。我慢をすると精神的にもツラくなり生理痛と重なってさらに負担になってしまうことがあります。

痛み止め以外にも下腹部を温めると少し傷みが和らいだりするので、夏の暑い時期でも生理時期はカイロを持ち歩いているという女性もいるそうです。痛みは耐えるのではなく、自分なりの緩和方法を見つけて、痛み止めなども有効的に使うことが大切です。

市販の痛み止めでは不安という場合は、産婦人科などに相談をすると痛み止めを処方してくるところもあります。あまりに生理痛が酷いという人は1度診察を受けて痛み止めを処方してもらうとかなり楽になるようです。

その3.香りでニオイも気分もリフレッシュ

生理の時、意外に気になるのがニオイです。経血のニオイがするのではないか、周りに気づかれてはいないかと精神的に不安になる女性も多いそうです。そういう時は専用のデオドラントスプレーや拭き取りシートを使うと生理の気になるニオイも抑えられます。

そして精神的にもアロマオイルなどを使うとかなり違ってきます。生理時期のイライラを解消するためにも、自分の好きな香りをハンカチなどの身の周りのものに染み込ませて持ち歩くだけでも、気分的にリフレッシュされます。

生理時のイライラは女性特有のものなので、こういう時こそ心をリフレッシュする必要があります。

上記以外にも、今では肌負担の少ないナプキンやリラックスできるようなハーブティーなど、生理時期を健やかに過ごせるようなアイテムなどが発売されています。

そういうものを上手に使ってリラックスしたり、反対に「生理時期は何も考えず自分の好きなことだけをする」といった精神的に負担をかけないような過ごし方をするのもいいかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事