• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

釣り合わない彼氏との恋愛は重荷になる?本当に自分に合った恋人の条件

Date:2013.04.18

一緒にいてもしっくりいかない彼。考え方が違う、育った環境が違う、将来の夢が違う・・・。その事実に目を背けて、それでも「好き」という感情に全てをゆだね、無理に一緒にいることを選んでいませんか?恋には適材適所があるのです。

好きだけど…

彼のことは大好き。一緒にいるとドキドキするし、恋をしてると実感する。だからこそ、現実から目をそらしてしまうのです。現実は一緒にいると違和感がある、ふとした時に「あれ?」と思うことがある彼なのです。

例えば食事の時のマナーが気になる、お金の使い方が実は納得できない、友人のタイプが自分の友人と全く違う、怒るとキレる、など理不尽であったりもします。

それでも、「好き」という抱きしめられた時の温かさで、大切なものから目をそらしてしまうのが女性です。

異文化の彼は重荷になる

彼といてあらゆるシーンで違和感があるなら、彼はすでに異文化の人かもしれません。つまりコミュニケーションが難しいのです。

それは今まで生きてきて培われた「文化」の違いなのです。国際結婚の難しさはよく取り沙汰されることですが、まさしくそう、いやそれ以上に思ってください。

お付き合いをはじめたころには、「異文化」の彼でも好き好きなので、気になりません。むしろ新鮮にすら思えます。しかし時が過ぎて2人で経験することが増えるにしたがって「?」となるのです。

しっかり者の友人Sの彼氏は、年下君。ちょっと世の中を甘く見ているところがあります。仕事も「上司の考え方が古い。みんなそう言ってるよ。もうその上司についていけない」と転職を2年おきに繰り返しています。

しかも常に「○○さんが悪い。俺だけじゃない、みんなそう言ってる」というのが転職理由。上司や同僚、会社の方針のせいにして。あげくには「みんながそう言っている」と自分を正当化して転職。真面目に12年間同じ会社で働いてきたSには理解ができません。

もちろん、最初は彼に同情しましたが、今は「異文化の人。やっぱり結婚はできない」と思い直しています。

異文化の彼は重荷にしかなりません。そして彼にとっても異文化の女性との恋愛は無理をしているはずです。

恋は適材適所がいい

恋愛を長続きさせて、将来へと結ばせたいなら適材適所な恋がいいのです。自分と同じような、あるいは理解の範疇の環境、価値観、お金の使い方、人への接し方を兼ね備えた恋こそ適材適所なのです。

まったくの異文化コミュニケーションを実現させるのは、必ず無理が生じますから、やはり文化的に近い彼と恋をすることが将来までを見据えるならおすすめです。

意外にもあなたの身近にそんな運命の人がいるかもしれません。上を狙い過ぎたり、変わり種を狙うのはやめて、身近な似た者同士の場所で恋を探してみませんか。

この記事をシェアする

関連記事