• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

触りたくなる「ツルスベ肌」になる女となれない女の肌ケア法の違い

Date:2012.07.07

触りたくなるような『「ツルツル肌」『スベスベ肌』に憧れている女性はとっても多いと思います。『ツルスベ肌』の第一歩は“正しく落とすケア”から!毎日のクレンジング、洗顔のことです。どこの化粧品会社でも『美肌の基本は洗顔』と言われていますよね。

しかし・・・誰もがわかっているのにできていないのが『正しい洗顔』なのです。朝1回、夜はW洗顔で2回、1日平均3回は行うと考えたとすると1年間でどうでしょう・・1095回/年になるんです!こんなにも行う洗顔を軽視したら痛い目に合うのは目に見えていますよね。

1回のちょっとした間違った洗顔でも、『ちりも積もれば山となる』です。『ツルスベ肌』を手に入れたいなら、絶対に『正しい洗顔法の習得』に励むべきです。習得してしまえば簡単な事。ちょっとした事でお肌はぐんぐん変わってきます。

『ツルスベ肌になりたい』『きれいな肌になりたい』と理想を高く持っている人は、まずは「正しい洗顔法」を実践してみてください。

まさか・・・『洗顔なんて関係ないんじゃないの』『泡を立てるのが面倒だから』と思っている人や『どうせやったって変わらない』と諦めている人はいませんよね。

正しい洗顔その①ポイントクレンジング

お肌が一番嫌がるのが摩擦や刺激!まずは『どれだけお肌に負担をかけずに優しく短時間で汚れを取り除くか』です。

顔の中で一番デリケートなのは目元、口元。そして、見た目年齢や顔の印象を決めるのも目元、口元です。だからこそ女性は目元、口元のメイクに時間をかけるんですよね。

その結果メイクと洗顔で一番ダメージを与えてしまうのがこの目元、口元です。ですから優しく丁寧に行えば、見た目年齢も大幅にUPしてきますからね!

~上手な落とし方~
落ちにくいポイントメークは『専用のリムーバー』で落とす事が大切です。とくにマスカラはさまざまなタイプのものがあるので、一般に市販されている専用リムーバーでも落ちにくい場合があります。

そんな時はマスカラと同じメーカーから発売されている専用リムーバーがオススメ。落ちにくいリムーバーを無理に使ったり、クレンジングの時に一緒に落とそうとするとどうしても擦り過ぎてお肌に刺激を与えてしまいます。

それでもなかなか落ちにくい場合は、コットンにリムーバーをしみ込ませ30秒~1分間のせて置きましょう。又、唇も同様のお手入れをしてください。

正しい洗顔その②クレンジング

メイクアップ料や排気ガスなどの油性の汚れを落としていきます。さまざまなタイプがありますが、基本は油性の汚れは油性のクレンジング剤で落とすこと!そして自分に合ったクレンジングを選ぶことが大切です。

~クレンジング選び5つのチェックポイント~

  1. お化粧の濃い?薄い?に合ったクレンジングを選ぶ
  2. たっぷりの量を使う
  3. ゴシゴシ擦らない
  4. すばやく短時間で落とす(馴染ませるのに30秒、すすぎに30秒)
  5. ぬるま湯ですすぐ(ちょっとぬるいかな?と思うくらいの温度でかけるように流す)

~タイプ別クレンジングの特徴~
★オイルタイプ・・・一番油分が多く洗浄力が強いので落ちやすいのでお化粧が濃い方にオススメ。ただ、お肌が敏感な方や乾燥がひどい方には負担になる可能性があるので、避けたほうがいいかもしれません。

★クリームタイプ・・・適度な油分を含んでいるので、洗浄力もありつつ保湿効果も期待できます。適度な固さがあるので、お肌になじませる時は手のひらで温めるなど柔らかくしてから使用してください。馴染ませたあとは拭き取りではなく、洗い流すタイプのものがお肌へのお負担が少なくオススメです。

★ジェルタイプ・・・透明のものより乳白色のタイプのものがお肌への負担も少なくオススメ。どの肌質の方にも使いやすいタイプです。

★ミルクタイプ・・・お肌には優しいのでお肌が敏感な方や乾燥が気になる方にオススメ。ただ、洗浄力は低いので薄化粧の人向き。

★シートタイプ・・・拭き取りタイプなのでお肌への負担は大きいです。お肌のトラブルの原因になる可能性もあるので、できれば避けたほうがいいかもしれません。

正しい洗顔その③洗顔石けん

汗や皮脂、古い角質、ほこりなどの水性の汚れを落としていきます。洗顔もさまざまなタイプのものがありますが、オススメは石けんタイプのもの!

合成界面活性剤が含まれていないものが多く、天然成分が主成分となっているのでお肌に負担を与えず汚れを落とすことができます。

~洗顔石けん5つのチェックポイント~

  1. 泡だてネットを使用する
  2. キメの細かいもっちりとしたコシのある泡を手のひらいっぱいに作る
    (ネットをぬるま湯にくぐらせ、ネットに洗顔料を適量とったら石けんを外す。それからしっかりと擦り泡立てる)
  3. お肌に直接指の腹が触れないよう、もっちりとした泡を挟み込むようにして転がす。
  4. すばやく短時間で落とす
  5. ぬるま湯ですすぐ(ちょっとぬるいかな?と思うくらいが理想)

とくに春は女性ホルモンのバランスが崩れやすく、気温差がありお肌は不安定な状態になっています。そこへ春風に舞って花粉や黄砂、排気ガスなどがお肌の表面にくっついて悪さをするんです。

春こそ洗顔が大事な時期になるので正しい洗顔を習得して習慣にしちゃいましょう。それができればツルスベ肌への第1歩が踏みだせるはずです!

この記事をシェアする

関連記事

コメント