• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

つらすぎるツワリ!妊娠初期をサクサクっと乗り切る方法

Date:2013.10.13

ずっと赤ちゃんが欲しくてやっと授ることができたかと思えば、とってもつらい悪阻が待っていた・・・そんな経験がある方も多いと思います。今回はそんな「ツワリ」をテーマに、経験がある方にもない方にも参考になる女性の身体の仕組みについてお話してみたいと思います。

どうして“ツワリ”になっちゃうの!?女性の身体の不思議・・・

妊娠すると女性の身体のホルモン状態が大きく変わり、身体がそれを受け入れることができないためツワリが起こってくると考えられています。

また、胎盤が完成する(妊娠10数週目くらい)までは、身体が子宮の中にいる赤ちゃんを異物のように勘違いしてしまい拒否反応を示していることも大きな原因のようです。

それ以外の原因としては、妊娠前からの体質が影響していることも無関係ではないようです。例えば、普段から野菜やフルーツを多く摂取していると身体がアルカリ性であることからツワリになりにくい場合もあるのだとか。

真相はわかりませんが、ツワリが重いと折角のマタニティライフがとっても苦しく辛いものになってしまうのは間違いありません。

とはいえ、永遠に続くわけではなく妊娠4カ月に入るころから次第に軽くなりはじめ、一般的に安定期と言われる5ヵ月を迎える頃には「あれ?ツワリ終わったかな」と思う人も増えてきますから、めげずに過ごしたいものですね。

つらいツワリの症状・・・個人差が大きいものの症状も多様にみられます!

ツワリが重いと、もう永遠臭いしい食事はできないのではないか?元気に暮らせる日は来ないのではないか?とふさぎこんでしまいます。お腹に宿った大切な命を愛おしく感じる半面、もう生きていくのがつらいとさえ思うこともあるのです。

そんな自分に罪悪感を感じて、ますます落ち込んでしまう人も。決して大げさな話ではなく、身体の不調が精神的な面にまで影響するのはめずらしい話ではありません。では、代表的なツワリ(悪阻)の症状とはどんなものがあるのでしょうか。

  • とにかく一日中吐き気が止まらずに、何を食べても吐いてしまう「吐き悪阻」
  • 空腹になると吐き気が増す「食べ悪阻」。食べている時だけ楽になれるという人もいます
  • ご飯の炊ける臭い、石鹸やシャンプーの香りなど今まで平気だったものが嫌いになる「臭い悪阻」
  • 常に口元をタオルで覆ったり、ペットボトルに吐き出さないとよだれが止まらなくなる「よだれ悪阻」
  • 携帯の着信や玄関を開ける鍵の音に敏感になる「音悪阻」

他にも一日中眠くてたまらない場合や頭痛、貧血などに悩まされる人もいます。これらはどれかひとつの症状ではなくいろいろな症状が重なり合う場合がよくみられます。

妊娠初期の重い悪阻・・・少しでも軽減する方法を今からお教えします!

いつかは終わりがやってくる「ツワリ」。でも妊娠初期にはとてつもなく長く苦しい時間に感じてしまうものです。特に安定期を無事に迎えるまでは、何があるがわからない時期でもありますから、職場や友人たちにも妊娠を公表するのがためらわれる時もあります。

そんな中でツワリとただひたすら闘わなくてはならない、孤独さや心の中の葛藤がさらに体調を不安定にさせる原因にもなってしまうのです。

とはいえ、妊娠初期の母体と胎児にとって、もっとも大事な時期だからこそ一日一日を少しでも快適に過ごせる方法を見つけたいものです。

ではさっそく、ツワリを軽減させる方法についてみてきましょう。

  • 食べられるものをこまめに分けて摂取し、苦手に感じるものは無理して口にしない。
  • 産婦人科でツワリが重いことを医師に相談し、点滴や漢方薬を処方してもらう。
  • 家族に手首の内側を軽くマッサージしてもらう(手首の内側をほぐすと、ツワリが経験すると言われています)
  • 外の風に当たったり、眠りたいときに身体を休ませたりなど、リラックスして過ごすことを心がける。

妊娠による身体の変化は本当に千差万別ですから、個人差も大きいのですが、ツワリがはじまったな、と感じたら少しでも早く対処し自分に合った方法を見つけることが快適なマタニティライフへの大きな一歩と言えそうですね。

この記事をシェアする

関連記事