• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

意外とか弱い女性に多い「大丈夫!」は本当?強がり女の本音

Date:2013.06.21

あなたの「大丈夫」本当ですか?

なぜ、あなたは人の前では「大丈夫」でいてしまうのでしょう?断ると、嫌われる?人に迷惑をかけちゃいけない?私がしっかりしなきゃ!きっとあなたは、仕事ができて、気の利く素敵な女性なのでしょう。

あなたを頼ってくる部下を、時にかわいく、時に腹立ちまぎれに感じているかもしれません。「ありがとう!」「先輩すごい!」その言葉が聞きたくて、仕事を頑張っているのかもしれません。

あるいは、もともと自分はそんなに出来るほうじゃないから、人より頑張らなきゃ!そんな気持ちで、人一倍仕事をしているのかもしれませんね。しかし、ふとした時に感じませんか?

「なんで私ばっかり、こんな事やらなきゃいけないの!」
「私ばかり気が利いて、もっと周りの人も動きなさいよ!」
「人一倍働いて、給料も扱いも同じなのよね、もっと私を認めてよ!」

仕事のできるあなたなら、一度は思った事があるのではないでしょうか?

自分の価値はやった仕事で決まっていく?

仕事もできて、人一倍一生懸命に働いているあなた、あなたはなぜ、そんなに一生懸命に働くのですか?自分ばかりが働いて、周りや上司に認めてもらいたいのはなぜですか?負けたくない、そんな気持ちはどこから湧き上がってくるのでしょう?

それは、あなたが自分の価値を他人に委ねてしまっているからではないでしょうか?あなたが一生懸命に頑張っている事、あなたはそれを認めてほしいと思います。

頑張った代償は、お客様からの感謝の言葉であったり、上司からのねぎらいの言葉、仕事の成績として、結果を出せる場合もあります。そして、あなたはその結果に満足します。

よかった!私は認められた!あれだけ頑張った甲斐があった!結果があっての自分の頑張りとなります。そして、与えられた結果イコール自分の存在価値だと、そう思ってしまっていませんか?

あなたの価値と仕事の内容の価値は違う

女性によくあるのですが、仕事に関して上司に怒られた際、自分自身が否定されたと感じる人がとても多いそうです。「私が間違った事をしたから、いけなかったんだ」「だから私はダメなんだ」そう心の中で呟いてしまう人、多くないですか?

しかし、上司は本当にあなた自身を否定したくて怒ったのだと思いますか?あなたがやった仕事に対して、違うと注意をしたかっただけなのではないでしょうか?

「もっと頑張らなきゃ、もっと仕事ができて認められなきゃ」そう思って仕事をがむしゃらに頑張って、あなたが大きく評価されたとしても、あなたの満足感は長くは続かないでしょう。それは、あなたが自分自身の価値を他人に委ね続けているからです。

仕事の価値があなたの価値だと、思い込み続け、自分の価値を他人に委ね続けている限り、あなたは本当の意味で満足したり、キラキラと働く余裕の笑みを見せることはできないのではないでしょうか。

あなたを苦しめているのは、自己否定しているあなた自身

あなたは、自分をどれだけ自己肯定、または自己否定していますか?上司に怒られた際、「やっぱり自分はだめなんだ」そう心で呟いてしまうのは自己否定。「今回は怒られたけど、本当の私の力を見せてやる」そう思えた人は自己肯定型です。

このように、同じ出来事が起きても、人によって感じ方は人それぞれです。自分の中の自己否定が、必要以上に、または事実以上に自分を否定していませんか?

行き過ぎた自己否定は、自分自身への虐待となります。自分で自分に鞭を振りおろし、傷だらけになっているようなものです。そんな事をしたって、物事は決してよくなりません。心の中のあなたがかわいそうではありませんか?

自己肯定で、キラキラ輝く勝利の女神へ

それでは、いったい自分を自己肯定するにはどうしたらいいのでしょうか?それは、自己価値を他人に委ねることをやめることから始めましょう。誰にでも劣っている部分はあります。歴史上の偉大な人物の多くは、奇人変人がとても多かったのは周知の事実です。

身近な人で言っても、美人で完璧にみえるあの子も、いつも恋愛では失敗ばかりかもしれません。今は仕事がバリバリにできるあの人も、知らないだけで失敗したこともあるでしょうし、恥ずかしい思いをしたことがあると思いますよ。

ですが、あなたは普段、そんな他人の失敗を気にしますか?むしろ、自分だけが劣っているという妄想に取りつかれる事の方が多いのではありませんか?ですが、あなたが失敗しても世界は変わりません。相変わらず日は昇り、沈んでいきます。

つまり、過剰に反応する必要はないという事です。それよりも、あなた自身の素敵な部分、チャーミングな部分に着目してみましょう。自分を自分で愛し、慈しんであげるのです。あなたは決して、他人に傷つけられるような存在ではないのです。

そして、重要な事なのですが、他人からの言葉を全て自分に取り入れる必要はないという事を学ぶことです。人の行動、言葉をまともに自己否定のベクトルですべて受け止めるのはとてもメンタルにとって危険な事だと知りましょう。

今までは気にしてしまっていた言葉、流す技術を身につけましょう。それも上手にできるようになれば、さらに次の段階に進みます。受け取る言葉、全てを自己肯定に置き換えて自分自身に届けるのです。

自分で自分の価値を高めることができれば、過剰に仕事に自己価値を置く必要もなくなりますよね。やっている仕事を認められるためではなく、エンジョイしてできるようになるかもしれません。

認められるために、残業したり、結果を追い求めるあまり、自分の健康を顧みず、仕事を詰め込むのは終わりにしましょう。結果が出ても、感謝されてもされなくても、仕事自体にやりがいを見つけて楽しんでしまいましょう。

次第にあなたに余裕が生まれ、断るべき事は勇気をもって断れるようになっていきます。なぜなら、断った所で、あなたの価値は変わらないからです。できることはできる、できないことはできない、それが当たり前なのです。

気が付くと、あなたがあんなに望んでいた昇進や、昇給が目の前に降ってくるというサイクルが生まれるのです。さあ、今日からあなたの頑張り方を変えましょう。あなたもきっと、キラキラ余裕の笑みで輝く、本当の意味での勝利の女神へと変身する事ができるでしょう。

この記事をシェアする

関連記事