• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

恋人がいない女性が使うと“強がり”と思われてしまうセリフ

Date:2013.12.24

恋人がいないと寂しいに違いない、と思われていることも多いものです。恋人がいるからといって寂しくないわけでもなく、恋人がいないからといって必ずしも寂しいというわけではないですね。

しかし世間一般においては恋人のいない女性はとやかく言われがちです。本人はそれほど気にしていないのに、何か言うと「強がっている」と思われてしまうことも。本人が気にしていないのに周りから“強がり”を言っている、と思われるセリフとはどのようなものでしょう?

今の私に恋人は必要ない

仕事が充実しているせいか、恋人がいると面倒くさいと思うせいか、今の自分に恋人は必要ないと思っている女性もいるでしょう。

しかし、そのセリフは自分都合で恋人を作らないだけで、必要になったらすぐにできるのよ、と強がっていると思われてしまいます。自意識過剰なセリフにも感じられてしまいますよ。

一人の方が楽

確かに恋人がいなければ、休日は自分の時間が持てるし、デートの約束を気にしなくてすみます。ムダ毛の処理やデートに着て行く服装などにも頭を悩ませなくてもすみますね。

また、デートをキャンセルされた、メールの返信が来ない、最近彼の態度が冷たい、といたことで思い悩む必要もありませんし、他の男性と食事に行こうがカラオケに行こうが自由です。

恋人がいればそういったさまざまなことを気にしなくてはならないですね。そう思うと恋人がいない方が楽です。でも、そういった面倒なことがあるから、喜びや幸せも感じられるもの。

それを知りながら「一人の方が楽」というセリフは強がっているように聞こえてしまうのです。

恋人がいると自由がなくなる

恋人がいても、よほど彼が彼女に依存したり、彼女を束縛したりしない限り、自由がなくなることはありませんね。そのセリフは、恋人ができると愛され過ぎて彼の束縛が重いの、という自意識過剰の女性の強がりに聞こえてしまいます。

自分は自立しているから

恋人がいるから自立していない、というわけではありません。恋人がいてこそ、自立している女性はより素晴らしいもの。自立していないから、恋人ができないのでは?と思われてしまいそうなセリフです。

合コンなんて行く気がしない

合コンは出会いの重要な場です。恋人がいなくて合コンにも乗り気ではない、というのは自分に自信がないせいでは?合コンで楽しい思いや嬉しい思いをしたことがないのでは?と合コンでは嫌な思い出ばかりなのでは?と思われてしまうセリフ。

合コンに出席する、しないはその人の意向ですが、合コンを馬鹿にしてはいけません。

時間がなくて

時間がないからて彼ができない?このセリフは恋人ができないことをごまかしているセリフに聞こえてしまいます。恋をするのは時間の問題ではないですね。時間ができれば彼なんてすぐにできるのに、といった言い訳にしか聞こえません。

私の魅力に気づいてくれる人を待ってる

こんなことを言うと、自分は魅力的な女性なのに、それに気づいてくれない男性ばかり。自分にはもっと素晴らしい男性との出会いが待っている、と考えている、イタイ女性に見られてしまいます。

そんなに魅力的なら、恋人はすぐにもできるはず。そうでないのであれば、自分を誤解している女性、自分のことを分かっていない女性になってしまいます。

私を恋人にしたら男性がかわいそう

そのセリフは、自分の恋人になった男性に、仕事が忙しくてかまってあげられない、自分はモテるから焼きもちをやかせてばかりになってしまう、といった女性のおごり、に聞こえてしまいます。

本当にその理由で恋人を作らないとすると、一生恋人ができません。そんなこと思っていないくせに強がり言って、と思われてしまいます。

今のままで満足しているから

一見謙遜しているセリフに聞こえますが、もっと満足することを望めない自信のない自分をかばっているセリフにも聞こえます。

がんばっても恋人ができない自分に、“今のままでも十分幸せ”と言い聞かせている、と思われてしまうかも。それも強がりに思われてしまうかもしれません。

友達を差し置いて恋人は作れない

恋人のいない友達や先輩に悪いから自分も恋人を作らない、というのは恋人ができない言い訳や強がりにしか聞こえません。

しかも、恋人ができないことを他人のせいにしているセリフです。また、恋人がいない女性同士で集まり、安心しているだけ、と思われてしまいます。自分に恋人ができないから、他の人のことも牽制しているのでは?と思われてしまうかもしれませんよ。

この記事をシェアする

関連記事