• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

黒髪がじわじわと人気が上がる中“茶髪”カラーで更に自己主張

Date:2013.12.01

流行りというものは10年周期で回ってくるらしいですが、女性の間で黒髪人気が上昇中です。しょこたんも長髪の黒髪に変えてファンの間でギガカワイイと絶賛の声を集めています。

また、香里奈さんも黒髪に変えるなど、芸能界の中で黒髪ブームができています。そして今、美容院では、以前のようにカラーリングを行う人が少なくなってきているようです。

黒髪の魅力はどこにあるのでしょうか?きれいな黒髪で魅力を感じる芸能人といえば、壇蜜さんや栗山千明さん。彼女たちに共通しているのが、サラサラでキューティクルの輝きのあるきれいな髪の毛です。羨ましいくらいきれいな髪の毛です。

また男性目線でいうと、染めているよりも染めていない天然の黒髪が理想であるようです。外国人の男性からしてみても、どうして、日本の女性はわざわざ染めてしまうのか疑問であるようです。

ブロンドヘアの外国人が黒髪に憧れ、黒髪の日本人が茶髪にしたがる、お互いにないものねだりのような気もしてきます。しかし、黒髪が似合う似合わないが、日本人の中にもあるはずです。

きれいな黒髪の栗山千明さんを例にだしてみると、彼女はすらっとした体型であり、目や鼻などの顔の中のパーツが、とてもきれいに整っている印象を受けます。顔のつくりがはっきりとしていて、各パーツにも主張できるほどきれいです。

そんな方には、黒髪であるとことにより、それらを際ただせる要素があるように思われます。しかし、日本人だからといって誰もが似合うわけではないことは、女性が一番心得ています。

単に、流行りで茶髪にする場合もありますが、そうでない場合、髪の色を明るくすることによってコンプレックスを和らげている場合があります。

例えば、身長が低い女性の場合、ショートではなくロングにした場合は、黒髪のままでいると、とても重たく見えてしまいます。その為、茶髪にすることによって、全体に軽く見えたりします。

また、顔の中のパーツに自信のある場合は問題ありませんが、自信がない場合は、茶髪にすることによって、髪の毛の方に目をむけさせ、コンプレックスを和らげるようにします。

また、壇蜜さんのように髪の毛に艶があるときれいであり、色気さえ感じられます。しかし、痛んでしまった黒髪は、老けてさえみえるのです。

黒髪が増えてきたのならば、これらのことも踏まえて、流行りに流されないで茶髪であり続けることは、ブレナイお洒落でかえって魅力的ではないでしょうか?

この記事をシェアする

関連記事