• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美しさにはお金も必要。貯まらないと嘆く前に貯金術を身につけよう!

Date:2013.04.30

美しさを手に入れる為には努力が必要ですが、化粧品の購入やエステ、サプリメントなどを手に入れる為のお金も必要です。お給料日に家賃や保険、食費など必要な生活費を計算し、残りを美容費として使っている方や貯金を崩しながら美容費にまわしている方も居ることでしょう。

しかし、美容費は生きる為に絶対欠かせないわけではないので、持っているお金についつい手を出してしまうこともあるのではないでしょうか。

例えば、「銀行に預けるつもりで持っていたら、気持ちが大きくなってバッグを買ってしまった」、「貯金するつもりでいたのに、細々した物を買ってしまい気づけばお財布が空だった」なんて経験ありませんか?

お金に手を出さない一番の方法は、銀行へ預けることですが行く暇が無かったり、急にお金が必要な場合には窓口やATMへ足を運ぶことが面倒だったりしますよね。そこで今回は、銀行へ預けずに美容費を自宅で貯める貯金術をご紹介します。

現金だから使ってしまう?!保存出来る物は、出来るだけ早く商品と交換しよう!

ジュースを飲みたい時に現金があれば、すぐに購入できますが無ければ購入出来ません。これは当たり前の事です。同様に美容費も現金としてそこにあるから、使ってしまうのです。

美容液やパック、美顔器などの美容品の中には使用期限がある物と無い物がありますから、自宅で保存出来て使用期限が無い物に関してはすぐに購入してしまう事をお勧めします。

いずれ使う化粧品や美容器具ですから無駄になる事はありません。お給料が出たらご自宅にある化粧品類の在庫を確認し、足りない物や使用期限の長い商品を購入してみてはいかがでしょうか。

覚えているから使ってしまう?!捨てない様に注意して仕舞おう!

引き出しの中や冷蔵庫の中などにお金を仕舞う方が居ますが、それらの場所は目につく場所ですから忘れる心配が無い半面、使いたい時にすぐに取り出して仕舞うというデメリットがあります。お金を入れた事を覚えておかない様にする為には、封筒を利用しましょう。

なるべく派手な封筒を数枚準備し現金を入れ、目につきにくい場所(例えば本棚やCDラックの中、使わっていないバッグの中など)へ仕舞いましょう。

そして、メモ帳に仕舞った場所を明記し同じく封筒に入れ、忘れない場所へ(冷蔵庫の扉に貼る、パソコンの下に敷くなど)仕舞っておきましょう。初めのうちはどこに置いたか覚えていても時間の経過と共に忘れてしまい、そのお金が無い物として生活するようになります。

でも大丈夫!しっかり隠し場所はメモに書いているので、美容費が必要になればいつでも取り出すことが可能です。封筒が目立つので間違って捨てる心配もありませんから一度試してみてはいかがでしょうか。

面倒な場所なら使えない?!家具を動かさないと取り出せない場所に置こう!

メモ帳に書くことで置いた場所を記憶してしまいそうな方には、大掛かりな隠し場所をお勧めします。

例えば、ソファーの下やタンスと壁の間など、人の手を借り無ければ動かせない家具や中身を出さないと動かせない家具など、面倒な作業をしないと取り出せない場所なら気軽に手を出すことは出来ません。

隠す作業が面倒なので忘れる心配もありません。記憶力が良い方は家具下貯金を試してみてはいかがでしょうか。

貯金するお金が無い時の貯金術?!

お金を貯める方法として風水を活用する方が居ます。財布を黄色やゴールドにし、部屋の西側には黄色いインテリアを置いてお金を招く方法です。しかし、お金を貯める為にはやはり自分の気持ちをセーブすることではないでしょうか。

主婦が家計簿をつける理由は、お金の流れを知る為だけではなく「酒代がかかり過ぎているからちょっと抑えよう」、「今月は服を買い過ぎたから来月は抑えよう」と自分の気持ちをセーブし、目標を立て直す為でもあると言われています。

もしも美容費にまわすお金が無くて困った時には、家計簿をつけてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事