• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

貯金が下手な女性でも毎月5000円多く貯金する方法

Date:2012.12.11

ネットオークションを活用する

例えば雑誌を「読む用」と「保存用」と2冊買うと、1冊の雑誌が700円だとして2冊で1400円です。

しかし、あなたが欲しいと思っている雑誌に、なんの価値も見出していない人も世の中にはいて、発売から1カ月くらい経てば、その雑誌はネットオークションで100円で売っていたりします。送料を入れても200円くらいです。500円貯金に回せます。

言い方は良くないかもしれませんが、ネットオークションで狙い目は「ものの価値を知らない人の出品物」です。時々、びっくりするくらい格安の商品があって「偽物か?」と思いますが本物であったりします。

そういう人を活用して「貯金させてもらう」のです。Aさんから見ると超レアもの。Bさんから見るとただのゴミ。ネットオークションの世界って、だから面白いのです。

それ、買った「つもり」にできませんか?

コレクションは趣味の範疇なので、あまり他人がとやかく言うことでもないのですが、それ、「買ったつもり」にできませんか?

マンガを全巻揃えても、次の引っ越しの時に全巻処分してしまうということも考えられることです。一時の所有欲を自己コントロールできるのであれば、買わないという選択肢もあります。マンガを全巻、買わないという選択肢を選ぶと、これはかなり貯金できることになります。

1週間、待てませんか?

お菓子やペットボトルのおまけの玩具。会社でも何人かの人が集めていることでしょう。1週間待つと、たいていの人の興味は薄れてきます。デスクに玩具が置いていても「それ、いらないから、あげるよ」という人もでてきます。タダでもらいましょう。

そもそも、ノベルティの玩具は、ブームが去った今だからこそ言えることかもしれませんが、集めなくてもどうということはないのです。

いかがですか?人は太古の昔から所有欲求とコレクション欲求に支配されている生き物です。バブルの頃、車を何台も所有しているとか、時計や高級ライターを10個も20個も買い漁るとか。

しかし、それらを今でも持っている人は意外に少ないはず。「コレクション=余興」なのです。つまり、集めなくても生活に支障がない。そういうものはバッサリと切り捨てる勇気を持ちましょう。するとお金は自動的に貯まります。

この記事をシェアする

関連記事