• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自分に投資すれば貯金は増える!30歳からのオトナ的貯金テク

Date:2012.12.10

貯蓄テクニックを書いた本を3冊は読む

今どき本など読まなくても、テレビを見ていると節約生活のテクニックを紹介してくれています。しかし、まずはやっぱり本です。節約するのに本屋さんで本を買っている余裕はありません。図書館で本を借りてきましょう。

テレビはショーですから、1つのことをおもしろく紹介するメディアです。対して本は、どこまで行っても論理的なものです。節約術は毎日のことであり、論理的に基本を知って応用を利かせるべきものです。

テレビのほうが気軽な感じがありますが、応用を利かせる賢い女性になろうと思えば、やはり本を読みましょう。知識が偏らないために、最低3冊は読みたいものですね。

祖父母の暮らしぶりを聞いてみる

生活に密着した節約術を知るのに、一番いいのは祖父母の体験談を聞くことです。電気は一切つけなかった。月明かりがあれば月明かりで本を読んでいた。

とか、ティッシュは乾かして2度も3度も使ったとか、鉛筆は補助器具を使って、削れなくなるまで使ったとか、いろいろな話を聞くことができます。祖父母の時代はちょうど日本が貧しかった頃です。節約術の宝庫です。

本を乱読する~自分の価値を高めるためになにが必要かを知る~

1日は24時間しかなく、体は1つしかありません。また、節約をするにも限度というものがあります。では収入を増やしましょう。その時に、一番効率がいいのは「自分の価値を高めること」です。パートで時給が10円上がるのは至難の業です。

それより、それこそ資格をとるとか、英語を勉強するなどして自分の価値を高めると、時給10円どころか、1000円くらいUPしたりもします。

たとえば英語を翻訳する仕事など、お給料はいいものです。コンビニでバイトして時給1000円なら、翻訳は2000円くらいです。それも難しい翻訳ではありません。自分の価値を高めようと思うと、自分がなにに向いているのかを知らないと無理です。

「本当の私はどこにいるんだろう」とか「本当に自分がしたいことがわからない」という女性は、本を読みましょう。図書館に行って気になったタイトルの本を手当たり次第に借りてきて読むといいのです。

いま持っている情報の中からしたいことを選ぼうとするから見つかりません。世の中にはいろいろな仕事があります。ボランティアもあります。ボランティアだって結果的に収入になることがあります。

こういうことを知ろうと思えば、本を読みましょう。したいこと・向いていることは比較的すぐに見つかります。

この記事をシェアする

関連記事