• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あなたは長男長女?または末っ子?特性を生かした人付き合い法

Date:2013.11.26

生まれた順番は大人になってからの性格や能力に影響するのでしょうか。学校で教師として働く人には、長男長女が多いと言われます。実際に教師という職に就いている人に、生まれ順を尋ねると、長男長女が半数以上を占めていうケースが多いようです。

これは、長男長女が、子どもの頃から弟・妹の面倒を見る経験が多く、大人になっても自分より幼い者に頼られることに喜びを感じるためです。また逆に、末っ子で教師になる人は比較的少なく、芸術関係の仕事では、末っ子が頭角を現しやすいと言われています。

このような生まれ順による性格・能力の違いはなぜ起こるのでしょうか?

三つ子の魂百までと言われるように、幼い頃の体験は、性格の形成に大きな影響を与えます。第一子なのか、または末っ子なのかによって、全く異なる視点から幼少期を送ることになります。

第一子は、親にとってはじめての子であるため大切にされ、また兄弟の中でも子どもの頃は最も力が強い立場にあります。ただ一方、周囲からのプレッシャーにさらされたり、兄弟の面倒を見ることになったりします。

末っ子は、上の兄弟もいるので親からある程度放っておかれることも多く自由に育ちます。ただ年上の兄弟に力で劣るので、常に自分より強いものに立ち向かっていかなければなりません。

このような環境の違いが、性格や\力に影響することになります。それぞれの生まれ順により培われた性格・能力、これらを大人になってからの人付き合いにも生かすことができるでしょう。

第一子の強み;リーダーシップ

第一子は、兄弟の中では、自分が優位に立ちやすい状況が長く続いたということが特徴です。子どもは小さい時は体力的、知\的な差も大きく、年齢が上であることで圧倒的な優位に立ちやすくなります。

第一子には、兄弟という一つの小さな集団を率いる役割が自然に与えられることになります。時には指示を出したり、言うことを聞かせたりということもしたのではないでしょう?一緒に暮らした兄弟が多いほど、こういった役割が強く必要とされたかもしれません。

兄弟という集団を率いる経験によって、大きくなってからも、人を率いたりまとめていく能力を発揮したりします。第一子には、控えめな態度を取る人も多いので、カリスマ的で大胆なリーダーになる人は少ないかもしれません。

しかし、実は集団をうまくまとめていくことが上手にできるでしょう。大人になってからの人間関係では、仕事で人の様々な意見をまとめて調整をしたり、上司として、全ての部下にうまく配慮しながら良い職場環境を作ることにも長けています。

また飲み会の幹事などもうまくこなすので、人から感謝されるでしょう。また、仕事以外でも、趣味のグループのまとめ役や、スポーツのチームの監督などをしても、生き生きとこなすことができるでしょう。

第一子の強み;人に頼られる存在となれること

第一子は、幼い兄弟の面倒を見てきた経験が多く、大人になってからも人の面倒を見たり頼られたりすることに喜びを感じる傾向にあります。

基本的に頑張り屋で細かい心配りもできるため、人から信頼されます。人から悩みを相談されたりした時には、無理のない範囲内で相談相手になってあげるととても感謝されるでしょう。

末っ子の強み;競争に強い

末っ子は小さい頃から、兄弟の中での競争にさらされます。そしてより強い力を持つ年上の兄弟に立ち向かわなければならない立場にあります。末っ子は競争に強いタフな心が強みです。そのため相手と一対一で対戦できるスポーツなども得意です。

持ち前のタフさで相手と競り合うことができるのです。相手が例え強い選手であっても、立ち向かうことができます。このようなタフで競争に強い心は、幼少期に培われたものです。

仕事などでも、ここぞという時にもおじけづくことなく勝負ができるでしょう。周りの同僚はそのような姿を見て、勇気をもらうことができそうです。

末っ子の強み;人気を得やすい

末っ子は、兄弟の中で最も幼く、家族や親戚から可愛がられる経験も多くしています。ある程度大きくなっても、他の兄弟と比べ相対的に小さいため、いつまでも赤ちゃん扱いされたりもします。

このように人から注目を集め、可愛がられることに慣れているので、 大人になってからも、人から注目を集める仕事に向いています。芸術関係の仕事をしている人に末っ子が多いのはこのような理由によるでしょう。

友人同士の関係においても、楽しい雰囲気をうまく作りながらムードメーカー的な存在になることができます。多くの人を楽しませてあげることで、人気もさらにアップします。

末っ子特有のおおらかさが、周りの人をリラックスさせ自然と皆が笑顔になるような空気を作ることができるでしょう。また、末っ子は、小さい頃から兄弟に囲まれて育っているため、周囲の人間関係を観察してその中でうまく立ち回ることがとても得意です。

基本的にどのような人間関係の中に入っていってもうまくやっていくことができます。 生まれ順による幼少期の経験の違いは、その人の性格や能力に影響を及ぼしているもの。自分の強みを人付き合いにもうまく生かしていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事