• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

沖縄発の天然無添加化粧水「チュラサン」を知っていますか?

Date:2014.06.04

美肌の人が多い都道府県、どこを思い浮かべますか?秋田美人、新潟美人と言いますが、南国沖縄はどうでしょう。美人、美肌の人が多いと思いませんか?

子どもの頃からの食生活や土地それぞれの生活環境が、肌や美しさをつくると言っても過言ではありません。

そこで沖縄発のスキンケア用品を紹介します。天然無添加を謳う化粧品はたくさんありますが、いったい何が肌にいいのか?どんなスキンケアが出来るのか紹介します。

カミヤマ美研の「顔を洗う水」を知っていますか?

沖縄発のカミヤマ美研販売は創業者神山稔朗が自身の剛毛に悩んだことがきっかけとなり、研究に研究を重ねた結果、美肌に焦点を当てよりよいスキンケア用品を開発するために創業された会社です。

現在は全国のデパートや販売店で購入することが出来るほど、多くのファンを掴んでいます。

商品のシリーズはいくつかありますが、私がオススメするのは「チュラサン」シリーズ。沖縄の方言で「美しく清らかな様子」を表す言葉で、全国の販売店でももっとも多く扱われているカミヤマ美研の顔ともいえる商品です。

スキンケア用品と言うと、すぐに浮かぶのは「化粧水」。ですが、チュラサンはまず「洗顔化粧水」を使います。ボトルには「顔を洗う水」と表記してあります。初めてボトルを見た時は「顔を洗う水」ってなんだ?と思いました。

次で詳しく紹介していきます。

「顔を洗う水」とはいったいなにか?

カミヤマ美研が販売する商品シリーズではいくつか「顔を洗う水」と書かれたボトルの商品があります。顔を洗うとは言え、クレンジング商品ではありません。洗顔です。でも化粧水です。

一般的な洗顔フォームなどでは、ぬるま湯や水で泡立て、泡で顔を洗いますが顔を洗う水は粘り気のある液体なので、そのまま顔を洗います。せっけん等の泡に数的混ぜて使うことも出来ますし、これだけでも使うことが出来ます。

ぬるぬるした液体で保湿しながら、表面の汚れを落とす効果があるので「顔を洗う水」と表記されているそうです。

沖縄ならではの良さは何があるのか?

洗顔をしながら保湿をすることが期待できる顔を洗う水ですので、水の純度にはこだわっています。また、肌への浸透を良くするために沖縄久米島沖の海洋深層水、ニガリが使われているので汚れを落としながらも肌へ負担をかけることなく、水分補給を行うことが出来ます。

海に浸かりすぎると肌や髪に良くないイメージがありますが、沖縄の人は肌も髪も美しい人ばかり。それは沖縄の海が持つうるおいを常に補給出来ているからなのかもしれません。

また、ニガリや水などの原料にこだわっている他に、香料や界面活性剤と言った不純物を使っていないという面から見ても肌に良さそうなことが使う前から伝わってきます。

チュラサンシリーズでは「顔を洗う水」のあとに保湿ローションとジェルがありますが、まずは「顔を洗う水」だけでも使ってみてほしいと思います。

この記事をシェアする

関連記事