• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

中年じゃないのに中年腹急増中!下っ腹が出てしまうのは何故?

Date:2013.12.05

痩せているのに何故か下腹がぽっこり出ている人を見かけませんか?お腹まわりに脂肪が付き、何故か妊娠初期の様にお腹が出っ張っているのは何故でしょうか?これは一つの老化現象と言っても良いかもしれません。

筋力の衰えにより内臓の位置が下がり、骨盤や背骨が曲がってしまうことによって下腹部がポッコリとしてしまう事もあるのです。

現代の女子性はきちんとした運動を怠り、姿勢が悪く、食生活の乱れから痩せていて、若いのに何故か中年太りの人が増えてきているのです。

そこで私達はどの様にしたらこのポッコリお腹を解消したり、今後避けて通る事が出来るでしょうか。一緒に考えてみましょう。

筋トレは必要不可欠

ウォーキングやマラソンだけでは足りないのが、筋力トレーニングになります。日々の生活の中で段々と筋肉を使う事が少なくなり、どうしてもインナーマッスルが弱ってきてしまいます。

これを鍛える事によって内臓の位置も正常な場所に固定されますので、下腹部の膨らみだけでなく腰痛の解消にもなります。難しいトレーニングは必要なく腰を前後ろ横とフラダンスのごとく動かす事によって腹筋をすごく使います。

必要があれば腰をグルグル回してあげましょう。但し妊娠している可能性のある方は行ってはいけません。

バランスボールの利用

バランスボールは説明するまでも無く、インナーマッスルを鍛える為の補佐としては素晴らしいサポートの道具です。座ってテレビを見るだけで十分に筋トレが出来ます。

この際に背筋を伸ばし、顎を引き、肩を落として上げるだけで十分にインナーマッスルを鍛える事が出来ます。

姿勢を綺麗に保つ

姿勢美人ではありませんが、だらしの無い立ち姿勢は体のラインもだらしなくさせてしまいます。背中を反るようにきちんと立ち、また、きちんと座り足を組んだりしない事が望ましいです。この些細な努力によってあなたの下腹部はしまってくるのです。

生活習慣があなたのボディーラインを変えてしまっているのです。長年の積み重ねを断ち切り、今からの努力によってあなたの下腹部が平らで魅力的に見えるように努力をスタートさせてみませんか?

悪しき生活習慣を続ければ中年太り間違いありません。ポッコリお腹と今日で決別しましょう。

この記事をシェアする

関連記事