• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

窓、サッシのレールがピカピカに!フローリング用ウエットシートl

Date:2013.12.25

窓のサッシなど細い隙間のよごれ・・どうしていますか?

大掃除の季節が近づいてきました。普段、日常の掃除では目が行き届かなかった、部分が気になることありませんか?例えば窓のサッシのレール。雨が降ったりすると砂埃のような汚れがたまります。

それが、時間が経つと、こびりついて固まってきたり細い隙間にしっかりとたまりこみます。

フローリングワイパー用のウエットシートとカトラリーナイフです

そんな時、活躍するのがウエットシートです。サッシのレール部分をクイックルワイパーなどのウエットシートで拭きます。使っていないカトラリーのナイフなどで、そのウエットシートを細い隙間に押し込むようにして隙間にたまった汚れを拭きます。

雑巾などより、隅々までしっかり汚れが拭き取れます。ナイフをレールに沿って動かします。ナイフの下にあるウエットシートがしっかりとほこりやゴミをキャッチして、しかもサッシをピカピカに磨き上げてくれるように綺麗になります。

拭き取ったあとは、そのまま捨てればよいのです。

あまり、綺麗に汚れがとれるので楽しくなって、他にもこのウエットシートとカトラリーのナイフを使って、拭き掃除したくなってきます。他にもフローリングの壁との隅、家具と壁との隙間、冷蔵庫の間仕切りの隅などなど。

手を汚したくない汚れものも・・さっぱりと・・あとは捨てるだけ!

また、このフローリングワイパー用のウエットシートは、丈夫でほどよい大きさなので、水汚れ関係の手を触れたくない場所のお掃除にも役立ちます。お風呂の排水溝周りの髪の毛なども上からかぶせるように包んでそのままシートごと捨てます。

また、子どもがなにか食べ物をたくさんこぼしたときや吐いてしまったときなども、上からかぶせるようにして新聞紙などで包むように拭き取ってそのまま捨ててしまえばいいのです。

布雑巾ではなかなか吸水しなかったりすきとりきれないものもウエットシート何枚かで綺麗になります。また、ウエットシートの中には、微香性のものありますので、汚れた部分を拭いた時はそういうものの方がサッパリするかもしれません。

溝や隙間は、汚れがたまりやすい上に目立ちます。窓サッシのレールがピカピカだと本当に清潔感があります。掃除は目立つところをピカピカできるところをしっかり磨いておけば、綺麗な印象がアップします。

100円ショップでもウエットシートは売っています。たくさん買っておいて、ピカピカ感を楽しみながらドンドン汚れを取っていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事