• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

霊能者が視る!!!生まれてくる前の赤ちゃんのお話

Date:2013.08.05

私は以前、赤ちゃんを授からないことを真剣に悩んでいました。そんなとき、知人から生まれてくる前の赤ちゃんと対話ができるという霊能力を持った女性(A先生)を紹介してもらいました。

ちょっと怖いし、あまり信じられないと思いつつも興味が沸いたので、占い感覚で会ってみることになりました。

A先生からはまず最初に、どんな風に生まれてくる赤ちゃんが視えるのかについて説明がありました。そのお話をまとめるとこんな感じになります。

お空の雲の上のようなところで、たくさんの赤ちゃんが産まれるために待っています。見た目は2~3歳くらいで、雲に空いた穴からお母さんを見ています。その穴は、ママ一人ひとりにあります。コレは◎◎ママの穴。コレは△△ママの穴という感じです。

A先生は地上からその穴をくぐって雲の上に行き、そこにいる赤ちゃんたちと対話をするのだそうです。なんだか絵本みたいなお話だけど、ちょっと神秘的で素敵だなと思いました。続いてA先生は、こんなお話をされました。

赤ちゃんたちは、それぞれいろんな理由で自分のママを決めるため、あなたが選んでもらえるよう良いところをアピールしたり、赤ちゃんの希望を聞いてあなたに伝え、あなたが希望を叶えると赤ちゃんはあなたのことが好きになって・・という繰り返しをしながら、「ここの家に生まれたい!」と思ってもらうように頑張ります。

毎日毎日いろんな赤ちゃんが通りがかり覗いていったり、いろんなものをおねだりしてきたりしてくるのだとか。

とっても不思議だと感じましたが、A先生を紹介してくれた知人も実際に不妊に悩んでいて、A先生のアドバイスのおかげで妊娠に至り、出産していることを知っていたし、子供を望む私としては藁をもつかむ思いだったのです。

そして出された私の鑑定結果。私の穴の周りにはたくさんの子がいたそうです。だからと言って、たくさんの子を産む必要があるわけではなく「このママなら生まれてもいいかも」という感じで見てくれている赤ちゃんが、男女それぞれ3~4人いるということでした。

ただし、特徴的だったのが、男の子と女の子に派閥があるようで、子供の遊びの「はないちもんめ」みたいに男女が離れて、あっちとこっちという感じで分かれて手を繋いでいます。

あなたは、内心、産むなら同性ばかりがいいとかいう願望を持っていますね?今の状態だと、女の子なら女の子ばっかり、男の子なら男の子ばっかりしか生まれないという家庭になりそうです、という鑑定結果でした。

その鑑定結果には思い当たる節がありました。実は、私たち夫婦は、ひそかに女の子を望んでいました。でもなんといっても当時は不妊治療まっただ中。

赤ちゃんが授かるだけでも奇跡のような話でしたし、性別の希望なんて口に出してはとても言える状況ではなかったので、夫婦とも封印していたのです。

しかし、A先生からのアドバイスはそうではなくて、どちらの性別が欲しいかはっきりと望むことで妊娠する確率はグンと高くなります、ということでした。半信半疑ではあったものの、その日をさかいに「女の子が欲しいね」と夫婦で話をするようになりました。

すると偶然かもしれませんが、翌月妊娠が発覚し、生まれたのは女の子でした。私たち夫婦は、こういう占いや霊能力という類のものはあまり信じる方ではないのですが、命の芽生えるきっかけを与えてもらったような気がしてなりません。

この記事をシェアする

関連記事