• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

運動の前に習慣を見直そう!ぺたんこお腹になる6つのヒント

Date:2014.05.17

単刀直入に言いましょう。ぽっこりおなかに悩んでいませんか?そして、できればキツーい腹筋や、厳しいダイエットをしないでお腹がぺたんこになったらなぁなんて思っていませんか?

それが、あるんです(古いかな)。これからご紹介するいくつかの習慣を日々の生活に組み入れていくことで、お腹がぺたんこになりやすくなり、また(願わくば)、何キロか体重も落とせるかもしれません。

1.まっすぐ立つ

正しい姿勢が、お腹や背中、体中の筋肉を調整して美しく整えてくれることは不思議なことではありません。歪んだ、ぐてっとした姿勢は、あなたのお腹に脂肪をつけるだけでなく、態度まで悪く見せてしまいます。

腹筋は確かにお腹の脂肪を落としてくれますが、体全体を美しくデザインしていくためには、姿勢のエクササイズもぜひ取り入れてください。

姿勢を美しく保つようになってしばらくすると、お腹が平らになっていき、その下の筋肉もバランスよく動くようになってくるのがわかるでしょう。

古典的な方法ですが、頭の上に本を置き、それを落とさぬよう、床のラインを真っ直ぐ歩いていくのが効果的。最初は大変ですが、すぐに慣れますよ。

しばらくエクササイズを続けていくうちに、無意識でも姿勢がまっすぐ保たれるようになってきます。

2.ストレスを減らす

ストレスは、ぺたんこお腹を目指すあなたの大敵です。ストレスを感じると放出されるコルチゾールというホルモンは、脂肪を溜め込む性質があるのです。

ヨガは、あなたの精神を落ち着かせてストレスを軽減し、また理想的なボディラインを作るのにも役立ってくれるエクササイズです。

しかしながら、ヨガに通わずともストレスを発散し、リラックスして、かつお腹まわりをスッキリさせる方法はあります。

それは呼吸。無意識に適当な呼吸を繰り返すのではなく、息をたくさん吸って力強く吐き出すような方法を試してみてください。お腹の脂肪をとるだけでなく、筋肉も鍛えられていくはずです。

3.タミータック

仰向けに寝た状態で腹筋に力を入れ、頭か肩までを持ち上げたり、足をあげたり、ひねったりするタミータック。ブラジル発祥のbutt lift(ヒップアップエクササイズ)DVDでご存知の方もいらっしゃると思います。

これは最初こそきついものの、お腹の筋肉を鍛えてたるんだ皮膚を引き締める効果的な運動です。これが習慣になってくると、ぺたんこお腹へまっしぐら。ジムのトレーナーさんたちも、このタミータックエクササイズを推奨しているそう。

4.よく寝ること

ストレスの他に、睡眠不足も腹部の脂肪を増やす原因になります。適切な睡眠が取れないと、体に悪影響がでるんだそう。

しかも、これは睡眠時間が長すぎても起きます。睡眠時間が多すぎても、少なすぎても、体に十分な休息を取らせることができないそうです。

特にお昼寝に関しては、取るなら規則的に、短く取るのが大切。だらだらしてはいけません。

夜も、きちんと決めた時間に眠れるようにすること。睡眠を適切に取れるようになれば、ワークアウトの結果も見違えるようにめきめき現れるようになるでしょう。

5.アルコールを減らそう

お気づきの方もいらっしゃるでしょうが、アルコールもコルチゾールのレベルを上げて、お腹の脂肪の原因になります。お酒を飲む量が多い人ほど、お腹の脂肪と戦うのは難しいと感じているでしょう。

お酒を飲む代わりに、ナチュラルなお水を飲みましょう。体から有害な物質を流し出し、細胞や筋肉を生き返らせてあげましょう。

お腹をぺたんこにする方法、いかがでしたか?エクササイズももちろん大切ですが、毎日の習慣からお腹を平らにしていくことができるのですね。

ひと時ひと時を大切に、輝く未来のためにがんばってみませんか?この記事がお役に立てば幸いです。

この記事をシェアする

関連記事