• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

長続きするための秘策で運動!続けられる簡単な運動とは

Date:2012.11.24

「今度こそは絶対に続けるぞ!」と意気込んでいても、なかなか続かないのが「運動」です。続けて日常の一部になってしまえば、体を動かさないと気持ち悪くなってくるのですが、なかなかそこまで続けるのが大変です。

思い返せば、「はじめるぞ!」と思って揃えたエクササイズグッズが、あちらこちらに存在しませんか?秋は体を動かすのに最適な季節です。長く続けるための秘策をご紹介します!

①しなければならなくなる秘訣

会社に行く前に、ジムによって、トレーニングウェアと家の鍵をジムのロッカーに放り込んでおきます。こうすれば、帰りに絶対ジムに寄らざるえなくなります!

もし、家の中で運動をしようと思っているなら、カレンダーや予定表を毎日目のつく場所にはり、運動の予定を書き込みます。今日やらなければならない「To Do」リストにしてしまいます。

②気分をあげる秘策

例えば、ランニングだったりヨガだったり、朝起きて運動しようと思っている場合、目覚めの気分をあげることが大事です。寝る前にトレーニングウェアを枕元に準備して、お気に入りの曲をアラームにセットします。

こうしておけば、朝お気に入りの曲で気持ち良く目覚めて、すぐにトレーニングウェアに着替えてしまえば、あなたの脳は自然に運動する気持ちに切り替わってますよ。

③時間を短縮する秘策

エクササイズをマルチタスク化します。例えば、脚をエクササイズして、腕をエクササイズして、次お腹…とやっていると、面倒だし時間がかかります。その動きを一緒にしてしまいませんか?

腹筋を意識しながら、脚のエクササイズをしたり、足と腕を同時にやってみましょう。こうすることで、よりカロリーは燃焼できますし、心拍数も上がるので、いつもの半分の時間で、汗をかき筋肉をつけ、脂肪を溶かしてくれます。

エクササイズに時間がかかると、余裕のある時はいいかもしれませんが、ほとんど毎日忙しいと思います。いろいろ組み合わせて同時に鍛えていきましょう。

④モチベーションを保つ秘策

運動を続けるには、目標が大事だし、モチベーションを保つことが大事になってきます。自分のモチベーションを保っておける、カツをいれるような言葉を持っておきましょう。

「考える前に、動こう!」
「その一休みが、肥満の道」
「汗は脂肪の叫び、全て出し切ろう」
「運動できるうちが花」
「もし今日のエクササイズを怠れば、病気はすぐそこ」

と多少大袈裟ですが、怠けそうになる心に、ガツンを言い聞かせましょう。運動は、「ちょっとだけ」とサボってしまうとあっという間に遠ざかってしまいます。

⑤効率よく時間をつくる秘策

働いていたり、子育てしたり、なかなか自分の時間を作るのが大変な場合もあります。エクササイズの時間を作るために、日曜にはストックおかずを作ってしまいましょう。

野菜たっぷり栄養たっぷりのおかずを多めにつくって、小分けにし、冷凍しておきます。ジムに行った日の帰りは、ついついお惣菜を買ったり、インスタントで済ましてしまいがちです。

せっかく健康的に体を動かしてきたのですから、できれば栄養のある食事をとりたいですよね。また、食事をつくる手間があると、なかなか運動する時間がとれなかったりしまう。料理の時間短縮のために、ストックおかずを作っておきましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント