• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

そこが運命の分かれ道?!ハリウッドセレブの離婚劇から学ぼう!

Date:2012.11.17

最近のハリウッドのビッグカップルの離婚と言えば、トムクルーズとケイティホームズ!セレブの離婚劇はしばしば世間を騒がせてくれます。セレブに限らず、夫婦の危機は、どのご家庭にも一度くらいは訪れるものです。

夫婦の危機を乗り越えて結婚を継続する人、離婚に至ってしまった人とそれぞれです。実際問題、「離婚」は普通によく聞く話で珍しくありません。ハリウッドの離婚劇からも私たちは何か学べるものがあるのではないでしょうか?

1、結婚する前に、相手と自分の人生設計を理解する

ケーティペリー&ラッセル・ブランドの短い結婚生活にはどんな問題があったのでしょうか?本当のところは、本人以外はきっとわからないことでしょうが、私たちはそこから何かを気づくことができます。

例えば、夏休みの計画をたてる時、まず行先を決めます。それから、どこに泊まり何を食べ、どんな名所に行こうかと決めていきます。目的地も決めずに、いきなり車を発進させる人はいませんよね。それと同じことが結婚にも言えます。

どんな人生を歩みたいのか、どんな家庭を作っていくのか、結婚生活に入る前にお互いに話をすることがとても大事です。これは、快適な旅行をするために事前の準備が大事なように、幸せな結婚生活を送るためには必要なことです。

2、相手のサインは見逃さない

「まさかこんな風になるとは思いもしなかった」。これは、ビバリーヒルズ90210で話題のジェニー・ガースが、トワイライトで有名なピーター・ファイネリーと11年の結婚生活を終わらせた時のコメントです。

もし、夫婦喧嘩が終了しても、気持ちにしこりが残っているなら、本当の意味でケンカの原因は改善していません。ただ、彼が喧嘩するのが嫌で降参してしまっただけでしょう。

あなたの夫が不満を言うのをやめたからと言って、不満がなくなったわけではありません。勝手に「万事オッケー」と思わず、きちんと確認しましょう。

3、まずは自分で、それから夫婦のあり方をとる

ケイティ・ホームズは、トムと結婚する前の彼女自身をもっと大切にしていれば、全然違う道を歩んだのではないでしょうか?

2人の結婚は、トム・クルーズが妥協をせず、圧倒的に支配していたので、ケイティ・ホームズがもっと健全な結婚生活を求める余地もありませんでした。これは、私たちにとってとても参考になる例です。

不幸せな結婚生活を継続することを優先するよりも、一個人としての自分を強く持ってください。それから、夫婦としてのあり方を考えていきましょう。

4、感情をコントロールする

ウワサでは、ハイディ・クリルムとシールの離婚の原因は、「激怒」だったそうです。親密な関係では、誰もが相手に対して愛情と安らぎを求めています。

しかし、問題のある振る舞いや暴走がその居心地の良さをすぐにだめにしてしまいます。時間とともに、片方のパートナーが安らぎの感覚を失ってしまい、どんな時でも配偶者に激怒し、恐れや不安を与えます。

このパターンは、お互いの信頼が基から崩れてしまいます。怒りを爆発したり、相手を傷つけたりする代わりに、その強い感情をもっといいことに使いましょう。

5、元パートナーと比べない

ブラッドピットは、前妻ジェニファーアニストンと現パートナーのアンジェリーナジョリーを比べるので大変だったでしょうか?ウワサではそんな風に言われてもいましたが、婚約してからはやめたようです。

この比較をしていると、あなた自身は過去の恋愛のだめだったところをいつまでも引きずることになります。別れの痛みや喪失感をいまだに感じ、あなたが先に行くことを許してくれません。自分のために過去はけじめをつけて、進む意思を持ちましょう。

これは、あなたが過ぎ去った過去をポジティブにとらえ、今ある自分の周りを大事にすることができるようになります。あなたが過去をネガティブにとらえていると、いつまでもその嫌な感情にとらわることになります。

6、他の要因に注意を払う

経済状況・健康問題・子育て・友人や家族関係。家庭を取り巻くものは、夫婦だけではありません。「デスパレートの妻たち」でスターなエバ・ロンゴリアは、NBAのスター選手トニーパーカーと離婚しましたが、原因のひとつが彼女の経済状況だったそうです。

時に人は、膨大な損失を経験する時があります。それは、愛情や家庭さえも奪ってしまいかねません。そうならないためにも、いろんな角度から生活に注意を払って、見ぬふりはせず、おかしなことがないか気を付けておきましょう。

7、パートナーの悪口を外で言わない

アレック・ボールドウィンが前妻キム・ベイシンガーをバッシングしているのが、ゴシップ記事によく書かれていますが、離婚による怒りや悲しみ、不満のはけ口には、プロのカウンセラーやサポートグループを探すのが賢明です。

外でパートナーの悪口を言ってもその時少しはすっきりするかもしれませんが、結局はあなたのためになりません。

もし、離婚は免れない状況だったとしても、この教訓はあなたの感情をコントロールするのに役立つし、状況をさらに悪化するのをとめてくれるでしょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント