• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

現役占い師が語る!スピリチュアルな世界に依存しすぎる女性たち

Date:2013.11.06

自分自身と向き合うためのカウンセリングや心身を癒すヒーリングなど、最近はサロンが増えて気軽にスピリチュアルな体験ができるようになってきました。

目に見えるものだけに囚われないことで、それまでとは違う形で自分と向き合い救われる人もたくさんいると思います。しかし占いとスピリチュアルカウンセリングを職業とする友人は「スピリチュアルな世界にのめり込みすぎて依存してしまう人が増えている」と言います。

ヒーリングやカウンセリングが無い世界が理想?

特別な能力を持つ人でなければ、スピリチュアルなものは「信じていても目には見えないし分からない」という人が多いと思います。目に見えないからこそ、その神秘的な世界に魅力を感じてのめり込んでしまうのかもしれません。

ワラをも掴む思いで足を踏み入れた人はもちろんですが、はじめは「何か変化があればいいな」という軽い気持ちで体験した人でも依存してしまう危険はあります。

だんだんと「これが無いと悪いことが起こりそう」という強迫観念にエスカレートしてしまうケースもあるようです。ひどい人は朝から晩まで何種類ものヒーリングをし続けるような人もいるとか。そんな生活が幸せとは言えませんよね。

「スピリチュアルヒーリングは自分の中のエネルギーのバランスが崩れてしまっている時、自然の力を借りて元に戻そうとするというもの。

カウンセリングもヒーリングも、人間がみんな自分の力でうまくバランスを取れるようになれば必要なくなります。本当はそういうものが全く必要なくなった状態が一番理想的なんです」

と友人は言います。目に見えない力が勝手に自分を幸せにしてくれるのではなく、自分自身で幸せをつかむために助けを借りるという考え方がいいのかもしれません。

占いに依存して身を滅ぼしたAさん

ここで、実際に占いに依存して身を滅ぼした女性の話をご紹介しましょう。占いを希望して来る女性たちの中には、「占いで自分が正しいと証明してほしい」というスタンスの人がいるそうです。

彼女たちは占いで自分の考えを否定する結果が出ると「そんなはずはない!」と何度でも占いを迫ったり、数多くの占い師を渡りあるいて自分の希望通りの答えが出るまで占ってもらい続けるのだそう。

本来であれば自分の中で答えが出ている事をわざわざ占う必要は無いはずなのですが、彼女たちは心のどこかで不安感をぬぐいきれず、誰かに決定的な肯定をしてもらいたがっているのです。

友人の元を訪れたAさんもそんな人の一人でした。彼女は職場の既婚男性と不倫しており、話を聞く限りではお相手に遊ばれているだけのよう。占ってみた結果も「一緒にいても幸せにはなれず、二人の関係には終わりが来る」というものでした。

しかし彼女はもちろん納得しません。どうしてもと頼まれて他にも数種類の占いを試したものの、どれも彼女の望む結果は出ず、Aさんは帰って行ったそうです。

数週間後、友人はAさんと別の占い師が一緒にいるところを目撃します。Aさんは見るからに暗いオーラに包まれていて、全く幸せそうには見えませんでした。

実はその占い師は相手の望むような答えを差し出しつつ「そのためには力のある石を身につけないと!」と高額な石を売りつけるような悪徳占い師だったのです。

Aさんは自分の考えを味方してくれる悪徳占い師の言いなりで、ほとんどマインドコントロールをされたような状態になっていたそうです。一時期はテレビでも話題になった占い師依存ですが、誰にでも起こり得る身近な危険ですのでくれぐれもご注意を。

この記事をシェアする

関連記事