• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

身近にあるもので生活に役立つ裏ワザ一挙に6個ご紹介!

Date:2013.01.11

お金が欲しい、でも今の生活をしている限り、到底増えることはないだろう・・・。まあほとんどの人が宝くじにでも当たらない限り、そんな事をボヤくでしょうね。簡単に増やす事ができないお金も、多少なりとも貯める事はできるのではないでしょうか?

ほんの少しの工夫でも、知らず知らずにそれがコツコツ積み重なって最終的に貯まる。そして貯めたお金を有意義に使う!それが家事での節約術!おばあちゃんは知恵を絞って生活を楽しんでいました。

そんな「おばあちゃんの知恵袋」を最大限に生活に活かしましょう。大事なのは「気軽にできる事」。無理な節約に捉われすぎては逆にストレスになってかえって行為も無駄にになりかねますのでね。

10円玉はバツグンの消臭剤になる!

胴には除菌・抗菌作用があります。ニオイの元となるバクテリアにも効果的です。

靴を脱いだ後、10円玉を3~4枚入れておきましょう!バツグンの消臭力に思わずビックリすること間違いないです!

ファスナーの滑りが悪い時には鉛筆で滑らかに変身!

ファスナーの動きが悪くなった経験ありますよね?実はそんな時は鉛筆が役に立つんですよ。

鉛筆の芯に含まれる黒鉛は、潤滑剤代わりになるのです。ファスナーの滑りが悪い部分や、または鍵の滑りが悪い部分に鉛筆の芯をこすりつけてみてください。驚くことに通りが良くなりますよ。

ろうそくのロウはカビ防止になる

湿気の多い季節は特に私たちを困らせる「カビ」。カビの生えやすいタイルの目地にはろうそくのロウを塗ってみてください。できればゴシゴシと擦りつける感じで。

カビが生えにくくなれば掃除は簡単になるし、わざわざカビ用の洗剤を買わなくてもいいので一石二鳥です。月に一度のペースでやるのが理想的です。

切れ味の悪いハサミにはアルミホイルを

ハサミの切れ味が悪くなったなと感じたら、使い古しのアルミホイルを数枚重ねて、何度も切り刻んでみてください。切れなかったハサミが復活しますよ。

ラップの芯はスカート掛けに変身!

ラップしたアルミの芯にカッターで一直線に切れ目を入れます。それを針金のハンガーにかぶせます。紙筒の丸みのおかげでスカートやパンツの折ジワの防止になりますよ。

窓拭きには新聞紙がベスト

余談になりますが、窓がキレイな人は恋愛運がどうやらアップするらしいですよ(笑)。それはともかく、汚れた窓では一日の始まりもテンションが低くなってしまいます。ピカピカに磨かれた窓を開けたいですもんね。

まずは丸めた新聞紙をぬるま湯で濡らして固く絞ってください。それで拭くのです。最後に乾いた新聞紙で仕上げれば、ツヤが出て汚れもつきにくくなりますよ。

この記事をシェアする

関連記事