• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

男女共に愛される「うさぎちゃん顔」メイクになる3つのポイント

Date:2014.12.01

「愛されメイク」というものは年代によって変わると言われています。つい最近までは「キャットメイク」といって猫のような目を描くことが魅力的であり好まれるとされていましたが、今年は「うさぎちゃん顔」というのが男女共に愛されるメイクとして人気があがってきています。

うさぎちゃん顔といっても、どういうふうなメイクをすれば人気のうさぎちゃん顔になるのでしょうか。初めての人でも簡単にうさぎちゃん顔になるための3つのポイントがありました。

眉毛はほんわり薄い色で仕上げるのがポイント

うさぎ顔メイクの特徴の1つとして全体的に色がほんわかとしている必要があります。なのでうさぎ顔メイクでは眉毛やアイラインをしっかりと入れるのはNGです。

特に眉毛はペンシルなどでしっかりと描くのではなくパウダーを使ってふんわりと仕上げるのがポイントです。

パウダーの場合、綺麗に眉毛のお手入れをしていないとボサボサとした仕上がりになるので、メイクをする前に眉毛はしっかりとお手入れしましょう。以前流行ったような眉頭だけ残すような麻呂眉ではなく形は残し無駄な部分だけお手入れするのがポイントです。

パウダーだけでは不安という人はアイブロウマスカラなどを使うのもおすすめです。

丸チークとは違う、目の下楕円チークでほんのり笑顔

チークもうさぎ顔メイクには欠かせないポイントです。チークというと若い世代は丸く入れるのがまだ流行っているようですが、うさぎ顔メイクは丸チークではありません。

笑っていなくても笑ってみえるようにチークを入れるのがうさぎ顔に近づくメイクです。目の下に楕円のような形でピンクチークを入れると頬が上がっているように見えます。目の下なので濃くつけると違和感があるので、薄く、ほんのりと分かるくらいの色にしましょう。

このチークはうさぎ顔メイクだけでなく、普段のメイクでも使えるので覚えておくと便利です。

うさぎの口を意識してリップは唇中央を重視

うさぎ顔の最大の特徴と言われているのが口です。うさぎも口がかわいいですよね。メイクの場合、口をうさぎのようにするためにリップの塗り方にちょっとコツがあります。

普段、口紅を塗る時はしっかりと輪郭を取って塗りますが、うさぎ顔にするためには唇全体の輪郭をしっかりと描く必要はありません。

唇の両端は薄らとリップを塗り、そして真ん中部分を強調させます。そうすることで口がおちょぼ口のようになりうさぎのような口に見えます。

「全体的にリップを塗らないと気持ちが悪い」と言う人は中央部分だけ少しグロスをつけるなどして唇の真ん中を強調してあげましょう。そうするだけでもうさぎのような口に仕上がります。

色は愛されメイクなのでピンクやオレンジ、赤などがおすすめです。

うさぎ顔メイクは女性受けもOKです!

うさぎ顔メイクは男性だけではなく女性も「かわいい」と感じるメイクです。会社などにうさぎ顔メイクは合いませんが、ちょっとお出かけなんていう時にうさぎ顔メイクをして行くと注目を集めるかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事