• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あなたの周りにもいる!嘘が生きがいの女たち

Date:2013.08.28

身近なところに結構いる、虚言癖

嘘ばかりついていて、どれが本当の話か分からない状態にまでなることを「虚言癖」や「虚言症」と言います。私は今まで生きてきて、3人の虚言癖のある人と関わりました。学校の同級生が2人、職場の同僚が1人。

最初は彼女達の話を興味深く聞いているのですが、だんだん信じがたいような内容が増えてきて、疑問を感じ始めました。そこで調べてみると「嘘をつくことが生きがい、楽しみ」となってしまう人がいるということを知りました。

男性にもいるようですが、圧倒的に女性の方が虚言癖になりやすいようです。最初は嘘をつかれていたこと、自分が信じきっていたことが悔しくて怒りを感じましたが、本当の訳を知ってから色々と考えさせられました。

虚言癖の人がつく嘘

一般的に嘘をつくときは、知られたくないこと、隠したいことがあるときにつくことが多いですよね。相手に嫌われないためにつく嘘が多いと思います。

しかし、虚言癖の場合の嘘は真逆なんです。相手に好かれるため、注目や同情をひくため、自分をよく見せるための飾りのようなもの。つまり「つく必要のない嘘」なんです。

  • 彼氏や親がお金持ち
  • 両親や兄弟と死別している
  • 芸能人と付き合ったことがある
  • 持っている物の自慢
  • 犯罪の現場を目撃した、巻き込まれた
  • 特殊な職業や業界での経験がある

などなど挙げればたくさんありますが、どれも人の興味をそそるような話題ばかり。多くが自慢話や同情を引くための話であって、空想の話です。中には、話の辻褄が合わないことや、自分より知識がある人に指摘されないよう、調べ上げてから嘘をつくケースもあります。

どれをとっても、結果的に自分の首を絞めることになるだけ。彼女達は嘘をつくことで自分の話で場が盛り上がったり、人が信じて驚いたりする様子を見るのが快感になっているのです。

虚言癖を見分けるには

日常生活を生きていて、そうそう大ニュースのような出来事は起こるものではありません。でも、虚言癖の人の周りではそんな大ニュースが日常茶飯事で起こっています(もちろん、その人の中で)。

私が同僚の嘘を見破ったのは、人の死が彼女の周りに多かったことがきっかけでした。彼女の実家の物置で首吊りがあったとか、親を既に亡くしているとか、友人が事故死したとか・・・。

1ヶ月に1人くらいは人が亡くなった話を聞いていました。さすがにそれが何ヶ月も続くと、疑問を感じるようになってきたのです。

話の内容が明らかに不自然だったり、証拠がないときも見極めるポイントに。例えば、彼女の持ち物のどれもが普通の庶民的なものだったのに、彼氏や親に何でも買ってもらえるという話をする人もいました。

「なぜ持たないの?」と聞くと、失くしたくないからとか、盗まれたら困るからという理由でなんとなく府に落ちません。また、高級車に乗っていると話すのですが、その写真も乗っているところも見たことがないということもありました。

証拠が何一つない自慢話は、虚言癖の疑いが掛かってしまいます。

嘘をつく理由って何だろう?

自分を飾るための嘘や、自分に注目して欲しいための嘘、その原因は「心の寂しさ」にあります。

精神的に満ち足りていれば、わざわざリスクを負って嘘をついたりしません。それがバレたときに自分から人が離れていくのは目に見えていますから、次から次へと嘘をつくなんて怖くてできないのが普通。

虚言癖の場合、それすらも厭わないくらいの「自分への注目」が欲しいということです。また、嘘に筋を通す為にある程度のストーリーや自分の生い立ちを計画したりします。調べ物をして、相手に指摘されないように努力することも。

そんな下準備をしてまでも、自分を大きく見せたいという願望が強いのです。従って、幼少期からの環境、親からの愛情などに飢えているケースがあります。心に埋められない寂しさや自己否定感が強く、自分を飾ることでその穴を埋めているのです。

どうやって距離を取るべきか

自分が今まで一生懸命聞いていた話が全部作り話だった場合、怒りの気持ちを感じるでしょう。正直信じていた自分が馬鹿みたいと感じたりもします。でもそれを相手に突きつけてしまうのはNG。

謝罪を要求するという人もいますが、そこまでする必要はないです。とぼけ続ける人も多いですが、中には謝罪し、挫折感を味わってしまうこともあります。他人には虚言癖を治してあげることも、心を埋めてあげることもできません。

深入りしないということが一番で、拒否もせず、感情移入しないことが大事。彼女のために嘘が周囲にばれていることを教えてあげるくらいは良いですが、相談に乗ったりする必要はありません。

冷たいようですが、虚言癖に付き合い続けることは並大抵の苦労ではありません。相談の内容だってどこからどこまで本当なのか、判断できません。放っておけないのであれば、それなりの覚悟が必要になりますのでお忘れなく。

この記事をシェアする

関連記事