• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あなたの嘘は彼にばれない!女の嘘が男に見抜かれない心理とは

Date:2015.02.16

shutterstock_119860195_
あなたは彼に嘘をついたことはありますか?また、彼に嘘をつかれたことはありますか?

こんなことは考えたことはありませんか?

私が彼に嘘をつくのは簡単。でも、彼は嘘をつくのが下手。

これ、実はあなた方だけではないかもしれません。

男と女の嘘つき事情

女は嘘が上手い

一般的に、男性よりも女性の方が、嘘が上手だと言われています。

女性の立場からしてみると、男性が嘘をつくのが下手すぎるのでは、と考えてしまいますが、確かに考えてみると、女性は些細な嘘を日常的に「使いこなして」います。

たとえば、女友達から合コンに誘われたけれど、今回は気分が乗らない、といった時。ただ気が乗らないから行かないと正直に言ってしまうと、次回から呼んでもらえなくなるかもしれません。

こんな時、どう切り抜けるかと言うと「その日先約があって…」と、極々些細な嘘をついたりします。

この嘘で誰かが傷ついたりもせず、また、いつか自分が「その日家で暇だった~」などと言い出さない限りは、絶対にばれることもありません。

女の嘘は「賢く生きる手段」

このように、女性にとって、嘘は人間関係を円滑にする、ひとつの手段。まさに「嘘も方便」なのです。

恋人に対してつく嘘もそうです。

たとえば、恋人に黙って別の男性と遊んだとします。特に問われることがなければ黙っていればいいことですが、恋人からの着信に出られなかったり、ラインの返信が遅れたりして「その日何をしてたの?」と問われたら、あなたはなんと切り抜けますか?

きっと、「ごめん、残業してた」と仕事をしていたことにしたり、「ごめん、友達とご飯食べてた」と、やんわりとちょっとした嘘で誤魔化すのではないでしょうか。

女性がつく嘘は、あくまでお互いの幸せのためについているので、ほとんどの場合罪悪感を抱いていません。だから、あたふたと慌てたりせず、平常心で嘘をつくことができるのです。

男が嘘をつくのはこんな時

男性と女性とでは、嘘のつき方にも性差があります。

女性は人とのコミュニケーションを円滑にするため、あるいはお互いの利益にならないことを隠すために嘘をつきますが、男性は違います。

たとえば、自分をより強く魅力的に見せるために、自慢話に嘘を交えて誇張したり、周囲に弱みを見せないために、嘘をついて強がるということもあります。

男性は、他者よりも自分が強く優秀であると、常に主張しなければならない社会の中にいます。男性の嘘は、自分を飾りたてる道具として使われることが多いようです。

とは言え、この嘘には罪悪感がともないます。ちょっと突いてみると、途端にボロが出るのは、その罪悪感がバックにあるからかもしれません。

女の嘘がばれないワケ

嘘に関する記憶力

女性の嘘がばれないのには、記憶力の良さも関係しています。

嘘のばれ方のひとつとして、「前に言っていたことと違う」パターンがあります。これは、嘘をついていたことをきちんと記憶していれば防げます。

男性は論理的な思考が得意とされ、女性は感情に関係した思考が得意です。嘘には、この人と仲良くしていたい、ばれないか心配、など、さまざまな感情の動きがあります。この感情の揺れが、嘘に関する記憶力を高めているのです。

このため、ちょっとした嘘でも、女性は忘れにくいのです。

会話をしながら嘘を隠す

また、女性の得意なこととして、「複数の作業を同時にする」ことがあげられます。

料理を例にするとわかりやすいのですが、複数のメニューを同時に作るのには、米を炊いている間に野菜を茹で、その間に肉を焼いて…と、複数のゴールに向けて同時に作業を進める、客観性と計画性が必要です。

これは嘘をつき、その嘘がばれないように隠し通す過程でも同じことが言えます。

ちょっとした嘘をつき、その嘘を頭の片隅に置いて会話を続け、その間にお酒を飲んだり食べたりしつつ、嘘に関連した話題になったらまた頭を切り替え、嘘に話を合わせる。複数を同時進行できる脳の作りだからこそ、嘘のボロが出にくいのです。

男の嘘がばれるわけ

「男って、どうしてこう嘘が下手なのかしら?」と不思議に思うほど、女性は男性の嘘に敏感です。

男性は、その場の状況をとっさに読み取り、対応するのが得意です。 ということは、とっさに嘘をつくことも上手そうなものですが、複数を同時進行することが得意ではないので、過去についた嘘を忘れてしまっているのです。

男性は、その場しのぎで嘘をついても、数時間たってその嘘に関係した話をした時に、うっかりとつじつまの合わないことを話してしまったりするので、記憶力の良い女性に「あれ?」と気づかれてしまいます。

また、男性の嘘は自分を誇張する為につくことが多いので、複数の人間に話をしていることがあります。恋人の嘘がめぐりめぐって、彼の友人から真実を知らされる、なんて話、よく聞きますよね?

ばれない嘘のつき方

誰にも相談しないこと

自分の嘘に自信が持てないあなたのために、あるいは女性のように器用に嘘をつきたい男性のために、「ばれない嘘のつき方」のコツをご紹介しましょう。

まず、絶対にばれたらまずい嘘ほど、自分の心の中にだけ抱えておくのが辛くなって、つい誰かに相談してしまったりしていませんか?

ちょっとした嘘なら良いかもしれません。しかし、「絶対に!」ばれたくない嘘ならば、墓場まで持っていく覚悟でいましょう。

特に、男性は先にあげた「自分を誇張して見せる」ために、人に話してしまいがちです。浮気をしたことさえも、男友達に自慢気に語ったりしてしまいます。

しかし、自慢話は人によっては腹立たしいもの。報復として、ばれたらまずい相手に告げ口されてしまうこともあるのです。

人の口に戸は立てられません。嘘は他人に種明かしをしてはいけないのです。

嘘はシンプルに、真実を混ぜて

嘘の失敗パターンとしてよくあるのが、嘘に信憑性を持たせるため、あるいは嘘を隠すために嘘をついて、話を盛り込みすぎることです。

嘘の話は、具体的にすればするほどばれやすくなります。

誰と、どこで、何をしていた、と嘘を並べて信憑性を与えたつもりでも、実際は、その中のどれかひとつでも辻褄が合わないことがわかれば、その瞬間にその話のすべてが嘘だとわかってしまうのです。

上手に嘘をつくコツは、「シンプル」。

「この日何をしていたの?」という問いに対して、嘘をつく必要があるなら、「友達とご飯食べてた」「家で掃除してた」など、シンプルであればあるほど良いのです。

余裕があれば、ここで真実も少し織り込んでいきましょう。

実際に行ったレストランを、男友達ではなく同僚のよく遊ぶ女の子と行ったことにしたり、別の日の残業の内容で「その日は残業してたよ」と嘘をついたり、といった要領です。

すると、真実を語っているのでアラがなく、必要以上に嘘を練り上げることもないので、心に余裕が生まれます。

嘘は必要?それとも悪?

女性も男性も、結局のところ嘘つきです。

ただ、圧倒的に男性が「嘘つき!最低!」とののしられてしまうのは、ただ、女性が嘘をつき通すのが上手だからなのかもしれません。

男女ともに、嘘をつくのには言い分があります。

許せない嘘もありますが、もしお互いのために暴かない方が良い嘘ならば、嘘を嘘のままにしておくのも、幸せに暮らすコツなのかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事