• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性の薄毛急増!薄毛になった時のヘアケア紹介

Date:2013.06.02

最近、弾性だけでなく女性の薄毛・抜け毛が急増しているそうです。それも昔は年齢を重ねた人がメインだったのですが、ここ最近は若い女性の間でも薄毛で悩んでいるという人が増えているそうです。

薄毛のために育毛・発毛のためのケアをしても髪の毛が育つまでにかなりの時間がかかります。そのために増えているのが薄毛を隠すヘアケア商品です。

髪の毛が育つまでの間、少しでも薄毛部分を隠すために使いたいヘアケア商品ですが、どういうものがあってどう使ったらいいのか等、友達に相談することもできず悩んでいる人も多いそうです。

手軽に使えるヘアケア商品にはどういうものがあって、メリット・デメリットはいったいどういうことなのでしょうか。今回は通販やCMでよく見かけるものを4つ紹介します。

スーパーミリオンヘアー

1番通販番組などで目にする商品かもしれません。短い繊維質の粉を頭にかけて専用スプレーで固めるといったもので、いわゆる「ふりかけ」と言われている類のものになります。

髪が薄くなった部分、気になる部分にこの短い繊維をふりかけるのですが、広い範囲にはすぐに隠してくれるのでいいのですが、生え際などには不向きかもしれません。

CMで「汗をかいても大丈夫」といっていますが、汗や水には強い気はしますが、きちんとスプレーがかかっていない部分を触ると、手にべったりと黒い繊維がつくので、使い方に注意が必要です。

アートネイチャーのアートミクロンパウダー

上記の「スーパーミリオンヘアー」に近いのですが、もっと粒子が細かいので粉が落ちる、手につくといったことはほとんどありません。繊維とファンデーションタイプの間のような感じなので、薄毛を隠すの意外に白髪を隠したりすることもできます。

アートネイチャーといったヘアを専門にした会社が作っているので、1番自然には仕上がりますが、広い部分を隠すのにはちょっと時間がかかるかもしれません。慣れるとこのタイプが1番使いやすいということで女性のリピーターがかなり多いそうです。

部分ウィッグ

テレビなどでCMしている頭頂部専用のウィッグです。他の商品と違って髪の毛が確実に増えたように見えます。

以前はウィッグというと境目が目立つのであまり使いたくないという人が多かったのですが、今は自分の髪の毛を隙間に入れたりウィッグ自体が髪の毛にかなり近いので見た目の違和感はほとんどありません。

ただ、ロングヘアの人などには不向きといわれていて、作ってもちょっと古いヘアスタイルの段カットのような仕上がりになってしまいます。

ファンデーションタイプ

髪の毛を増やすというより、地肌を黒くして薄い部分を目立たなくするといったタイプのものです。ファンデーションのようにパフで地肌に塗るのですが、広い範囲に塗ると不自然になるので、分け目が広くなったという場合にはいいかもしれません。

あと生え際の白髪などもこのファンデーションで消えるので、白髪が気になるという場合にも使えます。

女性の薄毛は今や他人事とは言えないくらい身近な問題となっています。特にカラーリングやパーマをかける人は要注意です。

育毛・発毛のケアと一緒にいざという時のためにこういった商品のことを知っておくことも大事かもしれません。

この記事をシェアする

関連記事