• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

要チェック!若い女性に急増中、薄毛・抜け毛の自宅ケアと対策法

Date:2015.04.07

shutterstock_166244756 - コピー

誰しも髪の毛は抜けるもの。新陳代謝の一環で、生まれてから死ぬまで一生同じ髪の毛なんてことはありません。抜けて当たり前、どうせ生えてくるから大丈夫って思っていませんか?

抜け毛、そして薄毛というと、確かに男性や年齢が少し上の女性の問題、そんなイメージがあるかもしれません。でも実はこの薄毛や抜け毛、昨今は若い女性の間でも問題となっているのです。

まだ若いから安心、そうとも限らないのです。誰にでも起こりうる抜け毛、そして薄毛となってしまう原因をしっかりと知って、対策をしてみませんか?

抜け毛が多くなる原因とは?

抜け毛は毎日起こって当たり前のものではありますが、その量が異常なほどであったら、何か原因があるはずです。

髪は、一定の期間を経ると自然に抜け落ちます。そして、抜け落ちたところから、また新しい髪が生えてきます。このくりかえしの周期を「ヘアサイクル」といって、およそ4~6年です。髪は1本1本ヘアサイクルが異なり、脱毛の時期がちがうため、通常は一度にまとめて抜けることはありません。

そのため、一気に髪の毛が抜けるというのは、普通の状態ではあり得ません。薄毛の人はこのサイクルが乱れていて、髪の毛が育たない休止期が長いという可能性が高いのです。

なぜサイクルが乱れてしまうのでしょうか?ここでは考えられる原因をご紹介していきます。

食事の栄養の偏り

無理なダイエットによる栄養の偏りは、身体の健康に悪いだけでなく、髪の毛の健康にも悪影響を及ぼします。

食事で十分に栄養が摂れないと、私たちの身体は、生死に直結しない髪の毛への栄養を後回しにしようとするため、本来必要な栄養素が髪の毛に回されません。

髪の毛の毛母細胞に栄養素が行かなければ、毛母細胞が分裂したり、増殖したりすることが出来なくなります。その結果として髪の毛が育たなくなり、弱くなって抜けるなど、薄毛の原因に結び付いてしまうのです。

ホルモンバランスの崩れ

髪の毛の成長には女性ホルモンが大いに関わっています。その女性ホルモンが上手く分泌されないことで、薄毛の原因となってしまいます。

特に問題として挙げられるのが、卵巣機能の低下です。冷えや無理なダイエットなどで卵巣機能が低下してしまうと、女性ホルモンの分泌が悪くなります。これが更に生理不順などに結び付く他、髪の毛や美容にも悪いのです。

なお、出産によっても脱毛症状が出ることがあります。これは女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンのバランスが、妊娠、出産によって崩れることが大きな原因として知られています。

髪に負担がかかるヘアケア

髪の毛はお洒落の一部として大切な部分です。美しく見せるためにパーマをかけたり、カラーリングしたりと色々とされることでしょう。

でも、その多くが髪の毛や頭皮に負担をかけてしまいます。たまにするくらいならいいでしょうが、毎月頭皮や髪の毛に負担がかかるパーマやカラーリングを繰り返していたら、髪の毛が弱くなり、抜け毛へと結び付いていくのです。

また、ヘアケア製品も同様です。髪の毛を美しく保とうとして使っているヘアケア製品の中には頭皮に負担をかけてしまうものもあります。

シャンプーやリンス、コンディショナーも原因となります。地肌に刺激が強いものを使って炎症を起こしてしまうほか、すすぎが十分でないがために、毛穴が詰まってしまうなどして頭皮に負担がかかり、抜け毛、薄毛の原因となることもあります。

過度のストレス

ストレスは万病の元と言われる通りですが、これは髪の毛にも言えることです。特にここで問題になるのは自律神経の乱れです。

ストレスを溜めすぎて自律神経が乱れると、ホルモンバランスが崩れてしまうばかりでなく、頭皮の毛細血管に十分な血液が行き届かなくなることで、栄養素が行き渡らなくて頭皮が硬くなり、毛が育たなくなってしまいます。

病気や薬によるもの

中には病気の症状として、抜け毛を伴うものもあります。まず代表的なものは、女性に多い甲状腺関係の病気です。甲状腺からは数多くのホルモンが分泌されます。その機能が乱れてしまうことで、ホルモンバランスが乱れ、抜け毛に結び付いてしまうのです。

また、鉄欠乏性貧血も挙げられます。赤血球が身体中に酸素を上手く運ぶことができない、ということは、頭皮にもしっかりと酸素を運べず、頭皮も不健康になります。栄養を毛根に行き届かせることができなければ、髪が不健康になってしまいます。

このほかにも、投薬によって抜け毛を促進してしまうものもあります。抗うつ剤や抗アレルギー剤などの中にも、抜け毛を副作用としているものもあります。

遺伝的なもの

良く薄毛は遺伝するということを聞いたことがありませんか?実はこれは迷信のようであって、本当のことなのです。そして、これは男性だけでなく、女性にもあります。

脱毛症の遺伝子というものがあり、これが遺伝することにより、薄毛になりやすくなるという事実があるのです。ただ、必ず遺伝するものでもありませんし、男性に比べ女性は男性ホルモンが少ないため、男性よりも薄毛になりにくくもあります。

喫煙

タバコは身体に百害あって一利なしというのは、もう常識的なことです。これは髪の毛にとっても同様で、喫煙は抜け毛に結び付きます。

タバコを吸うことで毛細血管が収縮し、それにより毛根に栄養が十分に行き届かなくなってしまうのです。

生活習慣を見直してみよう

抜け毛、薄毛は、病気や投薬治療など、自分ではどうしようもできないこともあります。でも、多くの原因は生活習慣を見直すことで解消されます。

遺伝であっても生活習慣を見直すことである程度改善されるのです。まずは自分の普段の生活を振り返ってみましょう。

規則正しい生活を送る

この慌ただしい世の中では、簡単に食生活が乱れてしまったり、睡眠不足に陥ってしまったりするものです。でも、これらが抜け毛の原因となってしまうのです。

インスタント食品や冷凍食品、ファーストフードばかりを食べていては、カロリーは摂れても栄養不足に陥ってしまいがちです。そして、お酒の飲み過ぎも良くありません。

毎回バランスの取れたものを手作りでというのは、多忙な方には難しいでしょう。そんな方はせめて休日にまとめて日持ちのする栄養価の高いものを作ってみたり、外食の時にもヘルシーなものを選んだりといった工夫をしてみましょう。

また、夜更かしはやめ、しっかりと睡眠時間を確保しましょう。抜け毛の原因となるストレスも睡眠である程度解消されますし、ホルモンバランスにも睡眠が大切なポイントなのです。

喫煙は勿論NGです。少しずつ本数を減らし、最終的には禁煙できるように努力しましょう。

シャンプーは正しい方法で

シャンプーで頭皮を清潔に保つことは大切です。でも、そのシャンプーの仕方1つで、抜け毛が促進されてしまいます。ここでは簡単に、基本的なシャンプーの仕方とそのポイントをご紹介します。

① 自分の肌に合った低刺激のシャンプーを選びましょう。

② 髪の毛を濡らし、シャンプーをしっかりと泡立て、指の腹でマッサージするようにして頭皮を中心に髪の毛全体を洗いましょう。

③ しっかりと隅々まで洗い流しましょう。洗い残しは毛根のつまりの原因となります。

④ リンスをします。髪の毛の先を中心として髪の毛全体につけます。この時頭皮にはつけないように。つけるとシャンプーで綺麗にした頭皮を塞いでしまうことになります。

⑤ リンスもしっかりと洗い流します。洗い残しが無いように気を付けましょう。

髪に負担がかからないお洒落を

髪の毛のお洒落は女性なら誰しもしたいものですよね。でも、過度なお洒落は髪の毛や頭皮に負担がかかってしまいます。

カラーリングはできればしない方がよいです。とはいえ、どうしてもというのであれば、頻度は3か月に1回程度に抑えましょう。また、頭皮についてダメージとなってしまわないように、美容師さんにやってもらう方が無難です。

パーマもあまりお勧めはできません。パーマ液によって薄毛になるということは通常ありませんが、かぶれの原因となったり、頭皮に負担がかかってしまうことには間違いありません。繰り返しかけるのはやめ、パーマ後はしっかりとトリートメントをしてあげましょう。

また、髪の毛をきつく縛ることも抜け毛の原因となります。これは牽引性脱毛症と呼ばれるもので、髪の毛を強く引っ張ることで、頭皮に強く負担がかかり、薄毛の原因となります。たまのポニーテールはOKですが、基本は緩めに縛るように心がけましょう。

身体を冷やさない

髪の毛の健康は血行に深くかかわっています。血流がしっかりと毛根に届くことで、健やかな髪の毛作りが出来るのです。

また、身体が冷えることで自律神経に不調をきたし、ホルモンバランスの乱れに繋がります。これは女性の病気に結び付く他、抜け毛の原因となります。

そのため、冷えは禁物です。

  • お風呂ではしっかりと湯船につかる
  • ひざ掛けや腹巻を利用する
  • ストレッチをする

上記に気をつけて身体を冷やさないようにしましょう。

食べ物で内側から薄毛対策

生活習慣を見直して正していくことで、女性の抜け毛、薄毛は改善します。その生活習慣の中で大切な一つが食生活です。

髪の毛を健康に保ち、育毛を促すためには、髪の毛にしっかりと栄養を行き届かせる必要があります。先に触れたように、身体が栄養不足では、髪の毛に栄養が行きません。

生活習慣を見直した上で、食事に気を付けることは、健やかな髪の毛作りにはとても効果的なことです。何でもバランスよく食べることが抜け毛、薄毛対策にはとても大切です。

日々の栄養満点の食生活に加え、更に美しい髪の毛を保つのに効果的な栄養素を知り、食事に取り入れることも抜け毛、薄毛対策のヒントとなります。これらを含んだ食べ物を積極的に摂ることで、更に髪の毛に自信が持てるようになるはずですよ。

サーモン

焼くだけで簡単に一品出来るお手軽なサーモン。これは食卓の救世主だけでなく、髪の毛の救世主でもあるのです。

サーモンには下記が含まれています。

  • タンパク質
  • ビタミンD
  • オメガ3脂肪酸

強い髪の毛を作るタンパク質とビタミンDが豊富です。また、オメガ3脂肪酸と呼ばれる脂は肌の細胞膜にも含まれており、頭皮と髪の毛を潤わせてくれるものでもあるのです。

くるみ

くるみはオメガ3脂肪酸がたっぷり含まれている他、細胞を紫外線などによるDNAの損傷から守ってくれるビオチンとビタミンEを含んでいます。また、ビオチン不足は抜け毛に結び付くので、是非とっておきたい栄養素です。

牡蛎

牡蛎は亜鉛がたっぷりと含まれています。亜鉛は髪の主成分であるタンパク質を髪の毛に変える手助けをしてくれるのです。例えタンパク質を摂っても亜鉛が足りていなければ髪の毛に変わってくれません。

亜鉛はストレスや禁煙、飲酒など、生活の中で使われることが多く、不足がちです。積極的に摂らないと、薄毛の原因となってしまうのです。

レバー

貧血持ちの人にいつもお勧めの食材として挙げられる「レバー」。臭みがあるからちょっと苦手という方も少なくないでしょうが、レバーは薄毛が気になる方にも非常にお勧めの食材です。

まず挙げられるのが鉄分。この鉄分は貧血に効果があるということで有名ですが、貧血は薄毛の原因の一つです。鉄分は髪の毛に酸素を送るのに必要な栄養素です。

また、牡蛎同様、レバーには亜鉛が沢山含まれています。

鉄分、亜鉛ともに多く含むレバーですが、特にレバーの中でも豚が他のレバーよりも更に両栄養素を沢山含んでいるのでお勧めです。ただ、摂りすぎはビタミンA過剰症に繋がるのでご注意ください。

鶏肉、鶏卵

肉の中でも特にヘルシーな鶏肉は、脂肪も低めで、良質のタンパク質源となります。また、髪に良い鉄分や亜鉛、ビタミンB群も豊富です。

また、鶏卵も同様に髪の毛によい食品です。鶏卵は完全栄養食と呼ばれるほど栄養が豊富で、質が良いタンパク質である上に、ビオチンや鉄分などを始めとした髪の毛に良い様々な栄養素が含まれており、非常に優秀な食品です。

ただ、一つ注意点があります。実は白身にはアビシンと呼ばれるタンパク質が含まれているのですが、これが育毛に効果があるビオチンの吸収を妨げてしまうのです。

これは生卵に限ることで、火を入れれば問題ないので、育毛や髪の健康のためには目玉焼きやゆで卵などにすることがお勧めです。卵かけごはんにするのであれば、黄身だけが良いでしょう。

ちなみに、生卵を大量に摂るのは、このアビシンの働きのせいで、身体に危険をもたらします。髪の為が目的でないとしても、量を取るときには必ず火を通すようにしましょう。

ブルーベリー

目に良いことで有名なブルーベリーは、栄養満点のスーパーフードです。実はこの眼精疲労に効くブルーベリーは髪の毛の健康にも役立つのです。

というのも、眼精疲労は血流を悪くします。疲れ目は目の筋肉を固くしてしまい、緊張状態を引き起こしてしまうため、血の流れが悪くなるのです。髪の健康、育毛には血流が命です。

そこでパソコンなどの使い過ぎで疲れ目を引き起こしてしまわないように注意する一方で、ブルーベリーを摂ると良いでしょう。

また、ブルーベリーはビタミンCを含んでいます。ビタミンCは毛細血管をサポートしてくれ、頭皮への血流を促してくれるのです。健康一般のためにも是非食べるようにしましょう。

家庭療法で外側から髪を健やかに

髪の毛に良い食べ物を積極的に摂り、身体の中から抜け毛、薄毛予防をしたら、今度は身体の外側から働きかける番です。

一番手っ取り早い方法は専門家に頼る、つまり育毛サロンや医者に相談することです。育毛サロンでは薄毛の原因を追究し、それにあった治療を勧めてくれます。でも、ちょっと敷居が高いような気がしたり、金銭面を考えると思いきれない人も多いはずです。

そこで、まずは自分で試してみませんか?ここでは気軽にできる、髪の伸びを促進したり、美しくて強い髪づくりに役立つ家庭療法をご紹介していきます。

卵でヘアパック

大体の家庭の冷蔵庫に常に入っている卵。これと水だけで出来るパックを試してみませんか?

① ボウルに卵1個と水を大匙1杯入れます。髪の毛が長い人は卵を2個、水を大さじ2杯用意しましょう。

② フォークを使って卵を少し泡立てるような感じで良く混ぜます。黄身と白身が良く混ざり、少しふわっとしてきたらOKです。

③ 出来上がった卵液を手に取り髪の毛につけます。毛根に丁寧に付けてから、ゆっくりと毛先の方まで伸ばしましょう。

④ そのまま15分ほど放置します。

⑤ ぬるま湯でさっと髪の毛を流した後、通常通りにシャンプー、リンスをします。

アボカド&はちみつのパック

卵に比べると少し値が張りますが、濃厚なペーストが髪の毛により効きそうなアボカド&はちみつも試してみましょう!

① アボカド1個をボウルに入れ、スプーンなどでペースト状になるまでつぶします。

② そこに大さじ1杯のはちみつと大さじ2杯のオリーブオイルを入れ、しっかりと混ぜます。粒々がなく、滑らかなクリーム状になればOKです。

③ 出来上がったペーストを手に取り、毛根に丁寧にマッサージしながらつけます。その後ゆっくりと伸ばして毛先まで万遍なく伸ばしながらつけましょう。

④ そのまま15分から20分ほど放置します。

⑤ ぬるま湯で髪の毛を洗い流し、その後普通通りにシャンプー、リンスをしましょう。

アロマオイルでトリートメント

スーパーなどで買える手軽なものとはちょっと違いますが、もし香りを楽しむことが好きなら、アロマオイルでのトリートメントがお勧めです。

ここでは薄毛を予防し、育毛を促進することで知られているローズマリー精油を使った家庭療法をご紹介します。

○シャンプー&リンス

①普段使っているシャンプー、またはリンスを用意し、器に入れます。

②シャンプー、またはリンス大さじ1杯ごとにオイル1滴を垂らし、良く混ぜます。シャンプーまたはリンスのボトルにその量分のオイルを垂らし、良く振って使っても構いません。

③普通にシャンプー、リンスをしましょう。毎日使っても差し支えありません。

○ホットオイルトリートメント

① 大さじ3杯のオリーブオイルを器に入れ、ローズマリー精油を5滴垂らし、良く混ぜます。

② その器を湯煎にかけ、人肌くらいの温かさになるまで温めます。

③ 温まったオイルを頭皮にマッサージするように塗ります。

④ そのまま20分から30分ほど置きましょう。できればタオルかラップを頭に巻きましょう。更にトリートメント効果が上がります。

⑤ 普通通りにシャンプー、リンスをしましょう。週に2回ほど行うのが理想です。

気にしすぎず規則正しい生活を

shutterstock_242193832 - コピー色々と抜け毛、薄毛に関してのご紹介をしてきましたが、いかがでしょうか?少しでも参考になれば幸いです。

抜け毛、薄毛は病気や遺伝、加齢など、どうにも自分では解決しきれないものも多くあります。その一方で、やはりものを言うのは日ごろの生活です。

ストレスを解消せずに溜めるだけ溜めてしまい、忙しさで外食ばかり、睡眠不足の日々…そんな生活を送っていたら、髪の毛に影響が出てきてしまっても当たり前ですし、抜け毛や薄毛が解消されることもないでしょう。

逆に言えば、規則正しい生活を送り、ストレスも溜めずに栄養も十分に摂っていれば、病気や加齢にも負けず、遺伝におけるハンデも十分に乗り越えることもできるはずです。

ちょっと髪の毛が抜けてきたということで、神経質になりすぎるのも良くありません。気にしすぎてしまうと、ストレスで抜け毛が増えてしまう可能性が大です。

私たちの髪の毛は一日に50本や100本くらい抜けるのは普通です。ちょっと気になったら、まずは肩の力を抜いて、いつもより食事を気を付けてみたり、髪の毛のパックなどで自分を労わることから始めてみましょう。

ふと気づいたときに、そしてできたら兆候が出る前に日ごろから自分自身と髪の毛を労わる、それが抜け毛、薄毛の最大の対策になるはずですよ!

この記事をシェアする

関連記事