• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

20代も危ない!女性の薄毛「びまん性脱毛症」の原因と対処法

Date:2015.04.29

shutterstock_90741533

女性にとって髪は命!艶やかでサラサラの髪の毛は若々しさや美人の条件でもあります。また、コシ、ハリ、量も髪の美しさに大きく関わっています。

「ハゲ」「薄毛」といったトラブルは男性だけだと思っていませんか?実は、髪が薄くなるトラブルは女性にも多いのです!

20代、30代の若い女性に急増している女性の薄毛「びまん性脱毛症」について、原因や対処法をご紹介します!

「びまん性脱毛症」とは?

男性の薄毛は「男性型脱毛症(AGA)」と呼ばれ最近はテレビCMでもよく見かけるので、知っている方も多いですよね。

一方、女性の薄毛「びまん性脱毛症」はまだまだ認知度が低く、一人で悩んでいると言う方も少なくありません。

まずはびまん性脱毛症がどんなものかを知りましょう。

びまん性脱毛症の症状

びまん性脱毛症の主な症状は以下の通りです。当てはまるものがないか確認してみてください。

  • 全体的に髪が薄くなる、ボリュームが出なくなる
  • ハリ、コシがなくなる
  • 髪が細くなる

今までと比べて、以上のような症状や悩みがあればびまん性脱毛症の可能性があります。

男性型脱毛症が髪の生え際やてっぺんから薄くなっていくのに対して、びまん性脱毛は髪が全体的に薄くなっていくのが特徴です。

髪が薄いと実年齢より老ける

女性の脱毛症は抜け毛と同時に髪のハリとコシもなくなっていきます。頭のてっぺんがぺったんこになり、思うようにスタイリングができなくなってしまうのです。

髪の量が多くて悩む女性からすると「まとまりやすくて良いじゃない」と思ってしまいますが、トップにふんわり感のないぺたっとしたストレートはヘアスタイルを貧相に見せ、肌のたるみやシワを強調して顔を老けさせる原因になります。

また、髪の栄養不足が主な原因となるびまん性脱毛症は、髪をパサつかせたり、ツヤがなくなるといった症状もあります。ボリュームもツヤもなくパサパサの髪だと「生活に疲れているのかな?お手入れをあまりしていないのかな?」と思われがちです。

原因はホルモンバランス

びまん性脱毛症の大きな原因はホルモンバランスの変化です。

女性ホルモンには、下記のような髪を美しく整える働きがあります。

  • 髪にボリュームを出す
  • ハリ、コシ、ツヤを与える

女性ホルモンが不足すると髪が細くなって抜けやすくなってしまうのです。

そのため、女性ホルモンが大幅に減少し閉経が始まる40代以降で起こることが多いのですが、最近では20代、30代の若い女性にも「髪が薄くなった」と感じる方が増えています。

その理由として考えられるのが、以下のようなものです。

妊娠、出産やピルの使用

妊娠中は女性ホルモンが増え、出産後に急激に減少します。それによって出産後はホルモンバランスが大幅に乱れ、髪が抜けやすくなります。

また、ピル(経口避妊薬)もホルモンに働きかけるため、びまん性脱毛を引き起こすきっかけとなります。

どちらも一時的なもので、出産後の脱毛は半年から1年ほどで、ピルの場合は服用をやめることで脱毛がおさまります。

ストレス

ストレスは、ホルモンバランスや自律神経を乱れさせたり、血行不良の原因になります。血行が悪いと髪に必要な栄養が届かなくなり、健康な髪が育たなくなります。

ダイエット、栄養バランスの乱れ

間違った食事制限や栄養バランスの方よりは、栄養不足によって髪を育てられなくなります。また、脂っこい食べ物は血行を悪くします。

ヘアケアやカラーリングのやりすぎ

1日に何度もシャンプーをしたり、洗浄力の強いシャンプーを使っていると、頭皮が乾燥して皮膚トラブルを起こしやすくなり、抜け毛や薄毛が増える原因になります。

また、ヘアカラーやパーマなどを頻繁に繰り返すのも頭皮の負担となります。

ストレスやダイエットなどは誰でも思い当たる項目ですよね。特にダイエットに関しては無理な食事制限をしているという若い女性も多いのではないでしょうか?

びまん性脱毛症の対処法

びまん性脱毛症は普段のヘアケアを見直すだけで改善が期待できるトラブルです。「最近髪に元気がないな」と思ったら、まずは自分でできるケアから初めてみましょう!

頭皮を健康に保つ

年齢を重ねるとお肌が乾燥するのと同じく頭皮も乾燥していきます。若い頃と同じシャンプーでは洗浄力が強すぎます。

肌に優しいアミノ酸系洗浄成分を使用したシャンプーや、女性向けのスカルプシャンプーを選んでみてくださいね。

頭皮のベタつきが気になるのは、乾燥から頭皮を守るために皮脂が過剰に分泌されている可能性があります。洗浄力がマイルドで肌に優しいシャンプーを試してみると、ベタつきが気にならなくなります。

「ふんわり」にはノンシリコン

髪をふんわりさせるなら、ノンシリコンのシャンプーがオススメです。シリコン入りのシャンプーは髪のまとまりを良くする効果があり、ボリュームを出したい時には逆効果です。

トリートメントは頭のてっぺんから付けるのではなく、毛先や痛みが気になる部分だけなじませるようにすると頭頂部がふんわりしてボリュームが出しやすくなります。

女性向けの育毛商品を使う

最近は女性向けの育毛シャンプーや育毛剤もたくさん販売されています。ボトルも育毛剤っぽくなくオシャレなデザインで、見えるところに置いておいても、友達との旅行に持っていっても恥ずかしくないものが多いですよ。

どちらも髪を美しくする、健康的に育てるという目的のものなので、薄毛に悩んでいなくても抜け毛予防や髪をキレイにするために使うのもオススメです。

ちなみに、男性向けの育毛剤やシャンプーや女性向けとは成分もテクスチャーも違い、抜け毛が減るどころか増えてしまう可能性があるので絶対に使わないでください。

栄養バランスを整える

表面に見えている髪は既に死んだ細胞で、髪をキレイにするには今ある髪にどんなケアをするかより元気な髪が生えてくるようにケアするのが大切です。

無理な食事制限や偏った食事はやめて、栄養バランスの整った食事を意識しましょう。髪を作る元となるたんぱく質やミネラル類の他、女性ホルモンをアップさせる食品もあわせて食べましょう。

歳を重ねても健康な髪でいられるように…

shutterstock_206609122 - コピーいかがでしたでしょうか?薄毛で悩んでいなくても、若いうちから頭皮や髪の健康を考えてケアすることはとても大切です。

いくつになってもボリュームのある美しい髪でいられるように、今の髪の状態とヘアケアが合っているか見直してみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事