• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

大好きだと思っていた母親。しかしそれがうつの原因に。母娘うつの実態

Date:2013.01.03

母と娘の関係は家庭によってさまざまですね。買い物や映画に一緒に出掛けたりする仲のよい母娘もいれば、家を出て母親とは連絡も取らない、という関係もあります。

それが仲が悪いというわけではなく、お互いに親離れ、子離れしている場合もあれば、仲がよくないということをお互いに意識している場合もありますね。

お互いにそれぞれの立場を理解していれば、何の問題もないのですが、母親が娘の立場を理解しない、いつまでも自分のモノのように扱う、つまり対等という意識がなさすぎることがあります。

その場合、娘は精神的に負担を感じるようになることがあるのです。それがひどくなると、うつ状態になることも。精神的に病んでいると感じている場合、その原因が母親だったということもあります。あなたの親子関係、大丈夫ですか?

注意したい母親のこんな言葉

娘をうつにさせてしまうのは、母親の支配と言われています。母親本人に支配している意識がなくても、娘にとっては母親のいいなりになっている、と感じていることがうつの原因になることもあります。

例えばこんな言葉。「私がいないとあなたは何もできないのね」「私がしてあげるからあなたはしなくていいわ」「あなたなんかにそんなことができるはずないじゃない」「私はあなたをとても頼りにしているの」「私とあなたは同じね」「あなたはお母さんの言うことを聞いていればいいのよ」…。

これらの言葉は娘を支配している、自分の思い通りにしたい、という母親の言動です。このような言葉を毎日ように聞かされる娘は、「自分はお母さんなしでは生きていけないんだ」と思うようになってしまうのです。

母親の支配から逃げられない娘

知らず知らずのうちに母親からのマインドコントロールを受けている娘は、最初は何とも思わずにそれに従っています。その方が楽な場合もあるでしょう。しかし成長とともに、自分の意志や思いがすべて母親の支配のもとにあることに気付くのです。

子どもの頃から頼りにされている、母親から嫌われたくない、自分は母親の誇りだ、という思いを刷り込まれている娘は、常に母親の顔色をうかがうようになります。

それが我慢できなくなっていくのです。母親の決めつけにイライラし、反抗したくなるのですが、どうしてもできない、それがうつへとつながってしまうのです。

こんな症状は母娘うつかも?

母親の言動にイライラする、現在の自分は本当の自分ではないと思う、常に緊張し息苦しさを感じる、自分が無理をしていると感じる、自分の感情を抑えていると感じる、母親の顔色をうかがうクセがついている、母親の存在が重荷と感じる、自分のことは母親がすべて決めている、母親に1度でも反抗した後に強い罪悪感がある、自分の未来が見えない、などという症状があるようなら、母娘うつかもしれません。

取り返しのつかないことにならないうちに、そこから抜け出す努力をしましょう。

母親から離れてみる

まずは近くに母親がいない状況をつくり、母親から離れてみましょう。できるなら一人暮らしをする、くらいのつもりが必要かもしれません。一緒にいると、どうしても母親は娘に固執します。母親が自分に指図できない環境を作り、自分を見つめなおすことが大切です。

そして、母親がいなくても、自分は一人で生きていけるのだ、という自信をつけましょう。そうしないと、本当に母親が嫌いになってしまいますよ。それに、自分の人生ですから、いつまでも母親のいいなりになっていいのだ、ということを理解していきましょう。

この記事をシェアする

関連記事