• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

手もと注目!手タレのような美しい手になる5つのハンドケアのこと

Date:2014.05.19

ものを受け渡すとき、お茶を入れて差し出すとき、スマホを持つとき…意外と人の視線はあなたの手に集まります。

顔だけきれいに手入れしてメイクをばっちりしていても手もとはガサガサ擦り切れだらけ、マニュキュアの剥げた爪など、そんな手では女子力が下がってしまいます。

日ごろ気をつけたい美しい手になるための5つのTIPがアメリカのサイトにでておりましたので参考にしてみなさんと一緒に見ていきたいと思います。

手タレの友達に手を見せてもらいました!

昔、ひょんなことから知り合った手タレ(手専門のモデル)の友達から、間近でその手を見せてもらいました。女性の私が見てもその透き通るような美しさにウットリでほれぼれするほどでした。

彼女は日常、季節を問わず(夏場でも)長手袋をしており、料理や水仕事は一切しないと言っていました。

もちろん顔並みのエステを手にも施しており、手に対して大変な気の遣いようはまさにプロ意識をうかがわせるような感じでした。同時に仕事柄とはいえ、本当に大変だなあと思いました。

私たちもそこまでやらないと美しい手を維持することはできないの?というとそうでもありません。普通は毎日、顔のスキンケアーをするときに…また、日常でもあなたの手にもちょこっと気を遣うだけで、今までのあれた手ともさよならできると思います。

アメリカのヘルシー情報サイト ”MindBodyGreen”に「あなたの手の自然な美しさを保つための5つの方法」というTIPが出ていました。こちらを参考にしてどんなケアー方法があるのか見ていきましょう。

1.日常化した爪の飾り立て(マニュキュア)のスキップTIPではマニュキュアをするのをスキップしてくださいという言葉が目につきました。マニュキュアは爪を保護してくれる役割があるので心なくダメとは言えません。爪を傷める原因はどちらかというとマニュキュアを落とすためのリムーバーにあります。

結局マニュキュアを落とす頻度が多いのであれば、マニュキュア自体を避けるのが得策ですね。また今流行のジェルネイルはもともとの健康的な爪を衰えさせる可能性が大です。

普段の爪の手入れは余分な甘皮を除いてキューティクルオイルをつけて保護しましょう。爪も乾燥し、ひび割れすることがあるのでこのようなお手入れで防止できます。

2.もちろん手にも潤い→保湿→潤い手も顔と同じく露出度が高いので、顔の肌と同じくスキンケアーが必要なのはみなさんもご理解いただけることでしょう。特に手にも保湿が大事です!

保湿の仕方はモイスチャーライザーを塗るというものが挙げられますが顔につけるものと同じものではなく違ったものにしましょう。

最初、手を清潔にし、化粧水でパッティングします。このことでクリーム成分の吸収がよくなります。そしてハンドクリーム用のモイスチャーライザー(クリーム)をつけます。このTIPではワセリンをおすすめしています。

水仕事をしたあとなど、たんびにハンドクリームを塗っておく、寝る前はワセリンを塗って手袋をして8時間保湿をキープ、これを徹底してやってみてください。

3.手にも日焼け止めは必須日焼けは手の肌も老化させます。外出時は顔だけではなく手にも日焼け止めクリームをつけましょう。手の皮はあなたの目の周りの皮膚と同じく薄いのですぐに紫外線が皮膚の内部に届いてしまいます。

日焼け対策をして手に、しわや茶色い斑点がでるのを防止しましょう。最近ではUVカットのハンドクリームも発売されています。

4.爪の切り方によってスマートな指に…爪の切り方によって指が長く見えます。丸く切るラウンドカットよりも爪の先がストレートに見えるフラットカットにするとスラッとした指に見えます。

5.手や爪がいつもと違うと気付いた場合、病気の可能性がある!?いつもマニュキュアを塗っているので気がつかなかったけれど、マニュキュアを落としてみると黒い筋のようなものが爪に出ていたのを発見!これは何かというと悪性黒色腫という皮膚がんの可能性を示しています。

これは皮膚がんの中でもタチの悪い病気です。このように普段みられないようなものが手や爪に出てきたら病院でボディーチェックすることをすすめています。爪は免疫力の低下や栄養失調を物語るパーツです。その兆候を無視しないようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事