• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

髪の質が落ちた!そう思ったら取り入れたいヘアケア方法

Date:2013.05.07

女性ならいつまでも美しい髪でいたいと願うはず。でも、正しいヘアケアをしている人がどれくらいいるでしょうか?美容室にいけばありとあらゆる方法で美しい髪にしてもらえるかもしれませんが、それも普段のヘアケアあってこそです。痛み過ぎた髪は修復できません!そうならない為に正しいヘアケア方法をご紹介しましょう。

自分の髪質を知っておこう

正しいヘアケアを実践するにも、自分の髪質を知っておかなければ何を使っていいかわかりませんよね?シャンプーにもたくさん種類があるので、自分に一番あったものを使うようにしましょう。

髪質を調べる前に、ノンシリコンタイプのシャンプーで丁寧に髪を洗ってコンディショナーやトリートメントをせずに乾かしてください。これによって、本来の自分の髪の状態を見ることができます。この状態で診断していきましょう。

まず、髪の硬さを調べます。髪をひとつまみしたくらいの束で輪っかをつくり、上部を指で押してみます。この反発力で髪の硬さがわかります。比較するものがないのでわかりずらいですが、判断できない場合は美容師さんに相談してみましょう。

次に水分量を調べます。霧吹きなどで髪に水をかけ、この水分がすぐ吸収されてしまった場合は乾燥が進んでいる髪。逆になかなか吸収しないで水が滴り落ちたら油分が多い髪。また、髪が傷んで枝毛になっていたりすると滴ることがなく水も吸収されません。

この場合は修復不可能なので、切るしかありません。硬い髪用、柔らかい髪用、しっとり用、さらさら用など自分の髪質にあったシャンプーを選びましょう。

シャンプーが重要!

ヘアケアで一番大切なのがシャンプーです。正しいシャンプーをマスターして美しい髪を目指しましょう。シャンプーの前に絡んだ髪をとかします。その後、熱めのシャワーで洗い流します。この時、髪の殆どの汚れが落ちると言われています。

シャンプーコストも考えて念入りに洗い流しましょう。また、ロングヘアーの人がやりがちなのが下を向いて洗う行為。これがよくありません。下向きになると髪が逆毛になって汚れが落ちにくくなります。必ず上を向いて洗ってください。

お湯でよく髪を洗い流したら、いよいよシャンプーです。シャンプーはつけすぎず、手に取って少し泡立ててから髪につけて洗ってください。爪は絶対立てずに指の腹でマッサージするように頭皮を洗います。頭皮を洗ったら毛先の方へと下がっていってください。毛先部分は傷んでいたり絡みやすいので、揉むように優しく洗いましょう。

シャンプーがすんだら、洗い流します。この洗い流しが重要で、シャンプーが残らないように念入に洗い流します。洗い流しが不十分だと、フケやかゆみの原因になりますのでシャンプーの2~3倍の時間をかけて洗い流してくだい。

コンデショナーとトリートメント

洗い流しが終わったら、いよいよコンディショナーやトリートメントをしますが、それぞれの効果について少しご説明します。コンディショナーは髪の外側にコーティングをして、洗い上がりのきしみなどを軽減してくれるものです。

またトリートメントは髪の内側に浸透して補修をするものなので、それぞれ使い方が違います。よくシャンプーとコンディショナーがセット売りしてるのを見かけますよね?

トリートメントを使わないのであればそのまま使っていいと思いますが、トリートメントと併用するのであれば使う順番に注意しなければいけません。コンディショナーの後にトリートメントをしてしまうとせっかくの成分が浸透しなくなってしまいます。

トリートメント→コンディショナーというような順番で使用しましょう。または、トリートメント使用時はコンディショナーは使わなくていいと思います。

トリートメントの効果を上げる為に

シャンプー後のトリートメントは、時間をかけて浸透させたほうがより効果があります。ここでも、注意したいのがトリートメントをつける場所です。トリートメントによって違いますが、補修目的で使うことが多いですよね?補修したい場所につけるようにしましょう。

頭皮や痛んでいない健康な髪の場所につけてしまうと逆に傷んだりフケの原因になります。補修したい場所にトリートメントをつけたら、蒸しタオルで温めます。お風呂にゆっくり浸かりながら浸透させて下さい。温めることで浸透力がアップします。または、洗面器に熱めのお湯をため、浸しながら浸透させる方法もあります。

濡れた髪のまま放置しない!

お風呂上がりに濡れた髪のまま寝たりしてませんか?髪が絡んだりフケの原因になります。必ず乾かすようにしてください。ドライヤーをするときは、頭皮部分→毛先の順番で乾かします。

乾燥が気になる時は頭皮部分はちゃんと乾かして、毛先部分は8割程度にして自然乾燥でも大丈夫です。美しい髪を維持するために一度試してみてください。

この記事をシェアする

関連記事