• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自分が浮気相手にならない為の6つの心構え

Date:2012.12.08

もしも、あなたが浮気相手になったら?不倫なんて自分には関係のない世界、浮気相手になっている人の気持ちが分からない、と思っていても、気づけば泥沼の不倫関係から抜け出せなくなることがあります。

きっとアラサー&アラサー女子のあなたなら、一度や二度は、そんなお誘いもあったんじゃないでしょうか?パートナーがいるにも関わらず、あなたにも言い寄る浮気男にははっきり「NO!」をつきつけましょう!

女性の中には、既婚者との恋愛を繰り返したり、彼女のいる相手ばかりに惚れてしまう人がいます。しかし、そんなタイプの女性とは別に、不倫や浮気とは無縁と思っていたにも関わらず、その関係にのめり込んでしまう普通の女性が結構います。

筆者の周りにも既婚者との恋愛に走ってしまった人達がいますが、皆今まではそんな関係とは無縁で、結婚を普通に望んでいる人ばかりでした。しかし、そういう真面目な女性ほど、一度はまってしまうと泥沼化してしまうことも…。

結婚したいと思っているアラサー&アラフォー女子には、不倫や浮気にはまって無駄に何年も過ごす時間はありません。そんなお誘いには、はっきりとお断りをしましょう。

次の6つは浮気相手になった場合、あなたに降りかかる災難です。これを甘んじてまで、そのタブーを犯しますか?

1、婚期を逃す

不倫の関係に陥った場合、確実に婚期は逃します。不倫相手は、家庭がうまくいっていないことが多く、「妻が冷たくなった」と言ってきます。その為か、不倫にはまった女性は、不倫相手に誠意を尽くそうとします。

なので、不倫相手に隠れて、結婚相手を探そうとしたり、他の男性とデートすることに罪悪感を感じます。最初は既婚者だからと遠慮していた相手の男もどんどんあなたを束縛します。結果、婚期はあっという間に過ぎ去っていきます。

2、相手にとっては一度の過ちに過ぎない

既婚者にとって、大事なのは自分の家庭です。既婚者があなたを誘ってきた場合、100パーセント家庭を壊す覚悟はありません。つまり、「あわよくば、一度お願いしたい」と思っているのです。

相手がどんな言葉でくどいてこようとも、「一度できたらラッキー♪」ぐらい軽いお誘いなのです。それが本当の一回こっきりで終わるのか、その関係がずるずると続いてしまうかだけです。

3、暇つぶしでは終われない

そんな軽いお誘いに、「今は彼もいないし、暇つぶしにいいかな~」と乗ったら大変です。暇つぶしでは終われなくなるからです。不思議なもので、自分の思い通りにいかない、叶わない恋愛ほど、相手にのめり込んでしまうのです。

暇つぶしだったはずなのに、相手の時間に合わせて、会えない時も待つだけの時間も気持ちも縛られた不自由な人生になっていくのです。

4、結局は1番大事ではない

たとえ相手が「あなたを一番愛している」といったところで、一番大事なのはあなたではありません。もし、こんな言葉に惑わされるようでしたら、こう想像してみましょう。

例えば、大きな災害や事故が起こった時、彼はあなたのそばにいてくれる人でしょうか?一番最初に連絡をしてくれるでしょうか?あなたを探しに来てくれるでしょうか?答えは簡単ですね、きっとあなたもわかっているはず。

5、友達が減る

不倫している女性は、交友関係がどんどん狭くなっていきます。まず自分の恋愛について、語ることができません。訳ありを知る数少ない友人だけが話せる相手になります。

また、不倫相手の都合を優先するため、友人の約束を簡単にキャンセルしたりするので、友人が減ります。また、既婚者の友人が増えだすと、あなたの不倫は嫌悪感の対象に変わり、数少ない友人も疎遠となります。

同じような訳あり恋愛の友人ができたところで、お互い相手の幸せなど望んでいません。

6、自分が大切じゃなくなる

そうこうしているうちに、自分をすり減らし、自分を大切にできなくなってきます。

この記事をシェアする

関連記事