• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

‘浮気’は男性の「甲斐性」の内?それとも「性分」なの?

Date:2013.12.26

男性の‘浮気’は身体的や心理的な必要性があるから止められない?

‘浮気’と言うと「男性が浮気をして、女性が裏切られる」という構図が定着している感がありますよね?

実際、海外の社会心理学の学術誌に掲載された‘科学的’な実験によると、男性は女性よりも性的欲求に対して衝動的な行動を起こす確率が高く、それにより自己制御が不可能になり易いという事なのです。

要するに、男性は魅力的な女性を前にすると見境が無くなってしまうということの様です。それでも、女性の中にも浮気する人はいるし、男性と女性ではそんなに自己コントロールの能力に差が有るのか…?というのも何となく疑問が浮かびます。

では、なぜ男性は一人の女性だけでは満足せず他の女性と浮気をするのでしょう?

確実に子孫を残す為?

一番の理由はやはり、古代から人類が繰り返してきた「自分の子孫を残す」という‘男性の使命感’が考えられます。

昔は医学も発達していなかったので、妊娠や出産で命を落とす女性も現代より多く、そして子供も「7つまでは神の子」と言われる程、乳幼児の死亡率も高かったので、確実に子孫を残す為には、「より多くの女性達との間に出来るだけ子供を儲けなければならなかった」というのが男性が主に浮気をする原因といえるのです。

一夫一婦制がそもそも浮気の原因!?

よって、「大奥」のような、いわゆる男性の‘ハーレム’を昔はワザワザ作り上げた訳ですが、あるアメリカの社会学者は、「一夫一婦制が浮気を助長していて、そもそも結婚を2年以上し続けていると、男性は妻に性的興味を失い自ずと他の女性を追い求める事になる」と一夫多妻制および浮気を認める夫婦関係をと言うかなり極端な発言さえしているのです。

確かに、男性ホルモンのテストステロンは脳の自己コントロール機能を損なう働きも有り、よって男性は奥さんや彼女の前でも自動的に魅力的な女性に焦点を合わせてしまうそうなので、よって浮気心は男性の‘性分’と言ってしまっても言い過ぎではないのかもしれません。

それでも、一夫多妻制ではあまりにも時代錯誤でそして男性にだけ有利であって、女性にとってはとても納得のいくものではありません。

浮気の動機は性的欲求だけではありません

子孫を残そうとする義務感、性的欲求を満たす為、そしてテストステロンの作用など、考えられる主な男性の浮気理由を挙げてきましたが、実は男性にとって、一番重要な要素が浮気にはあるようなのです。

女性にとってセックスはパートナーとの愛情を確認し、お互いの関係を円滑にする大切な行為。勿論これは男性にとっても同じでもあるのですが、男性にとってセックスという行為は自分の自尊心あるいは自信と直接繋がっている様なのです。

よって、‘より多くの女性達と関係を持つ=より自分に自信が持てる’という事が言えるそうなのです。

これは、仕事や社会的活動である程度の功績や地位を得て、明らかに既に自尊心の高い男性でも変わりは無く、女性との関係で得られる自信はまた「別物」の様です。この事からも、男性達は心理的な理由からも‘浮気をする’と言えそうです。

うーん、何となく男性に浮気を止めさせるのは‘不可能’に近い事が分かってしまいました。でも、これで私達女性がなぜファッションやメイクで「違う自分」あるいは「より美しい自分」を作り上げるのに熱心なのかが何だか理解できますね?

この記事をシェアする

関連記事