• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

浮気は出来心?男も女も浮気性は治らない病気だという事実

Date:2012.10.30

浮気って、どこからが浮気なんでしょうねぇー?「2人っきりで会ってたら浮気」というカタい方もいらっしゃれば、「身体の関係がないなら友情。あるなら浮気」という身体至上主義の方もいて、「浮“気”って言葉通り、気(=ココロ)を持ってかれたら浮気だ」というブンガク的な見解を持つ方もいらっしゃるわけで。

浮気の境界線は数あれど、これだけは言えます。それは「浮気性は治らない病気である」ということ。これをキモに命じて、「不治の病・浮気“症”」に罹っている人への対処法の参考にしてくださいね。

分かっているのに・・・・を繰り返す

気の迷いで浮気してしまうことは、ある!と思います。もちろん許されることではないけど、魔が差すって瞬間は誰にでもあるだろうし。浮気経験の有る無しは、チャンスがあったか無かったかの違いだけなんじゃないかと。

だってだって、絶対に誰にも気づかれない知られないバレないチャンスが目の前に転がっている時、それでも正気を保てる人というのはかなり少ないでしょう。んもーむしろ、そういう少数派の選ばれし「正しい人」だけで小さな国を作っていただきたい。

きっとスバラシイ国になるはずだ!そして国連を引っ張っていただきたい!!でもその人の次の世代も「正しい人」として生まれ育つとは限りませんけどね・・・・・。

と、ここで言いたいのはそういう「魔がさして」浮気しちゃった人ではなくて、何度も浮気を繰り返してしまう浮気が止められない人のこと。例えば、ダメだと分かっているのに相手が悲しむと分かっているのに浮気しちゃう人だとか、ついつい何股もかけちゃう人だとかという「浮気性」な人々のこと。

分かっているのに同じことを繰り返しちゃうって辺り、ギャンブル中毒とかアルコール依存に似ていますよね。そう!“浮気性”というのは、治らない病気なのです。

浮気性な人々

浮気性な人々を観察していたら、いくつかの共通点があることに気付きました。

  • 恋愛至上主義
  • ブレーキをかけられない(欲望に弱い)
  • 自分の非を相手のせいにする
  • 浮気の原因は相手にあると信じている
  • 「浮気しちゃう自分」が嫌いじゃない、というかむしろ好き

彼ら彼女らは、浮気発覚直後は「もう二度とやらない!」って本気で決心しているんですよ。でも欲望に弱いから、同じことを繰り返してしまうし、ブレーキがかけられない。

そして心のどっかで、その原因が相手にあると考えているところがあったりして。「誘ってきた方が悪い」「浮気してしまったのは、彼氏(または彼女)が自分を満足させてくれないからだ」とかね。

でもって恋愛至上主義者でモテることをアイデンティティにしているから、相手のことが好きじゃなくても、モテているという状態を味わうためだけに浮気しちゃうこともあるのです。そしてそんな風に「モテてしまう自分」が嫌いじゃない、というかむしろ好き。ラブ!

頑張らないことも大事

そういう恋愛至上主義な浮気性の人と付き合っている多くの人は、「あの人を変えられるのは自分だけ」なーんて頑張っちゃったりします。「100%の満足を与えてくれないから」って言われた言葉を真に受けて、120%の恋人になろうとシャカリキになっちゃうのです。

が!言っておきます。たぶんあなたが150%満足させる恋人になろうとも、浮気性の人は浮気をします。浮気するヤツは、相手がどうあれ浮気するのです。

あなたが120%になれば次は150%を求められるし、150%になれば次は更にその上を求めてきます。そういう人を相手に頑張ってみても、疲れるだけ。相手が浮気性だと気づいたら、もうそういう文化に生きている人なのだと思ってあきらめましょう。頑張らないことも大事ですよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント