• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「浮気をするならこんな人と」男と女の浮気に対する意識の違い

Date:2013.04.17

特定の恋人がいてもつい他の異性がまぶしく見える瞬間は誰にでもあります。時にはそのままその人と深い関係に落ちてしまうことも長い人生のなかではあるかもしれません。

しかし、その「浮気相手」ですが男性の場合と女性の場合、求めるものが大きく違うようです。

居心地か意外性か

男性の場合、浮気相手には「居心地の良さ」を求める傾向が強いのです。自分の妻や恋人は長い間一緒にいた結果として、共有するものが多すぎて嘘がつくにくく、自由も少なくなります。

「今夜は彼女の友だちの結婚式二次会」「日曜は午後から家の買い物にいかなきゃいけない」などと相手の予定で振り回されることも増えます。もちろん愛に満ち溢れているうちはそれもよろこびでしょうが、時が過ぎると束縛に感じます。

そんな矢先に他の女性からアプローチがあったら…。しかもその女性は男性を縛らない、一緒にいる時間を楽しもうとするタイプだったら、もう言うことはありません。

男性にとって「自分勝手」こそが至福の時間です。それを実現させてくれる女性を理想の浮気相手と思えます。

一方、女性は男性に「意外性」を求めます。普段は楽しいおしゃべりな男性が自分にあけ、そっと内面の悩みを見せてくれた時、あるいはぐっきらぼうでガサツな男っぽい人が自分に優しくしてくれた時などにドキドキ感を覚えます。

そんな「私だけに見せてくれる一面」がある男性に魅かれてしまいます。しかし、全体的な判断では今の夫や彼氏の方が勝るわけですから、やはり浮気相手としてお付き合いをする傾向があります。

外見は

男性の場合、浮気相手の外見は重要だと言います。少なくとも本命よりはプラスでないと意味がありません。また外見が今の彼女、妻と逆のタイプを魅力的だと思うそうです。

例えば地味で大人しい妻、それは内助の功を望むには格好の相手ですが、浮気相手の彼女は華やかでいてほしい、というのです。

女性の場合は、浮気相手の外見をさほど気にしません。ただし「油っぽいオジサン」はNGだそうですが、これは浮気相手でなくても共通な意見でしょう。男性よりも明らかに浮気相手の外見のハードルが低いのが女性目線です。

お金持ちか貧乏か

男性の場合は浮気相手の経済力は気にしません。そもそも浮気をするなら、時間とお金と体力に余裕がないと叶わないことなので、自分にそこそこ支払能力があることが浮気をする前提です。

しかし女性の場合は真逆です。浮気相手と割り勘デートなんて冗談ではありません。食事やホテル代まで自分持ちならば、わざわざ浮気などしない、と思うでしょう。少なくとも本命の相手より、自分を女として扱ってくれる男性に魅かれるのです。

浮気のままか本命にジャンプか

男性は往々にして変化を望みません。浮気相手が物分りのいい女性でいるうちはいいのですが「奥さんと離婚して」「もっと会いたい」「彼女とは別れて」と自己主張をはじめると途端に引きにはいります。変化をすることが面倒なのです。

しかしこれが女性だと、浮気相手と会う回数が増えるうちに本気になります。そして今の彼や夫よりこの人と一緒にいたい、と思うようになってしまうのです。

しかし、気をつけてください。時間が経てば浮気相手との恋も冷めて、失ったものの大きさに気付くかもしれないのです。しかも浮気をするような人はやはり病気と同じで繰り返します。

これは男女ともに言えることですが、女性が損をしたり傷つく場合が多いのです。どうか、浮気をするなら本気にならないように、そして誰にも知られないように。

この記事をシェアする

関連記事