• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼の浮気はこれで見抜く!疑心暗鬼の心を楽にする気持ちの切り替え方

Date:2016.12.08

shutterstock_21323674
「もしかして、彼は今浮気している・・・?」

女性はふとよぎった疑惑をかき消す為に、様々な罠をかけますが、わざわざ彼を調査しなくても見抜く方法はあります。

「ねえ、浮気してるの?」と聞けば、彼は大方「してないよ」と答えるでしょう。

そこで「ああ、やっぱり私の考えすぎだな」とか「でもやっぱり怪しいな」と浮いたり沈んだりするのではないでしょうか?

そこで今回は、彼に浮気疑惑が浮上した時、身辺調査せずに彼の嘘を見抜く方法をご紹介したいと思います。

見抜く為の心構えから、見抜いた後の身の振り方まで、彼の浮気についてとことん深く追求してみたいと思います。

1:浮気を見抜く為の心構え…彼を人間として許せるかどうか

彼が浮気してるかもしれない…と思うと、いてもたってもいられないものです。怒りや悲しみ、孤独感、焦り、もしかして自分が何か悪かったんじゃないか…。

しかし、慌てて今から何かしようとしても、彼がすでに浮気してしまっているのなら、もう後の祭り。

今はしていなくても、これからするかもしれませんし、それを止める術はありません。

浮気は裏切りでしょうか。よく考えて見るとそれはちょっと違うような気がします。

例えば、いつも一緒にいる親友とご飯を食べに行きますが、昔の同級生とたまに遊びに行くこともあります。

男性は、自分の浮気に関しては、そのくらいの気持ちでしかありません。

「彼女を困らせてやろう!浮気をして裏切ってやろう!」とは思いません。そんなんだったら、もう別れています。

男性にとって、彼女ではない女性と関係を持つことは、浮気というより遊びです。浮気というのは、心まで完全に奪われてしまうことを意味するようです。

たまには別の店の料理が食べたいなあ…そんなところでしょうか。

いつもの店の他に、新規開拓したい、と思うことは、そんなに悪いことではないのかもしれません。

いろんな女性を試す必要がある?井の中のカワズで終わりたくない

例えば、生まれてこの方ほかの女性と付き合ったことのない男性がいて、そんな人と付き合ったとします。

一途に愛してくれますが、ほかの女性と付き合うとはどういうことなのか知りません。

一途に愛してくれるということはいいのですが、ひとりの女性しか見えていない、というのはとても重たいことだと思います。

外に出れば、半分は男性、半分は女性なので、いろんな人と関わって経験を積むことで成長していけるのですが、「もう君しか見えない、ほかの女性はどうでもいい!」というのは、あまりにも偏っています。

女性は、自分の彼がほかの女性と仲良くしているとヤキモチを焼きますが、むしろどんどんほかの女性とも話をしたり、関わりを持ってくれないと、辛くなるのは彼女本人です。

問題はバランスで、ほかの女性と仲良くしすぎてもいけないし、かと言って彼女ばかりでもいけない。

女性経験は1人だけではいけないし、そのためには違う女性も試してみなければならない。

たくさん試した女性の中で「やっぱり君がいい!君が一番ぴったりだ!」と言われることが、良いカップルと成りうるのだと思います。

許す?許さない?男としてではなく人間として許せるかどうか

浮気しない男なんていない!なんて誰かが言いましたが、精神的なちょっとした浮気(あの子かわいいな、と思うくらい)まで数えたら、確かにみんな浮気するものだと思います。

そこから実際に実行に移してしまうかどうか、というところが女性としては問題なのですが、男は多かれ少なかれ浮気する、と仮定した上で言えば、どういう気持ちで浮気したのか、というところが最大の焦点です。

例えば、浮気した先の女性に「俺の彼女、いつもひっついてきてウゼエんだよ」と愚痴っていたり、彼女の友達だと知りながら手を出して「あいつよりお前の方が好きだから」と嘯いていたり。これは悪質な浮気で、裏切り行為です。

しかし、たまたま友達と合コンに行った先で知り合った子と、一晩だけ一緒になったとか、風俗に行った、というのは、一時的な気の迷いと考えられます。

男性としては浮気したけれど、「人間として裏切ったかどうか」、という部分を見つめましょう。

そうでなければ、テレビを見て「この子かわいいね」と彼が言っただけで嫉妬に怒り狂うことになるかもしれません。

男性は女性ほど、体の関係になることに対して抵抗感がありませんから、好きじゃなくても女性とはそういう関係になることはあります。

その先で、彼女の悪口や不満を言ったり、馬鹿にするようなことがあれば、人間として許さない、という姿勢も大切になってくるでしょう。

2:浮気を見抜く時は証拠探しではなく彼自身を見つめること

彼の浮気を見抜きたい、と考えた時、証拠を抑えようと思うかもしれません。

しかし、夫婦ならば証拠を提出して離婚調停、というのがありますが、恋人同士ではそれはありません。

彼の浮気の証拠を探すことで、浮気は確定しますが、時間も労力も無駄です。なぜなら、そこからは浮気の有無しかわからないからです。

問題なのは、彼の心が自分から離れているのかどうかです。個人によって、どこから浮気なのかラインは様々です。

手をつないだだけで謝る男性もいます。それはきっと、彼女に悪いな、と思ったから謝るのでしょう。

その為、「彼が何をしたのか?」よりも、「彼がどんな気持ちなのか?」に注目しましょう。

後悔する彼と後悔しない彼…嘘をつくことは楽しいアトラクション

浮気をしたという自覚のある男性は、大きく分けて二つに分類されます。それが、浮気に対して後悔する男性と、後悔しない男性です。

後悔する男性は、浮気のあと彼女に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

彼女を騙しているような気がしますし、自分が悪いことをしたような気持ちになるのです。

後悔しない男性は、彼女にバレなければいい、と考えます。嘘をついていることにスリルを感じたり、騙されている彼女を見ておもしろがっています。

もしくは、浮気そのものが悪いことではない、と思っていれば、他に彼女が何人もいて、同時に付き合っているということもあるでしょう。

前者は誠実な男性で、後者は不誠実な男性、のように女性は受け取ります。しかし、男女の交際において決まったルールはありません。

誠実に交際しても、不誠実に交際しても、罰せられることはないのです。

けれど、“誠実な交際を望んでいる女性”であれば、当然、誠実な男性と交際したいと願います。

そこで、浮気からわかることは、彼が本当に誠実な人間かどうか、ということです。

浮気の有無ではなく、今後付き合っていく上で彼が誠実な人間でなければ、いずれ結婚しても問題の多い夫婦となるでしょう。

嘘をついたり、騙したり、裏切ったりすることで快楽を覚える男性とは、許す・許さない以前の問題で、今後の交際を検討した方がいいでしょう。

浮気はよくないことですが、彼がそのことについてどう思っているか、が問題です。

彼女を騙してバレないようにする、ということを楽しい、と感じている人は、何度も同じ間違いを繰り返します。

事件を見ずに真実を見つめろ?犯人の目的はなんなのだろう

例えば窃盗犯がいたとします。窃盗犯は宝石店に強盗に入って、高価なアクセサリーを盗み、その後捕まりました。

窃盗も強盗も悪いことです。しかし、犯人が言うことには、身寄りのない子供達に寄付をする為に大金が必要だった、と言います。

確かに犯人は自らも貧しい暮らしをしていて、過去に行った犯行で大金を得ておきながら、児童施設に匿名で寄付していることがわかりました。

さて、この犯人は善人でしょうか、悪人でしょうか。

彼の浮気を疑った時、事件ではなく真実を見つめましょう。

もちろん、浮気して大金を得て寄付する、ということはないのですが、女性には理解できない、ついうっかり、ということが男性にはあります。

それは、お腹が減ったからご飯を食べる、尿意をもよおしたからトイレに行く、とうのと大差ない感覚です。

お酒をたくさん飲んで、朝目が覚めたら知らない女性が隣にいた!なんて失敗もあるでしょうが、それだって「浮気しよう!」と思ってしたことではありません。

浮気を正当化するわけではありませんが、浮気かな?と思った時には、事件ばかり見て責め立てることをせず、じっくり真実を見据えることができれば、肝の据わったイイ女です。

喚き散らして慌てて彼の素行調査をしても意味はありません。

彼女がイイ女であれば彼は二度と裏切れませんし、罪悪感でいっぱいになるでしょう。

3:スマホは見ないほうがいい!彼の浮気で受ける精神的苦痛

浮気調査をすると、確かにちらほら浮気の証拠が出てくることがあります。スマホには知らない女とのメールの履歴や、着信履歴。

彼の一人暮らしの部屋に長い髪の毛や、片方だけのピアス。コップについた口紅や、ほのかに漂う嗅ぎなれない香水。

掘れば掘るほど出てくるのですが、それによって精神的苦痛を受けるのは彼ではなく彼女です。知れば知るほど辛くなります。

「じゃあ知らないままでいればいいの?」と思われるかもしれませんが、そのとおりです。

たまたま直接出くわしてしまった、という事故が起こらない限り、知らないままの方がいいのです。

「でも、それじゃあ、ずっと騙されて都合のいい女で終わるのでは?」とんでもありません。

彼女が唯一感じていればいいのは、「きっと浮気したんだろうなあ」という予感だけです。

見たいけど見ないほうがいいものはだいたい見たら後悔する

怖いもの見たさ、というのがあります。心霊写真とかもそうですが、怖いものが苦手な人にとっては、見ない方がいいものです。

見ることによって夜思い出して眠れなくなります。

けれども、見たい。平気な人はいいですが、「見ないほうがいいと思うよ」というもので、見てよかった、ということはあまりありません。

つまり、はじめから「見たら後悔する!」とわかっているものは、できるだけ見ないで生きていた方が、本人のためにはいいはずです。

浮気もそうです。止む終えず見てしまった場合を除いて、証拠となるものを血眼になって探して、見つけて自分が傷つくことに何か意味があるのでしょうか。

彼女が傷ついて、辛い思いをしても、彼は辛くありません。

「ごめんね」とは言うかもしれませんが、裏切った人は、裏切られた人の心中を察することしかできないのです。

特にスマホのメール履歴は、彼の本音が残っています。ほかの女性に猛烈アピールしている履歴や、待ち合わせのメール、浮気の現場の写真などがあれば決定的です。

彼女は「きっと彼は浮気しているんだろう」と思いながら、彼の本心に問う方がいいでしょう。彼が「それでも僕はやってない」と言うのなら、そういう目で見ましょう。

すると、彼は徐々に良心の呵責を起こしますから、浮気をやめるか、二度目はしないことになるでしょう。

大事なのは、彼の浮気によって彼女がダメージを受けないことです。

本来ならダメージを受けるべきは彼ですから、あえて針のむしろの中に彼女自らダイブしなくてもいいのです。

男の浮気と女の浮気…女が浮気すると男は正気でいられない

逆の立場になったとして、もし彼女が浮気をして、彼が浮気された立場になったらどうでしょうか。彼は証拠を探すでしょうか。それとも見て見ぬふりをするでしょうか。

中には彼女のことが気になってしまい、四六時中監視して、仕事までやめてしまう男性がいます。

ストーカー化してしまうのです。それほど、女性の浮気は男性に精神的苦痛を与えます。

同じ浮気でも、男性と女性では捉え方が違います。

男性は「自分は浮気してもいいけど、彼女の浮気は許せない」と思っている人が多いです。不思議ですが、そういう仕組みになっているのです。

女性は、男性に浮気してほしくはないけれど、ハンサムでモテる男性であれば自分の価値まで高くなったように思いますので、モテる分には構いません。

浮気できる男性、というのは、そのままモテる男性、と言い換えることができます。彼の価値云々よりも、そんなモテる男と付き合っている私ってスゴイ!と思って正解です。

いくら浮気しても帰ってくる、ということは、離れられない魅力があるということですし、いくら他所で遊んでこようとも、本命とは別ですから慌てる必要もありません。

髪の毛振り乱してストーカーになってしまうよりも、余裕の表情でいられる女の方が強いです。

逆に「彼女に浮気をしてほしくない!」と恐怖している男性は、浮気できません。

4:彼は浮気しています…断定すると楽になる?二人の運命

彼は浮気しているかもしれない、いや、していないかもしれない。

それでも当たるのが女の勘。きっと浮気なんて気のせい!と思えたらいいのですが、そうは問屋が卸さない。

この状態は、例えば高校受験の合格発表前のような状態で、心臓にはとても悪いです。ならばいっそ、受験には落ちたんだ!と思っていれば、まだ落ち着くというものです。

それで実際落ちていれば「やっぱり」と思いますし、受かっていたら「ラッキー!」です。どっちつかずの状態に自分を置くのではなく、一旦断定をしましょう。

彼は浮気しているに違いない。女の勘がそう言っている!これで十分です。そこから別れようと思うか、やりなおそうと思うか。浮気のあとのシミュレーションをしましょう。

やり直しがきかないのが人生!浮気は進むも地獄・戻るも地獄

男性が浮気をするとき「いいや!きっと大丈夫!」と思ってするそうです。しかも、そんな過ちを何度も繰り返してしまうのだそうです。

その時、どんな気持ちなのか女性には理解できませんが、少なくとも浮気する前と、してしまった後は決定的に違うことがあります。

それは浮気した本人ではなく、彼女が変わるのです。

浮気した彼は彼女のことが怖くなります。バレばければなんてことはないはずなのに、責められているような気がするのです。

浮気はあんなに楽しかったのに、進むも地獄・戻るも地獄です。これは何かに似てるな、と思ったのですが、悪いことをした子供の態度に似ています。

いけないと知りつつもやってしまった子供は、母親の顔色を伺います。「やったんでしょ?」と聞いても「やってないよ」と言いますが、落ち着きません。

そして、しまいには泣き出して謝罪したり…。怒られたり、責め立てられたりするよりも、自責の念に駆られた方が本人には辛いのです。

ですから、彼女は「きっと彼は浮気したんだろう」と断定したまま、放置していればいいのです。彼は勝手にひとりで苦しんだり、悩んだりします。

苦しんだり悩んだりしていれば、確実に浮気していた、ということでしょう。彼女が優しくすればするほど彼は辛くなります。

このように炙り出すことで、彼は自分に自分で罰を与え続けます。

男が過去のことを考えている時、女は未来のことを考えよう

どっちに転んでもいいように、仮に決めておく、ということにはメリットがあります。

次の行動に移せる、というものです。

例えば、先ほどの高校受験の合否についてもそうですが、受かっても落ちても、次の行動をしなければなりません。

その高校に行くことはできなくても、別の高校を受験しなければならないでしょうし、どちらにしてもお昼ご飯を食べるためのお弁当箱や、通学用の自転車は買わなければなりません。

まだ確定はしていないけれども、次の行動をしなければならない場合、仮に一旦決めておく、という決断は有効です。

彼が浮気していかなったとしても、いつか彼が浮気していたとしたら?を考えるちょうどいい機会かもしれませんし、もし浮気が本物だったとしても、その後に自分がどうしたいのかを考えておくことができます。

彼を浮気するような人だと思っていなくて、浮気するような男性だったら別れようと思うか、浮気しても付き合う価値のある男性だと思って付き合い続けるか。

彼が浮気をして過去を振り返りながら自責の念に駆られている時、彼女は今後について考えます。その方が建設的ですし、自分のためにもなります。

したのかな?してないのかな?と、そわそわしている時間は無駄です。自分の勘を信じて、彼がどうするのかではなく、自分がどうしたいのかを優先しましょう。

5:簡単!彼の嘘を見抜く術…彼には嘘を重ねてもらえばいい

彼が嘘をついている場合、それを見抜く簡単な方法があります。それが、“嘘を重ねさせる”という方法です。

嘘は単体だとさほど辛くないのですが、ひとつの嘘を隠そうとすると、たくさん嘘をつかなければなりません。たくさん嘘をつくと辻褄が合わなくなってきます。

すると、嘘をついた人の負担は大きくなります。

そのまま嘘をつき通そうとすると、嘘に嘘を重ねてしまいには計算が間に合わなくなります。

見抜く方は、嘘に嘘を重ねた状態になると、矛盾が生じてきますからそこに気がついたら確定です。彼は、何かしらの嘘をついています。

嘘をつくと事象が具体的でクリアになる?不自然を見極める

例えば、同棲している彼が昨晩、浮気していたとして、「昨日どこ行ってたの?」と質問します。

すると彼はまず隠そうとしますので、適当な嘘をつきます。「友達の家でゲームしてたんだ」と嘘をついたとしましょう。

そこで、とりあえずは「そうなんだ」と答えておきます。ここでひとつ最初の嘘をつかせます。

しかし、彼女が友達とバッタリ遭遇して「こないだ泊まりでゲームしたんだって?」という話になったらアウトですから、友達にも口裏を合わせるはずです。

ここで、2つ目の嘘です。

後日、「こないださ、泊まった日あったじゃん?Aくんの家だったよね」と質問します。すると彼は、口裏を合わせた友人ではない友人の名前が出てきたので「違うよ、Bだよ」と言うでしょう。

ここで3つ目の嘘をついたことになります。

ここまでくると、自分のついた嘘が具体的になってきます。

さらに、そこでやったゲームの名前、何時から何時までいたのかまで質問すると、彼は具体的な嘘をつくことになります。

けれど、嘘をつくことは精神的に負担なので、きっと彼は「なんでそこまで聞くの?」と言うでしょう。

これが嘘のしわ寄せです。

実は、隠すつもりがなければ、具体的に答えようとはしません。嘘を隠したい人は、より具体的に説明します。嘘のない人は、最初の段階で「なんで質問するの?」と聞いてきます。

嘘をごまかそうとするので、友人の名前、ゲームの名前、時間、場所などを具体的に答えます。

そこまでクリアに質問に答えるのは、不自然なことに本人は気が付いていないのです。

まるで本人は隠しているつもりでも、「これは嘘ですよ」とバラしているも同然です。だからと言って浮気したと断定できるわけではありませんが、嘘をついていることは確かでしょう。

想像以上にキツイ?嘘をつくことは体力も精神力も使うから辛い

学校を休みたくて「お腹痛いので休みます」というのは、ズル休みのうちですが、同じ内容で3日も4日も休むことは難しいです。

しかも、人によっては嘘をつくことに耐えかねて、本当にお腹が痛くなる人までいます。

嘘をつく、ということは、本人には自覚がなくても、脳みそが緊張し、フル回転している状態です。

辻褄を合わせる、ほころびがないかチェックする、さらに嘘だとバレないように表情を作る、というのは、計算処理能力が必要です。

簡単なように見えて意外と高度な作業です。

彼を苦しめよう!というわけではないのですが、きっと嘘ついてるんだな、と思ったら、彼の苦しむ姿から確信してもいいかもしれません。

6:浮気の心配はずっとある…男女間に絶対安全ということはない

男女で交際している限り、どちらかが裏切る可能性は拭えません。

もし「絶対浮気されたくない!」のであれば、誰とも恋愛しないことしか方法はないでしょう。

付き合った彼が浮気する人かどうか、というよりも、他人と関わるということには、それなりにリスクがあり、可能性はゼロにはならないものです。

ギラギラと目を光らせることも必要かもしれませんし、ある程度束縛するのも有効かもしれません。しかし、24時間監視できないものです。

浮気の心配がゼロではない限り、浮気そのものを取り締まってもいたちごっこです。

それよりも二人の関係を続けていく上で重要なことがあるはずです。

彼には彼の自由を!自分にも自由を!束縛からは何も生まれない

彼が浮気しないか、ガッチリ管理している女性を見たことがあります。

しかし、彼の素行の管理はしているかもしれませんが、では彼に振り向いてもらえるほど自分の魅力の管理ができているか、と言えば、そうでもありませんでした。

彼がほかの女性に目を奪われないか、気にしてばかりで、彼が自分を見てくれるようにきれいにしよう、とは思っていなかったようです。

まるで犬に首輪をつけて、鎖で繋いで歩いているようでした。

しかし、犬だってしっかりトレーニングされた犬は、飼い主の指示を待つことができます。

右往左往する彼に振り回されてばかりでは、彼女は彼の為に生きているようなものです。束縛は、する方もされる方も窮屈なだけです。

彼と会ってない時間は、彼のことを忘れて自分のことだけに向き合ってみると、ずいぶんと心持ちが変わります。

時間が経過していくことは、常に変化していくことでもあります。彼の変化も止められなければ、自分の変化も止められません。

彼をコントロールすることを考えるのではなく、自分を良い方向へ変化させていくことに力を注げば、いつか何もかもが変化してしまっても、自分だけは自分のものであり続けます。

彼と別れても、引っ越しても、転職しても、服を着替えても、自分が自分であることを一番に考えていれば、空っぽにはなりません。

極端な話、自分さえしっかりしていれば、彼が浮気してもどうでもいいですし、自分が魅力的でさえあれば、彼は浮気できないのです。

相手が生身の人間である限り、絶対安全ということはありません。だからこそ、相手を信じるとか、裏切られる云々の前に、自分を確固たるものにする努力を惜しんではいけません。

7:嘘はいけないこと?根本的解決の先にあるものは何なのか

嘘をついたら地獄に落ちる、と聞いたことがありますが、嘘とは言っても様々な嘘があります。

そもそも、嘘なんて日常茶飯事です。

なんとも思ってないのに「きれいね」とか、不味くても「おいしい!」なんてのも、嘘に入るんでしょうから、みんな嘘だらけです。

彼がなぜ嘘をつくか、浮気を隠すか、と言えば、まずひとつに彼女への優しさから出る嘘があります。彼女はきっと悲しむだろう。でも男の本能を我慢することはできなかった。

2つ目に、自分への優しさから出る嘘です。怒られたくない、批難されたくない。別れたくもないから、なかったことにしてほしい。

できれば知られないままスルーしてほしい、うやむやなまま終わらせたい。それが浮気した男性の願いです。

追求したっていいことはないし、知ったところで傷つくだけです。

それは、彼女への愛と呼べるのか、はたまた彼自身へ向けての愛なのかは時と場合にもよりますが、男性はいくら彼女を愛していても浮気は別腹です。

根本的解決を望まない?彼のプライベートに介入しないこと

浮気を見つけたらコテンパンにやっつけなきゃダメよ!という人もいれば、ほっとけば本命の彼女のところに帰ってくるわよ、という人もいます。

それは個人それぞれのやり方がありますし、一番自分が納得できて、スッキリできる方法を選んでいいんだと思います。

ただひとつ言えるのは、浮気に関して言えば、根本的解決をしようとするなら、別れるという方法以外ありません。

彼はひとりの人間ですし、付き合っているからと言って共同体になるわけではありません。彼が浮気しているのは、いわば労働時間外。

会社に出社している時間は束縛できても、それ以外は自由であるはずです。

恋愛も例外ではなく、そこまですべて束縛してしまうことは、彼の人間としての尊厳を奪う行為です。

知らなくていいこともある!きれいなものだけを見て楽しい気分で

恋愛において、心の底から愛していても、それを数値化することはできません。しかも一定でもいられません。

目には見えませんが、株価のように変動しているものです。

この変化や相手の気持ちがわからないことを楽しむのが恋愛なのだとしたら、浮気そのものも大袈裟なアトラクションなのかもしれません。

彼を彼女が追いかけるか、彼女を彼が追いかけるか、で言えば、おそらく後者の方が理想的です。彼女が魅力的であれば、彼は逃げて行きません。

嘘も方便、とよく言いますが、知らない方がいいことだって世の中にはあります。もっときれいなものを見て楽しく恋愛した方が幸せになれることでしょう。

この記事をシェアする

関連記事