• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼女がうざい!なんて思われないために避けたいことリスト

Date:2013.09.13

付き合っている彼にはいつも良く思われたいですよね。でも、知らず知らずのうちに彼に嫌がられる行動をとっていませんか?そう、貴女には悪気がないのかもしれませが、それは考えにもよらず、彼にとっては非常にうざい行動だったりするのです。

こちらでご紹介する彼氏にうざがられる行動を参考に、ちょっと自分の行動、見直してみませんか?

1. 二人の関係に関しての相談を他人にする

何か彼との関係で悩んでいるとき、思わず友達に相談してしまっていませんか?男性は女性との問題で悩んだときには、ほとんどの場合、自分の中にしまいこんで、自己解決しようとします。でも、ほとんどの女性はそれを話してしまいますよね。

それは男性にとってうざいことなのです。「何で他の人が自分たちの問題を知っている必要があるのか?恥をさらすようなものだ。誰からのアドバイスもいらない」それが男性の考え方なのです。

2. 彼女が他の男性と楽しそうにする

女性も彼が他の女性と話しているとやきもちを焼いてしまうように、男性も同じように彼女が他の男性と楽しそうにしていたらやきもちを焼きます。そして何より、そうされることで、貴女にとって彼が特別、ということが否定されている気持ちになるのです。

ちょっとでも他の男性とべたべたしてみたり、ちょっと誘惑するような態度をとったりなんてしたら、彼としてはいい加減にしろ、という感じです。

3. 彼がゲームに夢中になっているときに話し続ける

彼がテレビゲームをしているときには彼はただ、ただ、ひたすらゲームに集中したいのです。ゴシップや二人の関係のことなんて、そんなときに余計に聞きたくないものです。

女性にとってはゲームはただの娯楽に過ぎませんが、男性にとってゲームは勝って何ぼで、エゴを満たすためのものなのです。そんなとこに話しかけられても上の空になって当たり前です。「ねえ、聞いてるの!?」なんて言われても、うざいだけ。聞いているはずありません。

4. 彼一人の時間をもらえない

女性は一人の時間も大切ですが、それほどなくても苦痛には感じず、逆に人といないとつまらなくなってしまうという人が多いようです。でも、男性は一人の時間は絶対に必要で、それがなくてはいられないのです。

一人でゲームをしたり、インターネットをしたり、自分の趣味をやってみたり…いくら時間があっても足りないほどなのです。そんなところに彼女に隣に座られて勝手に話を始められたり、「私もやりたい!」なんていわれたりしたら、うざいだけなのです。

5. 彼女に太っているかどうか聞かれる

自分が太っているか太っていないかは自分が一番分りますよね。鏡を見れば一発です。彼の答えは決まっていますよね。「もちろん太ってなんかいないよ」…これ以外の答えが返ってきたら、あなたの機嫌を損ねるだけです。それなのに、思わず何回も聞いてしまっていませんか?

洋服も一緒です。「これ、似合う?」…それもう何回も着ていませんか?その度に聞いていませんか?彼の本心は「うざい」の一言です。

6. 彼の情熱を理解しない

男性は色々なものに興味を持ち、情熱を持っています。車でも、バイクでも、コンピューターでも、釣りでも、趣味を通り越してそれに情熱をかけていたりもします。でも、彼女がそれを理解してくれないのが本当にイヤなのです。

自分が相手にしてもらえないからと、思わず、「そんなの子供みたい」なんて言ってしまっていませんか?男性は身体は育っていても、心には子供のような情熱を秘めています。

小さいころはミニカーが大好きだったのが、大人になって本当の車に変わっただけのことです。その男性の情熱を理解してくれない女性はうざいと思われるだけです。

7. 彼のことを変えようとばかりする

女性としては彼にはいつもカッコよくいてもらいたいですし、心身ともに健康でいてもらいたいですよね。だからといって、「その服じゃなくてこの服がいいわよ」とか「野菜をもっと食べなよ」とか「そんな品がない映画よりもミュージカルの方が楽しいわよ」とか言っていませんか?

少しならいいのです。いつもいつも彼女の意見ばかり押し付けれれて、その通りにさせられそうになる…それはうざいですよね。

8. 彼女に頼られすぎる、または頼られなさ過ぎる

男性はあまりに彼女に依存され、あれも、これもと頼まれたり甘えられてもうざがりますが、だからといって、何も頼られなくて自分でやられてしまうのもうざいのです。程よく自分のことは自分でやってもらい、程よく甘えて頼ってほしい…難しく聞こえますが、これが男性の本心なのです。

いかがですか?「そうだよなあ、私が悪いよなあ」と納得できるものがほとんどかと思いますが、「え、こんなこと?」とか「そんなの、ただの我侭じゃ…」なんて思えることもあったかもしれません。

ただ、こんな風に思っているんだと気に留めてもらっていれば、彼から怒ったような反応が返ってくれば「あ、これかあ」と納得ができるはずです。そして、貴女も彼もお互いに直すべきことは直すように話し合えるといいですよね。

この記事をシェアする

関連記事