• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

友達をなくす!?うざいと思われるウェディングハイな行動5つ

Date:2015.06.22

shutterstock_247462639 - コピー

アラサーにもなると友達や同僚などあちこちから結婚式にお招きされたり、結婚の報告をされることが増えます。誰であっても結婚はおめでたいものですが、特に親しい間柄の人の結婚は心から祝福したくなりますよね!

ところが、そんなおめでたいムードをぶち壊す「ウェディングハイ」という困ったトラブルによる被害がネット上で次々に報告され、ちょっとした話題になっています。

本当なら幸せいっぱいのはずの結婚を台無しにして、最悪の場合は友達まで失ってしまう可能性のあるウェディングハイとは一体どんなものなのでしょう?

ウェディングハイとは?特徴的な行動5つ

ウェディングハイは結婚式を控えた新郎新婦が幸せのあまり周りが見えなくなり、あまりにも配慮に欠けた行動をしてしまうことです。

結婚は一生の一度の大イベント。うれしくて舞い上がるのは仕方ないことですが、大人の女性ならはしゃいで周りが見えなくなるようなことは避けたいですね。

「私は冷静だから大丈夫」そう思ったアナタも結婚を前にするとどうなるかはわかりません。実際に、ウェディングハイになる人は元々浮かれやすい人ばかりではなく、大人しい人や冷静沈着だった人もいます。

では、どんな行動がウェディングハイだと思われてしまうのか?特徴的な行動を5つご紹介します。結婚する予定がある方はもちろん、既に結婚されている方も自分に当てはまるものがないか確認してみてくださいね。

やりすぎな幸せアピール

あまりにも過剰な幸せアピールにうんざりしている女性は少なくありません。ちょっとしたのろけや報告なら楽しく聞いていられますが、会うたびに口を開けば彼とののろけを話したり、自分がどれだけ幸せかのアピールをしていたらうざいと思われるのは当然です。

ほほえましく聞いてくれる人もいれば、同じようなことを繰り返し聞いてうんざりしている人もいます。結婚する本人にとってはうれしいことでも、他人にとっては興味がないことは意外と多いのです。

結婚の良さを押し付ける

ウェディングハイになると厄介なのが、独身や彼氏のいない人を見下したような発言をしがちなところです。

確かに結婚は素晴らしいものですし、新しく家庭を築くのは人生経験のプラスになることですが、今の時点で結婚の予定がない人に「いい歳なんだから早く結婚した方が良いよ」と急かすのは余計なお世話です。

ブーケトスで独身者を名指し

ウェディングハイ被害でよく聞くのがブーケトスとブーケプルズ。わざわざ独身女性の名前を呼び上げて前列に並ばせるという拷問のようなブーケトスもあるのだとか…。

友達からやめてほしいと言われていたのに無理やり行った結果、誰も前に出てくれず会場が静まり返ったというケースもあります。

善意や好意を当たり前だと思う

ご祝儀はもちろん結婚式の手伝いは全て善意や好意からしてくれるものなのに、何かしてもらってもお礼一つ言わない人がいます。いくら祝福の気持ちがあっても、時間とお金をかけていることに「やってもらって当たり前」の態度をされたら誰でもカチンときます。

ゲストのことを考えない結婚式

ウェディングハイに関するトラブルで一番多いのがコレ!ゲストのことを全く考えていないお式に呆れる方が本当に多いのです。

おめでたい席でのことと表だって愚痴ることはないようですが、仲間内では「あのお式はひどかったよね」とずっと言われ続ける可能性もあります。

よく挙げられるものには以下のようなものがあります。

  • 真夏や真冬のガーデンウェディングで長時間待たされる
  • わかりにくい場所でのお式なのに送迎バスもお車代もない
  • 誰もが忙しい大型連休や年末年始のお式
  • 新郎新婦の趣味だけを優先したお式の内容

ゲストのことは二の次で自分たちがやりたいことだけを優先した結婚式は誰からもあまり良い印象を持たれません。こんなお式では祝福の気持ちがなくなってしまう方も多いのでは?

うざい!ウェディングハイの友人への対処法

shutterstock_249124750 - コピー
もし友達がウェディングハイになったら、どうしたらいいかわからなくなってしまいますよね。そんな時に有効な対処法をご紹介します。

ハイになっているのを指摘する

何でも言い合える親しい関係なら、きっぱりと「それはおかしい」と止めてあげるのも友情です。友達が間違ったことをしないように、冷静なアドバイスをしてあげましょう。

少し距離を置いてみる

ウェディングハイは大体は一時的なもので、結婚生活が落ち着いてくれば元の性格に戻っていきます。もやもやしながら付き合い続けるより、思い切って少し距離を取ってみるのも有効です。

ただ、この先も関係を続けていくつもりならあからさまに態度を変えるのではなく、適当に話を流したり、わざとらしくない理由で誘いを断るようにしましょう。

あなた自身は大丈夫!?ウェディングハイを防ぐには?

ウェディングハイはいわば究極の自己中状態です。自分が幸せな時はたくさんの人に祝ってほしいと思うのは当然ですが、自分の行動のせいで誰にも祝ってもらえなかったら悲しいですよね。

友達をなくさないために、たくさんの人に気持ちよくお祝いしてもらうために、覚えておきたいウェディングハイの予防法をご紹介します。

相手の状況も考える

誰だって友達や親しい人の結婚なら心からお祝いしたいと思っています。でも、状況によっては幸せそうな人を見るだけで辛い気持ちになることもあります。

もしあなたがひどい失恋をしてボロボロの時、彼氏とラブラブだと友達からアピールされたらすごく辛いですよね。また、家庭の事情や仕事のストレスでいっぱいいっぱいの時に幸せいっぱいの話を聞いたら、自分がみじめに感じて辛くなりませんか?

ウェディングハイになっていると、相手の状況に配慮することを忘れがちです。自分が幸せいっぱいでも、相手は何かトラブルを抱えている可能性があることは忘れずに。

とにかく人の意見を聞く

アドバイザーとして一番確実なのはたくさんの結婚式を見てきたウェディングプランナーです。

ただ、お客様の希望を叶える仕事なのではっきり「やめた方が良い」とは言わず、やんわりと代替案を出すことが多いようです。代替案が出された時は、そちらを優先しましょう。

友達や身内に常識があってダメなものにはダメとはっきり言ってくれる人がいるなら、その人からアドバイスや意見を聞くのもおすすめです。信頼できる身近な人からのアドバイスなら聞き入れやすいのではないでしょうか?

皆に祝福される最高の結婚式にするために…

shutterstock_147371204 - コピー一生の一度の結婚式を幸せいっぱいの思い出にするためには、ゲストが心から祝福してくれることが欠かせません。

ウェディングハイのせいで最悪な結婚式にならないように気を付けましょう!

この記事をシェアする

関連記事