• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

どっちを信じる?わが子の言い分と周りの子の言い分

Date:2013.09.04

ご近所さんでの子供同士のトラブル。お母さんの対応によって、今後の子供の育ちも、相手との関係もガラリと変わってしまうのです。

あなたは、トラブルが起こった時に、わが子の言い分と相手の言い分とどっちを信じておられますか?どのように対応しておられますか?トラブルがあった時の対応方法と育てるべきことを考えていきましょう!

うちの子に限ってこんなことしないわ!と高をくくるのは要注意!

Q 近所のお友達が、「うちの子に叩かれた」と言っているとき、普段はまずどう対応していますか?現状にそってAかBを選んでみてください。

A 自分の子供に叩いたか否かを聞いている
B 自分の子供と友達のお子さんの両者に話を聞いて、状況を把握している

ご近所に同年代の子供がいるご家庭では日常茶飯事かもしれませんが、こういう時、保護者としてどう対応していますか?対応方法はお子さんの年齢によっても変わりますが、大事なポイントは共通しています。

上記のQを読めば一目瞭然なのですが、Aの場合は、自分の子供からの情報しか入っていませんよね?子供は自分の大好きな人には嫌われたくないし、しかられたくないという気持ちが強いので、自分にとって都合のよくないことは離さない傾向があります。

そんな中で自分の子供からの情報しか普段耳に入れていない場合は、相手の気持ちなどに気づかずに解決してしまうことになるのです。

Bの場合は、自分の子供の話も相手のお子さんの話も聞いて、幅広く情報を集めた上で、状況を判断し、子供を指導していくことができます。付け加えるならば、見ていた周りの子供にも状況を確認しておくのがベストです。

こうすることで、主観的な意見ばかりでなく、客観的なありのままの様子を知ることも可能だからです。子供なので、100%覚えているわけではありませんが、何人かの話を聞くことで、共通の部分が分かり、状況を把握しやすくなるのです。

したがって、トラブルが起きたときに大切なポイントは「その時の状況をしっかりと把握する(両者の気持ちも踏まえて)」ということが大切になります。

残念ながらAのような、偏った情報しか聞き入れず、自分の子供ばかりを守ろうとしてかばってしまうお母さんも少なくないのが現状なのです。

偏った情報しかないままで、子供と同じように相手に対して怒る思いを抱き、そのまま相手に向かって行ってしまう、もしくは、幼稚園等で起こったことであれば担任の先生に向かって行ってしまうというパターンは非常に多いのです。

これでは、お母さんも親としての役目を果たしているとは言えません!片方の意見しか聞いていないのでは、正しい判断ができないのです。子供を育てる保護者として、トラブルがあった時に子供に何を育てるべきなのか考えることが必要です。

トラブルは嫌なものです。早く解決させたいと思うのは誰も同じです。でも、トラブルになるからこそ、育つ力もあるのですよ?それは、「相手を思いやる気持ち」です。

なのに、お母さんが、わが子だけの意見を聞いて、一方的に処理してしまったりすれば、相手を思いやる気持ちは育ちませんし、悪いことをしても、自分のお母さんに言ったら叱られずに済むとか、謝らなくていい、ということまで学んでしまいかねません。

ですので、4、5歳くらいまではお母さんも一緒にトラブルを見守っていく必要はあるのです。「うちのこに限ってそんなことしないわ!」と思っているお子さん程、外では自由奔放にしている可能性もあります。それがよいとか悪いという事ではなく…。

お母さんは、お子さんを「いつも信じる」ことはとても大切なことですが、状況をしっかりと把握した上で、子供の言い分の「信じる部分」と「子供にも正しい判断ができるように指導することが必要な部分」を見極めて対応していくことが大切ですね!

トラブルの大きさを見極めよう!

このような、場合はどうしますか?通りすがりにちょっと当たってしまったような些細なことでも「やられた、叩かれた…あの子が悪い…」と言ってしまう時。

そんな時も同じように対応するのはどうでしょうか?周りの子に聞いて…とまでする必要がない場合もあるのです。通りすがりに当たった程度であれば、対応方法は全く違ってきますよ?

本人は叩かれたと思っているが相手は叩いたのでなく、知らぬ間にあたっていたという場合は、本人の受け止め方に関してしっかりと向き合う必要があると思いませんか?

集団で過ごす中では、通りすがりに当たる、ぶつかる、叩かれたように思ってしまうことなんて、これからいくらでも起こりうることですよね?それをいちいち1つずつ気にしていたのでは、本人も周りの友達もしんどくなってしまいますよ。

ですから、この場合は、本人が当たられて嫌だった気持ちを受け止めながら、相手は叩こうと思って叩いたのではなく、ちょっと当たっただけだから、大丈夫なことを伝え、安心させてあげることも大切ですね。

ここでお母さんに意識してほしいのが、この場限りの指導としてではなく、「次に同じようなことがあった時に、本人が叩かれたと思い込んだり、気にしすぎたりしなくてよいようにしていく」ということが大切なのです。自分で、気持ちを切り替えていく力を身に着けることですね!

ただ、このような姿が出ているお子さんの場合ですと、親子関係で少しスキンシップが足りないなど、子供が不安定になっていて、とにかくお母さんに話を聞いてほしいという理由で小さな事でも大きなトラブルのように言っている場合があります。

お子さんの話をじっくり聞きながら、親子関係を振り返ってみるのも大切ですね。

この記事をシェアする

関連記事