• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼にとってどんなに好きな女性でも許されないわがままとは?

Date:2013.12.13

『私のことが好きなら、どんなわがままも許してくれるはず』と、女性なら誰でもそう思いたいですよね。しかし、わがままを許してくれるのは愛情が深い証拠、なんて思っていませんか?

そんな風に自分に都合のいいことばかり考えて、わがままばかり言っていると、優しい彼も堪忍袋の緒を切ってしまうかもしれませんよ。

どんなに愛情を持っていた女性でも、彼にだって我慢の限度や地雷、というものがあります。彼の気持ちや立場を考えてあげられないと、「こんな女性とは長く付き合っていけない」と捨てられる羽目に。

そんなことが言われないように、彼が許さない女性のわがまま、について知っておきましょう。

休日にゆっくりさせてくれない

仕事で疲れている彼でも、休日は彼女とデートをしたいと思っています。大好きな彼女と会えば、仕事の疲れやストレスも吹き飛んでしまいますよね。

しかし、時には彼女の顔を見たいと思わないくらい疲れてしまったり、ストレスを感じてしまうこともあります。そんな時には無理せずに休ませてあげることが大事です。

そんな彼の体調や精神的なことをお構いなしに、「今日はここに行きたい、絶対行きたい」とか「私とデートしたくないの?」などとわがままを言うと、彼は疲れてしまいます。それが重なると、彼女と会うのもストレスになってしまうかもしれません。

自分の都合ばかり優先する

約束をしていたにも拘らず、デートをドタキャンする、デートの日などを自分の都合ばかり押し付ける、といったように自分の予定や都合ばかりを優先させていると、彼の方も都合がつかなくなってしまいます。

忙しい彼が何とかして作った時間かもしれません。それを大した理由もなくドタキャンしたり、彼がどうしても都合がつかないと、拗ねたり、怒ったりしていると、そんなわがままな女性にはついていけない、と愛想をつかされてしまうかも。

彼の家族について愚痴を言う

彼が家族の話をしたりすることもあるでしょう。または、家族の愚痴を言うかもしれません。その時に一緒になって彼の家族について悪く言うのはいけません。彼の話を聞いて、「そんなにあり得ない」とか「信じられない」と悪く言うのも、彼の信頼を失います。

彼からのプレゼントにクレームをつける

彼からいただいたプレゼントが気に入らないからといって、「もっとこういう物が欲しかった」「これと似たようなの、持ってるし」などと心無い言葉を言うような女性はわがままな女性としか見てくれなくなります。

また、彼のお財布事情を考えず、高価なものをねだったりしないようにしましょう。最初は頑張ってくれるかもしれませんが、それがずっと続くかと思うと彼もげんなり。この女性とは長く付き合っていけない、と思うでしょう。

折角彼が選んでくれた贈り物です。その気持ちに感謝できる女性になりましょう。

彼の選んだレストランにケチをつける

彼が連れて行ってくれるレストランなど、気に入らないからといって不機嫌にならないようにしましょう。お店の雰囲気が悪い、メニューが少ない、店員の態度が気に入らないなど、いちいちケチをつけるのもよくありません。

彼に「どこに行きたい?」と聞かれて「どこでもいい」と言っていたなら尚のこと。それこそわがまま、というものです。

彼の友達をえり好みする

彼の友達と一緒にご飯を食べたり、出かけたりすることもあるでしょう。彼の友達がすべてあなたのお気に入りになる、というわけではないでしょう。しかし、あからさまに「あの人嫌い」「この人とは遊ばないで」と勝手に決め付けてしまうのはやめた方がいいでしょう。

彼にとってはいい友達なのかもしれません。どうしても合わない、ということなら、彼を傷つけないようにその旨を伝えましょう。

彼の友達の前でわがままを言う

友達の前では男らしくいたいものです。彼女の尻に敷かれているとか、彼女の言いなりとは言われたくない男性も多いもの。彼の友達の前で、彼が困るようなわがままを言ったり、彼のプライドを傷つけるようなことは言わないようにしましょう。

彼から嫌われるだけでなく、彼の友達の間でも評判が悪くなってしまいます。

叱ると逆切れする

わがままを指摘されたり、社会人として、人としての振る舞いなど、叱ると逆切れする女性は困ります。

自分のことを見つめられないばかりか、前向きな姿勢も見られない女性になってしまいます。自分を成長させようとしない女性とは、長く付き合っていても疲れてしまうだけ、と彼も切れてしまいますよ。

わがままもほどほどに

全くわがままを言わない女性というのも、面白みに欠けますが、あまりにもひどいわがままは、彼だってついていけない、と思ってしまいます。

傷ついたり、自分の生活がつらくなってしまうなら、彼女なんていない方がマシ。もっとかわいげのある、物分りのいい女性がいるはず、と思われてしまいます。わがままはほどほどに。自分をコントロールしていきましょう。

この記事をシェアする

関連記事