• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

綺麗で上品な和菓子。お土産でも喜ばれる和菓子の選び方とは?

Date:2013.10.22

和菓子は日本だけでなく海外でも大変な話題を呼んでいるスイーツで、セレブの間では太らないスイーツとしても人気を呼んでいます。

洋菓子でもフランスのお菓子や飴細工の様に、細工に工夫を凝らした物もありますが、和菓子の様に季節を表したり冠婚葬祭の脇を固めてくれるお菓子の存在は世界各地を探しても多くはありません。

ママともとの食事会のお土産や、上司へのお礼等で賢く和菓子を利用出来たら女の株も上がるはず。和菓子の選び方と意味を知って、お持たせ上級者になりましょう。

上生菓子の魅力

練り切りと呼ばれる事も多い品な色合いと、季節感を感じさせる和菓子で、茶道では欠かせないアイテムの一つとなっています。

素材は白あんと求肥で、色はクチナシや食紅等を利用して付けていますが、季節の花や植物等をあしらってあって、色味も上品な物が多く、目の保養にもなるくらい繊細で美しい芸術品です。基本的には一口大で小さい物が多いです。

季節を感じさせる素材とのコラボレーション

練り切りだけでなく、寒天寄や水羊羹等は夏を感じさせる作りになっていて、のど越しが爽やかで清涼感までも感じさせます。冬には冬の食材であるカボチャやサツマイモを利用した茶巾絞り等が作られます。

その地方にしか無い特別な和菓子

小布施の栗落雁、鎌倉の鳩サブレの名店の本店だけで売っている干菓子や飴細工は有名ですが、お取り寄せをする事が不可能で、その場にいる人だけが買える物はお土産としては大変貴重で値段以上の物があります。

一つから購入出来るサービス

現在の和菓子店は大手百貨店やスーパーへの出店もあり、身近に購入しやすいお菓子になりました。その上よりもっと身近になったのが、小分け包装して販売している所にあります。

一つ150円位から販売されていていますので、ママ友のランチ等で少量買い求める等してお土産で持って行く事も可能ですし、お茶請けとしても最適です。見て楽しみ、選んで楽しめ、お土産にして喜ばれる魅力的なお菓子です。

この記事をシェアする

関連記事