• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「老けたね」と言われたら女子力低下の可能性有り!手軽に若返る方法

Date:2014.11.15

ご自身で老化を実感していない場合は、彼氏や友達から「老けたね」と言われたら大きなダメージを受けることでしょう。

まだまだ若いと思っていても老化現象は、誰にも等しくやってくるものですから受け入れることが生きやすさに繋がります。しかしながら、現状のまま過ごせば老化を進行させることになり、女子力は低下するばかりです。

今回は、手軽に若返る方法を4つご紹介します。

1 肌のお手入れや補修で若返る方法

肌は、30代くらいから乾燥やたるみ、シミなどの問題を抱え始めると言われています。シミやそばかすなどをこれ以上増やさないために、外出時には日焼け止めを塗る、洗顔後には保湿を十分に行いましょう。

お手入れが追いつかない部分は、メイクでカバーすることもお勧めします。シミやそばかすは、コンシーラーで隠すことができますし、たるみはリンパマッサージやリフトアップ効果がある化粧品で改善することも可能です。

最近では、自宅で簡単にエステ気分が味わえる美顔器も販売されていますし、美容液配合のフェイスパックを定期的に使って美白や栄養補給に努めることもお勧めです。

2 服の色を見直して若返る方法

年齢を重ねると「この色は年齢に合わないかな?」、「この柄は派手かな?」などと着る前から似合わないと決めつけて、新しい服の色や柄に挑戦しなくなると言われています。

加齢によって顔にくすみも出てくるので、黒やグレーなど地味な服色を選ぶことで全体的にぼやけて老けた印象になるので注意が必要です。

年齢に応じた色や柄などはありませんので、着ていて自分の心が明るくなるような服を選ぶことをお勧めします。

多少派手でも着続け習慣化すれば慣れますし、服装が明るい場合はバッグやストール、靴などの小物系を落ち着いた色にすることで調和が取れます。逆に、服装を変えたくない場合は小物から変えてみても良いでしょう。

「もう○○歳だから」と自分で老いへの道を選ばずに、「年齢なんて関係ない!好きな色を着よう!」と若返りの道を選んでみてはいかがでしょうか。

3 髪のセットの仕方で若返る方法

ボリュームの無い髪は老けた印象を与えるので、ボリュームやハリ、コシを取り戻すことも若返る方法の一つです。

長年カラーリングやパーマで髪を傷めている方は、ヘアケア用品を見直しましょう。特に見直すべきはシャンプーです。商品によって髪の硬さやしっとり感が大きく変化するので、行きつけの美容室で聞く、試供品を試すなどしてご自身の髪に合ったタイプを探しましょう。

和漢植物エキス配合やアミノ酸配合、ハーブエキス配合など様々ありますが、すすぎ足りないと逆に頭皮や髪を傷める原因になるので汚れだけではなくシャンプーもしっかり洗い流しましょう。

また、乾かす時には風量が強いドライヤーで下から風を送ることがポイントです。根元を抑えつけるように乾かすと頭皮と髪が一体化しているように見えて、髪が少ないという印象を与えてしまいます。

ドライヤーで上手にボリュームを出せない時にはホットカーラーやアイロンを使って髪を巻くことも一つの方法です。最後に、髪をセットする際に形状を留めるためのスプレーを使ってもよいでしょう。

4 体の中から若返る方法

老けた印象は見た目が原因ですから、見える部分を改善することは効果的な方法と言えるでしょう。特に人から指摘されやすい場所は顔ですから、お手入れを入念に行うことやメイクによって若く見せることができます。

しかし、顔を含めた皮膚は摂取する食べ物によっても変化するので、抗酸化作用があるビタミンやポリフェノールなどを積極的に摂ることをお勧めします。

また、肌のハリや潤い不足も老けた印象を与えてしまいます。コラーゲンの粉末やドリンクを定期的に飲んでいる方も居るかもしれませんが、実際には水分量足りないがために十分な効果が発揮されていないこともあります。

便秘や肌の乾燥は水不足の危険信号ですから、利尿作用があるコーヒーやお酒ではなく体に吸収されやすい水やお湯を積極的に飲むようにしましょう

規則正しい生活習慣が大切

肌の老化を遅らせるためには、ストレスを溜めないことやしっかり睡眠時間を確保してバランスの良い食事を摂ることも大切です。

ストレスは運動や趣味で発散する、夜更かしをしない、肉だけ野菜だけなど偏らないように食べるという点にも気をつけて、実年齢よりも若く見える美肌を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事