• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

万能ヴァンパイア・トリートメント:正に「血まみれ」の若返り美容法

Date:2013.11.01

私達の体に流れているその「血液」が若返りのカギだったのです!

今年、通称ヴァンパイア(吸血鬼)・トリートメントと呼ばれる血液を使った美容法が話題になったのをご存じでしたか?

アメリカの有名人女性が、そのトリートメント後の「血だらけ」の顔写真を公開し、話題騒然となったのです。しかし、この美容法には色々な研究機関が注目をしていて効果が皮膚の若返りだけでは無い事も分かってきたのです。

ヴァンパイア・トリートメントとは?

ヴァンパイア・トリートメントはまたの名をPRP (多血小板血漿)治療とも言われ、自分の血液を採取してその血液中の血小板を増やし、色々な過程を施した後に、老化の気になる皮膚に注入する事により細胞から活性化し老化を改善するという治療法なのです。

この治療の専門家によると、自分の血液を使うのでアレルギーの様な拒絶反応も少なく、一回の治療は約20分程度で終了してしまい尚且つ、一度治療すると効果が最高で2年は保たれるという、正に万能、良い事づくしという美容法なのです。

増毛にも効果を見せたヴァンパイア・トリートメント

このPRP治療は、皮膚の老化改善のみならず、なんと増毛にも効果があるとイタリアの科学者が研究結果を発表したのです。

ただ、実験対象になったのは精神的ストレスが主な原因で老若男女誰にでも起こり得る、一般的に「10円ハゲ」と言われる部分的なヘアロスです。

PRP、他の増毛剤そして無効果・無害の偽薬(プラセボ)を使い3つのグループの1年に渡る経過を見たところ、PRPは素晴らしい増毛の成果を上げ、しかも治療時の痛みや苦痛も他の薬剤より格段に少なく、しかも生えてきたのは健康的な毛髪だったそうです。

ここまでくるとホラー映画さながら?!:ヴァンパイア・トリートメント

技術を駆使した精密機械でさえ何十年も使い続けたらあちこちに支障がでてきますよね?人間の器官もやはり年と共に徐々に、問題が出てきます。そして高齢になれば心臓の老化による心臓病や心臓発作のリスクも否めません。

そんな、年齢による心臓疾患治療の研究をアメリカのハーバード大学の医学部が行い、老いたネズミに若いネズミの血液が流れる様に2匹のネズミの体を縫合し繋ぎ合わせたところ、それまで硬化し血液循環に支障の有った老いたネズミの心臓が、若いネズミの心臓と同等の機能を取り戻したと発表したのです。

そして、血液中にあるGDF-11という、たんぱく質のレベルが年齢とともに下がる事も発見されました。

もちろん、現在のところ40代の人間に20代の血液を投与し続けて心臓疾患を改善するという、ホラー映画さながらの治療はまだされていませんが、血液中にあるこのGDF-11がホルモンの分泌に深く関わっていて、内臓器官の若返りにも大きな影響をもたらすことが分かったので、これから超高齢化社会を迎える日本にとっては大注目の心臓疾患治法となりそうなのです。

いつまでも美しく、若くそして健康で有りたいと思うのは女性の永遠の夢ですし、しかも、痛み、アレルギー反応の様な副作用も少ない治療法があるとなるとやはり見逃せませんよね?

ここはやはり、「若さと美しさの為なら吸血鬼にでもなんでもなるわ!」という覚悟がなければならない…!?のかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事