• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

大人の女性がすべき、男心を掴むデートの別れ際の態度や行動

Date:2017.07.24

楽しかったデートも終わり、彼との別れ際。

メイクもファッションも褒められたし、女性らしく振舞えた。何よりとても楽しい時間を過ごせたから、きっと2人の距離がもっと近づいたに違いない。

…そんな事を考えて油断していませんか?そうだとしたら勿体ない!実は別れ際こそ、デートで最も大切な場面と言っても過言ではないからです。

ここで残す印象次第で、彼の頭の中はあなたの事でいっぱいに。また早く会いたくてたまらなくなるのです。

今回は、彼にそんな印象を残す事ができる恋愛テクニック、デートの別れ際で女性が取るべき行動について紹介します。


ピークエンドの法則から知る、デートの別れ際の大切さ

どんなに楽しい時間を過ごしても、最後に喧嘩をして最悪な気持ちで終わってしまうと、そのデートの印象はどうでしょうか。またその逆はどうでしょう。

  • 途中までは良かったのに、もう最悪!彼とは合わないのかも。
  • 途中まではどうなるかと思ったけど、最後はとっても楽しかった。なんだかんだで彼とは合うのかも。

それぞれこのような気持ちになると思いませんか?

同じ出来事でも、良い事と悪い事が起こるタイミング次第で印象ががらりと変わってしまう。これはピークエンドの法則という人の心理によって引き起こされる現象です。

デートの別れ際の大切さは、このピークエンドの法則によって証明されているのです。

どんなに途中で頑張っても、終わりの印象が悪ければ台無し!

アメリカの心理学者、ダニエル・カーマン氏が提唱しているピークエンドの法則。これは、1つの出来事が起きた時、その全体の印象はピーク時とエンド時の印象で決まるという人の心理の事です。

ピーク時が、どのように終わった(エンドした)か。これだけで、その出来事が良いものか悪いものか決まってしまうのです。
  • ピーク時がものすごく最高だった&エンド時も最高だった→最高の思い出
  • ピーク時が最悪だった&エンド時が良かった→良い思い出
  • ピーク時が最高だった&エンド時が最悪だった→最悪な思い出
  • ピーク時が最悪だった&エンド時も最悪だった→すごく最悪な思い出

このようにピークエンドの法則から説明すると、デート中どんなに頑張っても、別れ際の印象次第では台無しにしてしまう可能性もあるという事。

全体の印象に大きく影響を与える、エンド時=別れ際の行動がとても大切なのです。

別れ際に取るべき行動!工夫次第で彼の頭の中はあなたでいっぱいに。

それでは実際に、別れ際にどのような行動を取れば相手のハートを掴む事ができるのでしょうか。

ポイントは次の5つ。

  1. その日初めての表情を見せる
  2. 名残惜しい雰囲気を出す
  3. スキンシップで温もりや余韻を残す
  4. 感謝の気持ちを伝える
  5. 別れ際はあっさり&その後すぐメール

それぞれ具体的にどのような行動を取ればよいか、詳しく見て行きましょう。

その日初めての表情に、ギャップにときめく&想像力が掻き立てられる

デートを始終楽しく過ごせた時には、ついついそのままでバイバイ!してしまったりしませんか?彼も「楽しかったな」と良い余韻に浸ってくれるのは良いのですが、せっかくならもっと気持ちを掴む工夫をしたいですよね。

そこで効果的になってくるのが一つ目のポイント。デート中にまったく見せていなかった表情を見せましょう。

例えば、始終とっても楽しくて笑顔が多かった場合、別れ際は寂しそうな表情を見せて。すると彼はそのギャップにドキッとするはずです。

このようにその日初めての表情を最後に見る事によって、ギャップに対してときめいたり、想像力を掻き立てられて、あなたの事を考える時間が増える事になるという訳です。

寂しそうな表情で、名残惜しげな気持ちを彼に伝えて。

寂しそうな表情で、さらに名残惜しげな気持ちを伝えてみましょう。

「もっと一緒にいたかったな」
「楽しくてあっという間に時間が過ぎちゃったね」
「ほんとはまだ帰りたくないな」
「またすぐ会えるって約束して」

などのセリフが効果的。多くの男性がときめくようです。確かに、笑顔でいっぱいだった彼女に寂しそうな表情で、もっと2人でいたかったという気持ちを伝えられたら、無条件に愛おしく感じると思いませんか?

「また楽しませてあげたい」と嬉しくも感じるので、次にまた早く誘いたいと思ってくれますよ。

あえて背中を向けて言う事で、健気さが増して抱きしめたくなる?

これらのセリフをあえて正面から言わずに背中を向けて言う事で、寂しさが一層伝わります。

また、その寂しさをこらえようと背中を向けている仕草に、健気さや切なさ・可愛さを感じて、きっと男性ならそのまま後ろから抱きしめたくなるはずです。

お礼を言って見つめるだけでも、時にセリフ以上の効果あり。

何か言おうとすると照れてしまって、相手になかなか「もっと一緒にいたかった」という気持ちを伝えられない場合。

そんな時は、「今日はありがとう」とお礼だけ伝えて、あとは彼の目を見つめて。

デート中の弾けるような笑顔が一転、じっと見つめられたらその表情に彼のドキドキは止まらなくなるはずです。

だまって相手の目を見つめる行動は、時にどんなセリフよりも効果があります。デート中に会話が止まった時、ふとしてみるのもおすすめです。

少しだけ引き留めて「もう少し一緒にいたい」を実践する!

ちょっとの間引き留める様子を見せて、「もう少し一緒にいたい」と思う気持ちを実行してみても良いでしょう。引き留めるために、

「あと少しだけ話してもいい?」
「少し遠回りしない?」
「次の電車にしよう?」

とお願いしてみて。照れたように彼の袖をつまんで言うと効果絶大です。

明日がどんなには早くても、あっさり別れるのが惜しくなる事間違いありません。とはいえ彼の予定に影響が出ないように、気遣う姿勢は大切です。あくまで「少しだけ」引き留めるようにしましょう。

すぐに立ち去らない。一度振り返ったり姿が見えなくなるまで見送って。

名残惜しい雰囲気を出すために、バイバイした後の行動にも工夫ができます。

すぐに立ち去らず一度振り返ったり、相手の姿が見えなくなるまで見送ると、名残惜しさが伝わるだけでなくその仕草が可愛くてたまらないと思うでしょう。

軽いスキンシップで温もりや余韻を残してドキドキさせて!

じゃれ合う感じで可愛らしくぎゅっと腕や背中に抱きついたり、軽くチュッとしてちょっとびっくりさせたり。

可愛いなあと思ったり、いきなり彼女からのキスでびっくりしつつも嬉しかったり。女性からのスキンシップはやはり男性に対してポジティブな印象を与えるために効果絶大のようです。

さらには温もりや触れた余韻がほのかに残って、あなたの事が頭から離れなくなるかもしれません。

スキンシップはあくまで軽く行うのがポイントです。軽い方が逆に温もりや余韻がリアルだったり、完全に満足できない分次への期待が膨らむそう。

また、やりすぎなスキンシップは好まない男性もいますし、あまりに攻めると誰にでもしてると思われてしまう事も。

どんな別れ際でも、必ず感謝の気持ちを伝える事が大前提!

これらの行動を取って男性をドキドキさせる事に成功しても、デートのお礼を伝える事を忘れてしまっては意味がありません。

デートが楽しかった時はもちろん、残念ながらそうでなかった時にも、どんな時にもかならずお礼は伝えましょう。

「こんなに楽しかったのははじめて。ありがとう」
「〇〇君と一緒ですごく楽しかった!ありがとう」
「遅くまで一緒にいてくれてありがとう」
「お食事、ご馳走してくださってありがとうございました。それに素敵な場所に色々と連れていって頂いて。ありがとうございました。」

楽しかった際には必ずその旨を伝えて。そうでなかった際には、他の事に対してお礼を伝えましょう。

デートとはいえ女性は「お姫様」ではありません。お付き合いしている場合はもちろんの事、仮に積極的に誘われた際でも、相手が色々と心を砕いてくれた事に対して感謝する事ができないようなら、大人の女性として魅力不足と言えます。

逆にどんな場面でも相手に対して感謝を伝える事のできる女性は、とても魅力的。男性は感謝されて嬉しくなると同時に、また一緒に過ごしたいと思う事間違いありません。

別れた後にすぐメール!その際には別れ際はあっさりが効果的。

別れた直後に、「今日は楽しかった、ありがとう」とメールをするのもかなり効果的なテクニック。

駅で別れて彼が改札に入っていく時にしたり、ホームで上りと下りで別れて、彼が向こうのホームにまだいる時にしたり。メールに気が付いて、姿を探せば見つかる・見つかりそうなくらいの時にするのが1つのポイントです。

特に人が多い場所で別れた際には、人ごみにごちゃごちゃと紛れる事で、それまでの彼女との2人の時間が嘘のように急に現実を感じてしまいがち。明日の予定などを思い出したりと、デートの余韻が飛んでしまうのです。

しかしそんな瞬間に彼女からのメールが来れば、「このタイミング!?」と驚きつつも可愛く感じ、また一気に2人の世に戻ってその日の思い出に集中する事ができるのです。

直後でなくても、なるべく早いタイミングでメールをする事が彼の気持ちを高めるポイントですよ。

また、このように別れた後にすぐメールをする際には、実際の別れ際はあっさりとするのがコツです。

先に説明したように、名残惜しさを出すために何度も振り返ったりしたりはせず、この場合は「じゃあね」とあっさり去りましょう。彼が少しがっかりした所を、直後のメールでリカバリーという訳です。

がっかりした分、嬉しさも倍増するでしょう。名残惜しそうに別れた日は、直後にメールをしてしまうとやりすぎになってしまう可能性が高いので気をつけて。どちらかを選ぶようにすると良いでしょう。

直後のメールはサプライズ感が強いので、あまり頻繁にしない方がいいかもしれません。名残惜しそうに別れるのを基本にして、たまにこの対応をしてみるというのがおすすめですよ。

泣くのはNG?彼氏を困らせる、止めた方が良い行動とは

男性の気持ちを掴むためにデートの別れ際に工夫できる事があれば、逆に避けた方がよい事もあります。それは主に次の二つ。

  • 泣く
  • 延々と引き留める

遠距離恋愛や、付き合いたてで彼氏ともっと一緒にいたいという気持ちがとても強い時。別れ際につい泣いてしまうという人もいるのではないでしょうか。

最初は可愛いと思う男性も多いはずですが、なかなか泣き止まなかったり毎回毎回べそをかかれてしまうと、正直どうしてよいか分からなくなって困る気持ちが強くなるようです。

引き留めるのも同じで、名残惜しい気持ちが伝わって嬉しいと思う反面、いつまでも引き留められてしまうと、「もう帰りたい」という気持ちに変わってしまいます。

しかし、泣きたくなってしまう時ももっとずっと一緒にいたいと思う時ももちろんあるでしょう。なのでその気持ちを生かして彼の気持ちを掴む工夫に繋げてしまいましょう。

泣きたい時は、余計なセリフは言わずに涙をこらえながら彼をじっと見つめてお礼を言って。涙目で見つめられたらきっと彼はドキドキが止まらなくなるはず。

引き留めたい時は、先に紹介した方法で少しだけお願いしてみて。あまり長くならない所で切り上げるようにしましょう。

「本当はもっとずっと一緒にいたいけど、今日はこの辺で我慢するね」という風に言えば、相手の予定を気遣う思いやりと、そのために自分の気持ちを抑えているという健気さも伝わって、彼はあなたの事をとても愛おしく感じるはずです。

デートの別れ際を制するものは、恋愛を制する!工夫を忘れず愛される女性に

今までメイクやファッションといったデートの支度や、デート中の態度には気を遣っていたけれど、別れ際まではあまり意識していなかったという女性もいるでしょう。

しかしデート全体の印象ないしあなたの印象を決めるのは、別れ際をどのように過ごしたかなのです。デートが楽しくて盛り上がった時は油断せずに、またあまり盛り上がらなかった時には挽回できるチャンスと思って行動しましょう。

ここで彼の気持ちを掴むために工夫ができれば、彼は帰り道も家に帰ってからも、次会う時まであなたの事で頭がいっぱいになるはず。

デートでの別れ際を制して、恋愛を制する愛され女性を目指しましょう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント