• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼氏と別れたい女性必見!恨まれないスマートな別れ話の切り出し方

Date:2016.08.09

shutterstock_212889490
今まで仲良く付き合ってはきたけれど、もう彼氏と別れたいと思う時、できるならなるべく穏便に別れ話を進めたいですよね?

  • 彼にはときめかなくなってしまった
  • 他に気になる人が出来てしまった
  • 結婚相手として将来を考えることができない
  • 忙しいので、しばらく恋愛から離れたい

別れを考えるきっかけや理由は様々だと思いますが、共通して考えることは「どうやって別れを切り出そうか」ということだと思います。

そこで今回は、何となくでも彼氏に察してもらえるような、別れのサインについて一緒に考えてみましょう!

なるべく平和に終わらせるために・・・

最近は、別れ話のもつれから事件に発展したり、恨みを買ってしまったりすることも多いですよね?

これまで仲良く付き合ってきたかれだからこそ、最後に最悪の思い出で別れたくはないものです。

あまり相手を傷つけたり刺激したりはしたくないものの、遠慮して優しい対応をしすぎると相手がなかなか諦めてくれないということになりがちなのが、困ったところですね。

少しでも揉めずに別れるには、彼氏には冷静に「もうダメかもしれないな…」とまずは心の準備をさせましょう。

彼と揉めたくない!そう強く思う理由はコレ!

彼と別れることは決めたけれど、揉めずに良い形で終わりたい。

正直、「相手に気持ちがあるのに一方的に別れたい」という状況で、なるべく揉めずに…という希望は少々わがままというものです。

しかしそう思ってしまうのも無理はありません。何故なら、2人で育んできた恋だけれども、もはや2人だけでの問題ではなくなっている場合が多数!彼と揉めたくないと考える本音をキレイごと抜きでまとめました。

逆上して暴力を振るわれたり、ストーカーになられたりしたら困る!

いくら付き合っている時は優しい彼氏でも、別れ話を切り出して逆上した途端、彼の様子が豹変してしまう可能性もゼロではありません。

実際にそうなってしまった時、男性の力には勝つことはできませんし、そういう別れ話のもつれから事件性のあるものに発展することも多いですよね?

正直、そんな恐怖を避けたいというのは当たり前の心理です。

振る側だけど、悪者にはなりたくない!後味スッキリを希望!

自己中心的と言われればそれまでですが、自分が一方的に振るものの、「良い子の自分」を崩したくないというのが本音です。

揉めて最後の最後で「あの女!」「お前なんか!」と罵られるのって、後味が悪くありませんか?振る立場で我儘かもしれないけれど「今までありがとう」とお互い気持ちよく別れたいと思ってしまいます。

共通の友人がいるので気まずい関係になるのは勘弁して!

共通の友人がいる場合や、職場恋愛で多くの同僚が2人の関係を知っている場合、どうしても揉めたくない心理が働きます。

まず自分達のせいで周囲もギクシャクするのが嫌なので、どうしても穏便に済ませたいと思います。

また、あまり揉めると「どうしてそうなったの?」「どっちが振ったの?理由は?」など余計な詮索をされたり、あらぬ噂を立てられたりしてしまうので、揉めずに普通の関係に戻りたいと願っているパターンは少なくありません。

気持ちは固まっている以上、面倒なことになりたくない

別れようと気持ちを固めてしまった以上、別れ話はしていないもののもう彼氏のことを恋愛対象とは見ることができなくなっていると思います。

好きでもない相手と何回も話し合いを重ねたり、しつこく復縁を求められたり正直面倒臭いと感じる為、なるべく1回の話合いでスマートに別れられたら良いなと考えている人も少なくありません。

1度は好き同士だった2人…別れても仲良くいたい

1度は好き同士で付き合った2人ですし、彼の良いところもたくさん知っているので、別れても仲良の良い友人としてはいて欲しいと思う女性もいるようです。

あんなに仲が良かったのに、別れ話でいがみ合う関係になってしまうなんてもったいないですし、何だか寂しく感じてしまいますよね。

揉めたくない理由は様々ですし、正直自分勝手に思われる意見が多いかもしれませんが、実際はどれも共感できるものだと思います。やはり一方的に別れを言われる相手を思うと少々申し訳なくは感じますが、「面倒になりたくない」「自分が悪者にはなりたくない」という気持ちは分からなくもありません。

揉めない別れのために!まずは揉めてしまう原因を認識しよう!

揉めたくない理由があるように、揉めてしまう原因というのもあるものです。まずはその揉めてしまう原因を認識してみましょう。それを避けるように対処することで、揉めない別れに一歩近づくことになるかもしれません。

何度も考え直した別れでも、彼側は突然の別れを受け入れられない…

何度も何度も考えに考え、それでも別れようと決断したからこそ思い切って彼氏に別れ話を切り出すものですが…。彼側からするとそんなことはお構いなし!突然別れを突き付けられた為、それを受け入れることができません。

相手はまだあなたに恋をしている状態です。「どうして?なぜ?」「嫌なところは直すから」と必死に食い下がってくることもあると思いますが、それを見てますます冷めてしまうあなたとの温度差が執着心になってしまいます。

理由を聞いても納得できない!話し合いができない状態が続く…

例えば、「もう冷めてしまった」「好きな人ができた」など、具体的な別れたい理由を言ったとしましょう。でも理由を聞いたからと言って理解はできても感情面で納得できないのが厄介なところです。

「この前まで普通だったのに!」「そんな話聞いていない!」など、パニックになって頭に血が上った状態ではきちんと話し合いもできない状態が続いてしまいます。そのうちにだんだん被害妄想になってしまい、「浮気していたんだ」「俺は捨てられた」なんて恨みを買ってしまう場合もありえます。

別れたいという意思だけ伝えた結果、説明不足で消化不良に…

早く別れたいと思うあまり、もしくは彼を振るという罪悪感のあまり、「別れたい」という意志だけを手短に伝えてしまい、「もう決めたことだから」なんて一方的に言ったあとはずっとだんまり…なんてことはしていませんか?

彼からしたら説明不足で、何故別れたいのか、自分が悪いのか、何か原因があったのかずっと考えてしまいます。その原因が分からないことで常にそのことで頭がいっぱいになってしまい、消化不良の気持ちはどんどん膨らんでしまうことでずっと未練が残ってしまいます。

ここで共通するのは「自分はもう決めた」という何度も考えた結果を突然押しつけるあまり、彼の心の準備不足が原因で揉めてしまうということです。つまり、揉めない別れにするために必要なことは、「彼自身も別れについて考える機会を与えておく」ということが大切なのです。

「もしかして…別れたい?」彼氏に別れを匂わせるサインとは?

彼氏と穏便に別れる為にはまず、彼氏が冷静に考えて判断をできる状況を作ることが大切です。そのためには「もしかして…もう別れたいのかな?」「好きではなくなったのかな?」と薄々感じさせる行動を、別れ話を切り出す少し前からサインとして出しておくのがベストです。

自分からは連絡をしない!返事は遅く、短文で返信!

分かりやすいサインとしては、自分からの連絡を用事があるとき以外は控えることです。もちろん、まだ付き合っている為、無視をすることはよくありませんが彼氏から連絡が来たら返事をするという方法に変えてみましょう。

恋人なら、用事がなくてもLINEや電話で連絡をとるのが普通ですよね?それをあえてしないのです。そして返信は遅く、今までよりも短文で行いましょう。

無理に冷たくする必要はありませんが、ハートマークや可愛い絵文字は多様せず、あくまでも「あれ?そっけないな」くらいの返信を続ける程度で大丈夫です。

デート中や電話でのお喋りは少しテンション低めに演出する!

家では色々迷っていても、デート中や電話でのお喋りは案外楽しく過ごすことができてしまうことがあります。

その結果、彼氏には「俺達うまくいっている」と思われている場合が多いので、ここは「あれ?最近ノリが悪いな」と気づくようにテンション低めで対応しましょう。

「あぁ、うん」「そうだね」と相槌はうつものの、自分から話題を振ったり、笑顔ではしゃいだりはせずに、少し気まずそうにするのもポイントです。

キスやハグなど、スキンシップはやんわりとはぐらかそう

恋人同士なら当たり前に行う、キスやハグなどのスキンシップですが、別れを考えているのならそれもやんわりとはぐらかして避けるようにしましょう。

これはどんなに鈍感な彼氏でも、気がつく可能性が高いサインです。「嫌だ」「やめてよ」と言って無理に傷つける必要はありません。

「人に見られるから」「あー、部屋に行くのはちょっとやめておこうかな」などあくまでも気がのらないという感じでやんわりと避けるのがオススメです。

デートの回数を減らして、もし応じても早めに帰る

別れを決めたとはいえ恋人である以上、デートに行く機会もあると思います。その時は是非、誘いにのるのは3回に1度くらいに抑えてみてください。

断り方は「最近仕事が忙しくて」「体調が悪いの」「家の用事があって」など、彼氏以外の事柄で構いません。

少しずつデートの回数自体を少なくしていき、デートに行った時にも「ごめんね夕方には帰らなきゃ」などこれまでよりも早めの帰宅を心がけて下さい。

別れるときに揉める原因のほとんどが「彼の心の準備不足」ということは、逆にいうと別れたいサインを醸し出し、彼に「もしかして…」と考えるきっかけを与えることが大切です。あらかじめ別れを予想させておくことで、いざ切り出した時に「そうだと思っていたんだ」と冷静な話し合いの姿勢で、気持ちを受け入れてもらえる可能性が高まりますよ!

サインに気付かせた後は、相手のタイプに合わせた別れ話を!

彼と別れ話で揉めないための必須条件、「別れのサイン」に気づいてもらったら早速別れ話をしてみましょう。話し方は彼のタイプに合わせて切り出すことが大切です。

例えば、「好きな人ができた」と言う理由の場合、ちゃんと誠実に全てを話すことで受け入れてくれるタイプの男性もいますし、逆に好きな人ができたと正直に言うことで、他の男の物にするものかと別れを拒むタイプもいます。

彼の嫌なところや物足りないことを言うことで「分かった」と納得してくれる人もいれば、「そこを直せば別れないでくれる?」と縋るタイプもいるでしょう。

彼の性格や思考のタイプをこれまでの付き合いの中でよく考えた上で、一番合っていそうな切り出し方をするのがベストだと言えるでしょう。

また、どのタイプであってもこの3つのポイントは必ず実行するようにして下さい。

  • きちんと直接会った上で、誠意を感じさせる話をすること
  • 密室で2人きりは絶対避けること
  • 一貫して気があるそぶりは決して見せないこと
  • 未練は見せないこと

電話やLINEで言うことは非常に簡単ですが、そうなると「最後に会いたい」「納得できない」など、後々揉める原因になりやすいので、やはりきちんと直接合った上で話すことをオススメします。

文章や声だけでは伝わらない、「悩みに悩んだけれどごめんなさい」という表情や雰囲気が伝わることで相手も誠意を感じてそれ以上は言えなくなる場合が多いです。

しかし男女の力の差や自分が振ってしまう立場であることを考えると、密室で2人きりで会うということは万が一を考えて避けましょう。ファミレスや公園など、声は聞こえないけれど周囲の目がある場所を選ぶようにして下さい。

そして一番大切なのが、一貫して気があるそぶりは見せないということです。つい、罪悪感から優しくしてしまいがちですが、そうすることで「もしかしたら…」といらぬ希望を抱かせてしまいます。

別れのサインを感じ取っている今だからこそ、この3つのポイントを守り話しをすることで「あぁ、もう本当にダメなんだ」と受け入れるようになるのです。

少々心苦しいとは思いますが、穏便に別れる為に頑張ってみて下さいね!

この記事をシェアする

関連記事

コメント