• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

出会いより難しい恋愛の「別れ」辛いからこそのストーカー行為?

Date:2014.03.13

ストーカー的な犯罪が後を絶ちません

元彼、元夫がいつまでも付きまとって、ストーカー行為から暴力行為さらにもっと怖い犯罪に発展する事件です。

上手に別れられずに、未練が高じて○○なしでは生きていけないし、というようにどんどん自分を追い込んでしまっているのでしょう。

悲しんだり、相手に腹を立てたして、諦めるよりどうにかもう一度ヨリを戻すことばかり考えているのかもしれません。そもそも、「上手に別れる」とは、難しいことです。

お互いに憎しみ合って別れる場合やお互いにまったく興味がなくなって別れる場合、お互いに同時に別の相手ができた場合以外は、必ずどちらかにドロドロとした感情が残り想いのアンバランスが生じます。

同じ気持ちの分量で「せーのっ!」で別れるのはとても稀なケースなので、どちらかが多めに我慢したり、諦めなければならないのです。

気持ちの分量が多い方は辛いですね。辛さのあまり、どうにかもう一度やり直せないかと復縁を迫ったり、暴力やストーカー行為をしてしまうのではないでしょうか。

腹いせに、付き合っていたころのひどい写真を投稿されたという事件もありました。

人と付き合い始めるのが簡単になったせいか、相手の暗い部分を見落としがちなのかもしれません

人と人が出会って付き合う方が簡単なのかもしれません。飲み会で意気投合して、急速に燃え上がるなんていう話もよく聞きます。

付き合うときに、この人は別れる時ストーカーに変貌するタイプかどうかなんてなかなかわかりません。そんなことを、よーっく考えていると、怖くて誰かと付き合うのが難しくなってしまいます。

けれど、誰かと付き合う時、もちろんルックスや自分の好み、相性も気にすると同時に、別れる時「怖い人に変貌しないかな」というポイントも少し気にできたらいいのではないでしょうか?

諦めが悪い、しつこい、思い込みが強い、カッとするとまさかの行動に出る時がある、などを少し気にしてみるのはどうでしょう。日常おとなしい人でも、そういう部分を秘めている人もいるようです。

不思議なもので、その手のストーカー行為に及ぶ男性は、仕事や勉強、スポーツには持前の粘り強さやしつこい情熱、諦めない精神を発揮できないようです。

上手な別れ方のためには

SNSで人と人がつながりやすく、連絡も取りやすく付き合いやすくなってきた時代だからこそ、こじれない上手な別れ方を考えたいものです。

もし、この人はいざというときストーカー的行動にでるかもと感じたら・・・。

「本当に大っ嫌いになって、憎む前にこのへんでちゃんと別れたい」と言ったら、言うのがキツかったらメールかLINEで。ごく普通の男性だったらここで引き下がると思います。

それ以上、連絡をもとめてきたら・・・。学生だったら相手の家族に伝える。これ以上、○○したら、警察に言う、相手のの会社に言う、と早めに先制攻撃してみます。

それ以上でしたら・・・本当に危険です。警察に相談し、なるべく一人にならないようにしましょう。

とにかく、一番は、「そういうタイプ」の人と付き合わないことです。

この記事をシェアする

関連記事