• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

究極の若さとは「顔」でも「体」でもない!まさにあなた自身の「脳」でマイナス5歳も現実に!

Date:2012.09.27

「若返り」「マイナス5歳」「年齢肌」「体型を戻す」などの言葉に思わず反応してしまう方、私もその一人ですが、女性なら誰しも「あの頃は良かった。戻りたい」と思いますよね?

確かに人間たるもの、老いに敏感ではあります。若い頃は睡眠を削ってでも楽しめた事も20代も後半に差し掛かってきた頃から体力の衰えを感じてきます。

そこで自分がもう若くないのではと感じてしまうのです。若さにこれまで執着するのは人間だけではないでしょうか。

人間以外の動物は、若返ることよりもその年齢らしく生きる事が美徳と捉えています。むしろ年齢を重ねた方が美しいとされるし、偉いのです。

ですがどうしても、人間だけは過去の栄光に捉われ過ぎて、若くありたいと思う生物かと。生命の法則に反する生き方に何故に人間は求めてしまうのでしょうか。

老いが怖くなり整形までする人も増加しているのも現実。自分の気持ちを高め、精神的にも安定できる整形に否定はしません。ですが納得いかず、繰り返しするのはいかがなものでしょうか?

それに顔だけを整形しても、全体のバランスが一致していなければ、不自然極まりないのです。若返りはひとつの事だけ実践しても意味がないようにも感じます。全体のバランスを若くすれば若返りは夢の話ではないのです。

副交感神経を上げることが若返りの一歩

年齢を重ねるごとに、恋愛や仕事においてもどこか「新しい変化」にどこか面倒になってきていたりしませんか?どうやらそれは副交感神経を上げることさえすれば、若返ることができるのです。

女性の場合は40歳をメドに副交感神経が下がり始めます。それが下がると髪や肌や体型などが衰えるだけではなく、決断力や判断力も衰えてしまうのです。何故かというと血管が収縮し、血流が悪くなってしまうからです。

血流が悪くなれば筋肉に血液がいかなくなるので疲れやすくなります。それが新しい変化にも鈍感になり、何となく面倒につながって、若さがなくなってしまうのです。なので極力意識的に普段から体を動かしましょう。

よく歩くと、全身にバランスよく筋肉がつきます。すると代謝が上がり自然に痩せやすい体に変ります。あと、動く事で腸への刺激も与えられます。スムーズなお通じにも最適。

あえて「やらなくちゃいけない」となるとストレスにつながりますから、例えば「用事や生活のついでに」といった感じで。

一駅分歩くとか、エレベーターよりも階段でとか。あと何より睡眠不足は血流を悪くします。とにかく十分な睡眠を摂りましょう。楽な方よりも、動かせる方をなるべく意識してみるだけで若くなります。

1日3食が若返りの秘訣

放っておいても副交感神経が高い20代や30代。「今はまだ大丈夫」という人も、この時の過ごし方でいかに40代をいきいきと過ごせるかが決め手になってしまうのです。美しい40代の方に聞いても、特別に高価な化粧品を使っている訳でもないのです。

共通しているのは1日3食を摂っている事。朝はもう少し寝ていたいからといって朝食を抜いたりしていませんか?

若いうちなら自律神経にも無理がきくので平気だったとしても、せめて朝はバナナ1本でもヨーグルト一口でもいいから食べるようにしましょう。美しさは朝で決まると言っても過言ではないと思います。

「お肌の曲がり角」も簡単に乗り越えられる方法

女性が気にする「お肌の曲がり角」それはあながち年齢だけのせいではありません。人は環境の変化や日常のストレスによって血流が悪くなり、お肌には吹き出物ができたり、お化粧ノリが悪くなったりするのです。

それを「年齢のせい」だけにしてはもったいない!肌年齢は上がる一方。血流を良くするのは自律神経のバランスが整っているからこそ。

毎日シャワーだけで済まさずにきちんと浴槽に浸かって体を温めましょう。ストレスも緩和され、汗によってデトックスされ、不要なものとはおさらば。

好奇心を持ち続ける事が大事。脳から若さホルモン放出!

どちらかといえば芸術家や芸能人と言われている人たち、実際の年齢より若く見える人の方が多いと思いませんか?もちろん人から見られているといった意識が働き、若さのホルモンが放出している事もあるかと思います。

ですが彼女達に共通しているのは、「好奇心を常に持っているという事」。何かを探求している時の人の脳内はとても血流が良いのです。

何にでも頭でっかちになりすぎて、否定になるのはやめましょう。心を広く持つ事は若さを保つ事にとても似ているのです。興味が持てることは若さに繋がります。

脳を鍛えることは全身をバランスよく鍛えることにも適しています。例えば自分を客観視できる人は冷静でいて、ストレスも上手にコントロールできるから、肌荒れもしないしいつまでも若々しい。

着る服を選ぶにも、普段の自分を客観的に見ていれば変化した体型には何が似合うかが分かりますよね。あなたのセンス次第でいくらでも若く見られるのです。

この記事をシェアする

関連記事

コメント