• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

忘れていた親戚の入学祝いで恥をかかないプレゼントのマナーとは

Date:2013.04.19

春は入学や卒業など、お祝いが多くなる季節でもありますね。知り合いのお子さんが入学や入園をすれば、知らん顔はできないものです。でも入学や入園のお祝いのマナーって、良く分かりませんよね

それにお祝いを貰った後のお返しは、どうしたらいいのでしょうか。そこで恥をかかない為の入学・入園お祝いマナーをご紹介します。

お祝い金っていくら?

友人や知人のお子さんが、入学や入園をした時、あなたならお祝金はいくら包むでしょうか?入学や入園の際のお祝金の相場は、約一万円なのだそうです。

親類など身内同士で贈ることが多いとされていますが、親しくお付き合いしている友人や知人であれば、贈るのが礼儀とされています。

また水引は、紅白の蝶結びや花結びが良いそうです。しかし贈るお祝は、お祝金でなくても大丈夫なので、お子さんの年齢に応じて、贈り物をしても良いかもしれません。

例えば、勉強で使いそうな道具や入園であれば絵本・小学生や中学生なら小説や歴史の本などを贈る方もいるそうです。また何を贈ったら良いか分からない場合には、お祝金相当の図書券なども喜ばれるそうなので、参考にしてみて下さい。

いつ贈ればいいの?

お祝いをする場合には、贈る日にも気を付けたいものです。一般的には、入学式や入園式の約1週間前くらいに贈るのが、良いといわれています。

遅過ぎても早過ぎても、失礼になってしまいますので、入学式の日取りを聞いておくといいかもしれませんね。

お返しはどうしよう!

一般的に入学や入園祝いのお返しは、必要ないといわれているので、何もしなくても失礼にはなりません。しかしやはり頂いたままというのも、気がひけますよね。そんな時には、お手紙や電話でお礼をお伝えしておくと良いようです。

また自宅に招いてお食事を振る舞ったり、タオルやお菓子などを軽くお返しする方もいるようなので、頂いた知り合いとの関係なども考えてみて、どうするか選んでみて下さいね。

入学や入園は、お子さんの成長をお祝いする嬉しい行事ですよね。心のあるお祝いなら、喜んでくれるはずです。参考にしてみて下さいね。

この記事をシェアする

関連記事