• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

水の秘めた治癒力!肥満や喘息に効くウォーターセラピー

Date:2012.09.19

水って空気みたいに、ごく自然に私達の周りにあるものですよね。実は人間の身体がほとんど水でできているって、ご存知でしたか?

一般的な大人は60〜65%程度で、若い方が水分が多くあり、年をとるほど体内の水分量は減っていくのですが、何と胎児においては約90%が水でできているといわれているのです。

そのように考えると、人間と水は切っても切り離せない、大切なものであることがわかるかと思います。水がないと人間は生きられないのです。そして、何と、普段気にせず口にしている水にはさまざまな治癒効果もあるのです。

体の大半が水分でできていると考えれば、確かに水の質や飲み方、飲む量で自分の身体も変わるのでは、と納得できますよね。そこで、ここでは水が私たちにもたらす力に関して触れていきたく思います。

寝起きの一杯の水は身体を起こす

朝おきてから水を一杯飲むと身体を起こしてくれる、と耳にしたことありませんか?睡眠中、私達は大量の汗をかくため、朝起きた時点で水分不足の状態なのです。口の中がねばねばしたり、からからしたりするのもそのせいです。

極端な話、水分不足を通り越して脱水症状まで引き起こしてしまうと、頭痛や眠気を起こしたり、酷いと脳梗塞などの病気を引き起こす原因にもなりうるのです。そこでまず水分補給のために水を飲むことが必要なのです。

更には水を飲むことで眠っている臓器を起こしてくれ、便秘の解消や美肌にも効果があるのです。すっきりと身体の中から目覚めるために、是非水を飲みましょう。

ウォーターセラピーって何?

朝に水を飲むことの効果を延長させたものが、水の治療法、ウォーターセラピーとなります。

基本的には、よい水を適量飲むことで、特に腸に働きかけ、腸内や腸の粘膜を綺麗に保ち、栄養の吸収を向上させることで、結果、造血作用が促され、健康に役立つわけです。

このウォーターセラピーは何と、あらゆる病気を改善させてくれたり、予防してくれたりと、さまざまな効果が期待できるのです。

ここで全部は挙げ切れませんが、代表例として、頭痛、血圧の異常、貧血、肥満、喘息、便秘、身体の痛み、腎臓や尿機能の異常、目の病気、心臓の病気等が挙げられます。また、糖尿病や癌にまで効果が期待できるとも言われているのです。

水を朝グラス6杯分のむだけで薬や注射を使わないで身体の調子を整えたり、改善させたり、予防させるとなると、まさに魅力的なことではないでしょうか。

ウォーターセラピーの実践方法

では以下にウォーターセラピーの実践方法をご紹介していきます。是非健康な身体作りの一環として、日常に取り入れてみてください。

なお、上述に述べたようにさまざまな病気に効果が期待されますが、必ずしも病気が回復されると保証できるものではありません。科学的に証明されたものでもございません。

個人差もありますし、体質にもよりますので、是非こちらは補助的なものとして考えていただき、本格的な治療は医師の指示を仰いでくださいね。

  1. 朝おきたら、歯を磨く前に、1.5リットル分(約グラス5-6杯)の水を飲んでください。予め量っておくことをお勧めします。グラスについで、少しずつ、無理をしないように飲みましょう。
  2. 歯を磨き、口の中を清潔にしましょう。この1.5リットルの水を飲む前後1時間以内に物を食べたりのんだりは一切禁止です。また、前夜のアルコール摂取も避けてください。
  3. 1時間ほど経ったら、飲食可能です。通常通り摂取してください。
  4. 朝食、昼食、夕食のそれぞれ15分後から2時間、飲食は避けてください。
  5. 水は、ろ過したものやアルカリイオン水、ミネラルウォーター等がお勧めですが、沸かして冷ました水や、水道水でも勿論構いません。

また、病気等の関係で弱っていて水を1,5リットルを一度にに飲めない方は、少量の水から試して、徐々に量を増やしていくという方法をとってください。また、2回に分けるというのも可能です。

例えば、最初に3杯飲み、2分置いて、残り2杯を飲む、といった感じで練習してみてもよいでしょう。最初は一時間のうちに2〜3回トイレに行きたくなるかもしれませんが、慣れると催尿感は通常に戻るでしょう。

ウォーターセラピーの実施期間

こちらのセラピーは日常生活に取り入れていただくことで、身体の調子がよくなるため、是非身体に異常が出たりしない限りは続けてみてください。

なお、持病に関しては、便秘は1〜10日、胃腸は2〜10日、糖尿病は7〜30日、癌は4週間、肺結核には3ヶ月続けることで結果が期待できるといわれています。是非無理せず、深刻な病気をお持ちの方は医師に相談した上で取り入れてください。

また、水の飲みすぎもよくありません。このウォーターセラピーにあわせて、更に水をとることは構いませんが、一日合計1,5リットルから3リットル程度に抑えましょう。是非健康や美容のためにも、よい水を適量摂ることを心がけていってくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント