• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

白い壁に空いてしまった画鋲跡を”こより”で綺麗に消す方法!

Date:2012.07.21

綺麗な白壁に空いた小さな穴を塞ぎたい

白い壁紙に、ポスターや、カレンダーを貼りたい!でも、うち賃貸だし、壁に穴あけるの嫌だし・・・という方におすすめ、壁に空いた穴を消す簡単な方法をご紹介します。

比較のために、同じ画鋲を刺して穴を開けました。向かって左側を、今回ご紹介する方法で、消して見せます。

こんな感じで穴が開いています。

用意するもの

・テッシュ
・爪楊枝やきりなど、先の尖ったもの
・ハサミ

たったこれだけです。

こよりを作る

ティッシュペーパーの角を丸め、こより状にします。先はなるべく、細めにしてください。

穴に入れる

こより状にしたティッシュペーパーを、壁に空いた穴に入れます。先があまりに太いと、穴がふさがりませんので、気をつけて下さい。

余り部分を切り取る

壁に入れたティッシュペーパーは、壁から5mmほど残して切ります。ちょっと長めに残しても大丈夫ですが、短すぎると、穴がふさがりません。

キリで埋める

キリや爪楊枝などを使用して、ティッシュペーパーを壁に入れ込んでいきます。長めに切ってしまって入り切らない場合は、指の腹などで押して、壁にならしてしまいましょう。ティッシュペーパーですので、目立ちにくいなります。

完成

たったこれだけの手順で完成です。画像の赤丸がafterで、黄丸がbeforeですが、明らかに目立たなくなっているのが、お分かりでしょうか。この方法で、壁紙が白ければ、画鋲の穴が隠せますので、ジャンジャンポスターなどを貼ってしまいましょう。画鋲の穴以上の大きさになると、隠しきれなくなるかもしれませんので、おすすめはしませんが、ぜひお試しください。

この記事をシェアする

関連記事