• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

細かな傷が付いてしまった木製家具をコーヒーで修復する方法

Date:2012.07.22

木製の家具や小物入れの傷を補修するには

木製の家具や小物入れを長く使っていると、細かいひっかき傷がついてしまいますね。そういう時、茶系のものなら、インスタントコーヒーを濃い目に溶いて、傷に塗ると傷が目立たなくなりますよ。木製の家具は、大事にケアすれば長く使えますので、キズがついちゃった・・・なんていうときに、この方法を試してみてください。

用意するもの

補修したい木製の小物入れ
インスタントコーヒー 小さじ3
ティッシュペーパー 3枚
お湯 小さじ3

茶系の木製の家具や小物入れが対象です。淡い色のものは補修できません。

大事な木製の小物入れが細かい傷でこんな姿に・・・

この小物入れは、鍵を入れる場所にしていたので、細かいひっかき傷がたくさん付いてしまいました。補修前に汚れなどをきれいに拭いておきましょう。

インスタントコーヒーを使って補修してみよう

インスタントコーヒーを小さじ3杯くらいを用意します。

補修する物の色に合わせて、インスタントコーヒーの濃さを調節してください。今回は、インスタントコーヒーと同量のお湯入れて、濃い目に溶いて冷まします。

ティッシュペーパーは持ちやすいように折りたたみます。インスタントコーヒーを半分ほどつけます。

ティッシュペーパーで、ひっかき傷にコーヒーを塗っていきます。色が薄い場合は、何度か塗って目立たなくさせましょう。

コーヒーを塗り終わりました。この後、よく乾燥させます。

5時間ほど乾燥させて、乾いた布で軽く拭きます。ほとんど傷が目立たなくなり、光沢がでてきましたね。これで補修は終了です。

大事にケアをして、長く使っていこう

塗った後、しばらくはコーヒーの香りがしますが、1週間ほどで匂わなくなります。塗料ではないので有害物質などもなく安全ですし、ホームセンターなどで販売している家具の補修剤などは結構高いので、購入する前に一度お試しください。木製の家具や小物入れを大事にケアをして、長く使っていきましょう!

この記事をシェアする

関連記事