• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

簡単スグ出来る!フェルトを使った可愛いクリスマスリースの作り方

Date:2012.12.20

市販のクリスマスリースも可愛いですが、今年のクリスマスは、手作りのリースを飾ってみたいという方のために、簡単に出来る、フェルトを使った、クリスマスリースの作り方をご紹介します。

用意するもの

・フェルト・・・赤や緑など。一枚ずつ位あれば良いです。
・リース本体・・・100均などで買えます。なくても、緑のフェルトを筒状にして、綿を詰めて輪っかにすれば代用可能
・リボン・・・今回は2種類
・ボンド
・針や糸
・好みで、松ぼっくりや綿などがあるといいです

リボンを巻きつける

リース本体にリボンを巻きつけていきます。ボンドではじめの部分を止めて、ぐるぐる巻いていくといいです。

終わりの部分も、ボンドで止めるとこのようになります。

もう一本のリボンも、同様に巻き付けます。赤のリボンで、リボン結びをしたいので、写真のように10センチほど残します。長くしたい場合は、もう少し残すといいです。

リボン結びをすると、このようになります。リースの上部で結んでも、下部で結んでも、可愛いですよ。

フェルトで、柊の実を作る

フェルトを丸くきります。赤を2つ作りたいので、2つ切りました。

フェルトの周りを、写真のように波縫いしていきます。

波縫いが一周したら、糸を引っ張ります。

糸を止めると、このようになります。これで、柊の実は完成です。

葉っぱを付ける

柊の実に、葉っぱを付けていきます。葉っぱは、写真のような形に切ります。より、リアルにしたい場合は、周りをギザギザに切るといいいでしょう。

柊の実の裏側に、ボンドを付け、葉っぱを付けたら、押さえてとれないようにします。

ピンクのフェルトで、あと2つ作りました。これを、リースの下部中央に置こうと思います。

完成

リースに、柊の実をくっつけ、物足りなかったので、リボンを二ヵ所に付けました。松ぼっくりを付ける場合は、柊の実を端に固めたりすると、スペースがあきます。

写真では伝わりづらいですが、実物は、結構可愛く仕上がっていますので、手作りクリスマスリースを作る際は、是非、参考にしてみてください。

この記事をシェアする

関連記事